激戦となった箱根駅伝予選会を振り返る

10月26日、「第96回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会」(以下、予選会)が東京都立川市で行われ、上位10校が来年1月2日、3日に行われる第96回箱根駅伝の出場権を獲得しました。
 

選手は9時35分に陸上自衛隊立川駐屯地を出発。43校の選手がハーフマラソンの距離を走り、タイムを競いました。観戦していた我々でさえも暑いと感じていましたが、序盤から各選手の発汗が目立ち、過酷なコンディションでのレースとなりました。序盤から、例年通り留学生ランナーが飛び出していきましたが、それ以外のペースはなかなか上がらないスローな展開となりました。
 

結果は個人3位ヴィンセント選手(1年)、個人5位(日本人1位)の伊藤達彦選手(4年)が大きくタイムを稼ぎ、強さを見せた東京国際大学が10時間47分29秒で1位。2位は神奈川大学(10時間50分55秒)、3位は日本体育大学(10時間51分09秒)でした。また、第1回箱根駅伝で優勝している筑波大学が、26年ぶりに箱根路に帰ってくる展開に、結果発表が行われた国営昭和記念公園では驚きの喚声が上がりました。
 

今回の予選会出場校は実力が拮抗しており、レース前から出場権争いは激しくなることが予想されていました。実際、箱根駅伝に連続出場していた山梨学院大学や大東文化大学が出場権を逃し、かつ、15位までにも入れないなど、大きな驚きがありました。
 

これも、繰り返しになりますが、気温が高かったことから、記録を稼ぐべき選手のタイムが思うように伸びなかったことが、混戦に拍車をかけた要因かと思います。
 

また、厳しいコンディション下でのレースであったことは記録の面でも表れており、予選会1位の東京国際大学の記録は昨年の予選会では12位相当に該当します。レース全体のタイムが昨年に比べて遅いことが見て取れます。
 

混戦の予選会を通過し、箱根駅伝への出場権を獲得した大学はこちら。

  • 1位:東京国際大学(3年連続4回目)
  • 2位:神奈川大学(10年連続51回目)
  • 3位:日本体育大学(72年連続72回目)
  • 4位:明治大学(2年連続61回目)
  • 5位:創価大学(3年ぶり3回目)
  • 6位:筑波大学(26年ぶり61回目)
  • 7位:日本大学(2年連続89回目)
  • 8位:国士舘大学(4年連続48回目)
  • 9位:早稲田大学(44年連続89回目)
  • 10位:中央大学(3年連続93回目)

以上の10校に加え、予選会敗退校のなかから選抜された、関東学生連合チームが結成されます。
 

迎え撃つシード校の顔ぶれは?

すでに、第95回箱根駅伝でシード権を獲得している「シード校」は以下の通りです。

  • 東海大学(7年連続47回目)
  • 青山学院大学(12年連続25回目)
  • 東洋大学(18年連続78回目)
  • 駒澤大学(54年連続54回目)
  • 帝京大学(13年連続21回目)
  • 法政大学(5年連続80回目)
  • 國學院大学(4年連続13回目)
  • 順天堂大学(9年連続61回目)
  • 拓殖大学(7年連続41回目)
  • 中央学院大学(18年連続21回目)

以上、予選会通過校、関東学生連合チーム、シード校の21チームが、2020年1月2、3日の箱根駅伝の本大会に出場することになります。

 

今後の日程は?

これから箱根駅伝への出場権を獲得した各校は、箱根駅伝を見据えて、各地で行われるハーフマラソンや記録会などに参加します。箱根駅伝では全10区間が20km前後の距離のため、ハーフマラソンの距離での戦いに慣れておく必要があります。また、合宿や校内選考などを行い、箱根駅伝の戦いに備えていきます。
 

11月3日には第51回全日本大学駅伝が行われます。今日の箱根駅伝予選会参加校からも東京国際大学、日本体育大学、明治大学、早稲田大学、城西大学が参加します。箱根駅伝のシード校や関東以外の大学も複数参加する大会なので、注目してみてはいかがでしょうか。