角田 タケシ
角田 タケシ
陸上競技ファン20年の市民ランナー。大学駅伝を中心に、中学~社会人まで幅広く陸上競技をウォッチしています。

角田 タケシ 記事一覧

大迫傑、日本記録更新!東京マラソン2020を振り返る

3月1日、東京マラソン2020が開催されました。新型コロナウィルスの感染拡大を防止するため一般ランナーの出走が取りやめになる中、エリート選手が出走。男子マラソン4位となった大迫傑選手が2時間5分29秒と、自身の日本新記録を更新するなど、白熱のレースとなりました。その熱戦を振り返ります。
2020.03.01

新記録は生まれるか?「東京マラソン2020」の見どころと注目選手

2020年3月1日、東京マラソン2020が開催されます。今回は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により一般ランナーの参加が中止になるなど、異例の開催。その中で実施されるマラソンのエリート及び車いすエリートの部の注目選手や見どころについて説明します。
2020.02.29

一足早い!「2021年箱根駅伝」の戦力分析

青山学院大学の2年ぶりの優勝で幕を閉じた、2020年の箱根駅伝。4年生の戦力が充実しており、本命と目された東海大学を破っての優勝。次回大会に向けて勢力図が大きく変わる可能性があります。そこで、次回の箱根駅伝に出場できる「下級生(1~3年生)」を多く擁している大学を一足早く分析してみました。
2020.01.03

青山学院大学が2年ぶりの総合優勝!2020年の箱根駅伝を振り返る

1月2日、3日に第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)が行われ、青山学院大学が2年ぶりの総合優勝を果たしました。本稿ではレースを振り返りたいと思います。
2020.01.03

いよいよ箱根駅伝!区間エントリーにみる戦力分析

2019年12月29日、関東学生陸上連盟より、2020年1月2日、3日に行われる、第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の区間エントリーが発表されました。ここではこの発表にみる、各チームの戦力を分析します。
2019.12.30

優勝候補はどの大学?第96回箱根駅伝の見どころ

いよいよ、第96回箱根駅伝(第96回東京箱根間往復大学駅伝競走、2020年1月2日・3日開催)が近づいてきました。ここでは前哨戦や、29日に行われた区間エントリー後の有力校の動向や最新情報を加味した展望を紹介します。
2019.12.30

8区を見れば「未来の山の神」がわかる?箱根駅伝、区間ごとの特徴

箱根駅伝は、東京・大手町~箱根間を往復する全10区間217.1kmで行われ、それぞれの区間が20kmを超える距離に設定されていますが、各区間によってコースの特徴が異なり、選手に求められるものも違ってきます。そこで、本稿では筆者が考えた、区間別に「こんな見方をするとおもしろいのでは」というポイントを紹介します。
2019.12.28

箱根駅伝2020のエントリーメンバー発表!予選会突破校の注目選手は?

2019年12月10日、関東学生陸上競技連盟より、2020年1月2日、3日に行われる、第96回箱根駅伝に出場する、20大学と関東学生連合チームの出場選手登録が発表されました。ここでは予選会突破校と関東学生連合チームの見どころと注目選手を紹介します。
2019.12.11

「箱根駅伝2020」エントリーメンバー発表!シード校の注目選手は?

2019年12月10日、関東学生陸上競技連盟より、2020年1月2日、3日に行われる、第96回箱根駅伝に出場する、20大学と関東学生連合チームの出場選手登録(エントリーメンバー)が発表されました。ここではシード校10校の見どころと注目選手を紹介します。
2019.12.10

大混戦の「第51回全日本大学駅伝」を振り返る

11月3日、「第51回全日本大学駅伝対校駅伝競走」(以下、全日本大学駅伝)が愛知県熱田神宮~三重県伊勢神宮のコースで行われ、東海大学が16年ぶりに優勝を果たしました。大混戦のレース内容を振り返ります。
2019.11.03