2020年箱根駅伝のエントリーメンバーが発表!

2019年12月10日、関東学生陸上競技連盟より、2020年1月2日、3日に行われる、第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)に出場する、20大学と関東学生連合チームの出場選手登録(エントリーメンバー)が発表されました。
 

エントリーメンバーとは?

出場する21チームは、各大学、最大16名までを出場選手として登録することができ、以後、選手の入れ替えはできません。よって、箱根駅伝に出場する10名は、今回の登録選手のなかから選ばれることになります。
 

今回はシード校編として、前回大会優勝の東海大学から、10位中央学院大学までの今季の戦いと箱根駅伝の展望、注目選手をあげていきます。なお、昨年の戦力と比較するために、卒業生の名前も紹介します。
 

東海大学(2019年実績:箱根1位、出雲4位、全日本1位)

■卒業生:2区8位湯澤、9区2位湊谷


■見どころ
現4年生世代は実力者揃いの「黄金世代」と入学前から言われていました。出雲駅伝は主力の不調でまさかの4位も、メンバーを入れ替えて臨んだ全日本では16年ぶりの優勝を果たし、箱根駅伝2連覇に向けて弾みをつけました。エントリーメンバーの顔ぶれを見ても選手層は出場校随一、戦力的には頭一つ抜けている印象もありますが、出場選手のコンディショニングがポイントになるのではないでしょうか。
 

■注目選手:西川雄一朗選手(4年)
前回3区区間7位、出雲駅伝1区4位、全日本大学駅伝2区10位と主要区間を安定して走れている選手です。前回2区8位の湯澤舜選手(現・SGH)のような影の立役者になれるか。
 

青山学院大学(2019年実績:箱根2位、出雲5位、全日本2位)

■卒業生:1区3位橋詰、2区10位梶谷、3区1位森田、6区1位小野田、7区1位林
 

■見どころ
箱根駅伝5連覇を狙った前回は優勝候補筆頭も2位。今シーズンは春先より箱根駅伝に向けた合宿を実施するなど例年と取り組みを変更。卒業生の穴が大きく、戦力ダウンも囁かれましたが、出雲駅伝5位、全日本大学駅伝2位と距離が延びるごとに成績を上げています。11月に行われた10000m記録挑戦競技会では8名が28分台を出すなど、仕上がってきた印象を受けます。
 

■注目選手:吉田祐也選手(4年)
関東インカレ(2部)ハーフマラソンで4位入賞などの実績を持つ貴重な選手。10000mでも28分42秒58の好記録を持ちます。全日本大学駅伝は2度出走の経験があるものの、最初で最後の箱根駅伝出場に期待が集まります。
 

東洋大学(2019年実績:箱根3位、出雲3位、全日本5位)

■卒業生:2区4位山本、7区3位小笹、9区19位中村
 

■見どころ
卒業生の穴埋めが懸念されていましたが、春先の関東インカレ(1部)ハーフマラソンで箱根駅伝出場経験のない3選手が入賞するなど、新戦力の台頭をアピールしました。出雲駅伝・全日本大学駅伝はともに奮わない区間があり優勝を逃しましたが、箱根駅伝は往路2連覇中、10年連続総合3位以内と抜群の成績を残しています。出雲駅伝・全日本大学駅伝を欠場していた選手たちのコンディションが戻れば、優勝争いにも加わってくるでしょう。
 

■注目選手:清野太雅選手(1年)

春先はほぼノーマークだったものの、秋以降に10000m29分16秒78、ハーフマラソン1時間3分48秒を記録。高校時代5000m15分台ということを考慮すると、急激にタイムを伸ばしており、関係者の間では注目されている選手です。

駒澤大学(2019年実績:箱根4位、出雲2位、全日本3位)

■卒業生:1区7位片西、8区4位伊勢、9区5位堀合、10区11位下
 

■見どころ
今季は出雲駅伝2位、全日本大学駅伝3位でしたが、ともにアクシデントがあったことから、「負けて強し」の印象を持ちました。両駅伝で田澤廉選手(1年)が他校のエースたちと対等に渡り合い、早くもエース級の活躍を見せているため、起用区間にも注目が集まります。エース区間、5区と6区の山区間にも実績のある選手が揃っており、東海大学の対校馬一番手という声も。
 

■注目選手:小林歩選手(3年)
有力選手の多い駒澤大学3年生の世代において、入学時より期待されていた選手がようやく台頭。出雲駅伝(4区区間3位)、全日本大学駅伝(2区区間5位)ともに集団でのレースでしたが、格上の選手たち相手に健闘。レース展開を読む力が強く、往路の序盤で見てみたいと思う選手です。
 

帝京大学(2019年実績:箱根5位、出雲7位、全日本8位)

■卒業生:1区11位竹下、2区14位畔上、4区3位横井
 

■見どころ
出雲駅伝、全日本大学駅伝こそ奮わなかったものの、全区間がハーフマラソンに近い距離で行われる箱根駅伝こそ真骨頂。上尾シティマラソン(ハーフマラソン)では小野寺悠選手(3年)の1時間2分3秒を筆頭に7名が1時間4分以内でゴールしました。例年苦戦している2区と5区を凌げば、出場校屈指の選手層を武器に一波乱あるかもしれません。
 

■注目選手:中村風馬選手(2年)
オランダで行われたセブンヒルズロードレース(15km)に派遣され、同期の遠藤大地選手を制し、日本人トップの成績を残しました。今シーズン急上昇の選手です。
 

法政大学(2019年実績:箱根6位、出雲10位、全日本11位)

■卒業生:2区12位坂東、4区10位狩野、7区5位土井、9区7位大畑、10区8位鈴木
 

■見どころ
前回の箱根駅伝で主要区間を走った5選手が卒業。出雲駅伝、全日本大学駅伝は主力選手欠場の影響もあり奮いませんでした。前回5区区間3位の青木涼真選手、前回6区区間4位の坪井慧選手(ともに4年)を擁する「山」でのアドバンテージを生かし、まずは連続シード権を確実に取りたいところです。
 

■注目選手・青木涼真選手(4年)
過去3回の箱根駅伝では93回大会8区9位、94回大会5区区間賞(9人抜き)、95回大会5区3位(7人抜き)と安定した成績を残しており、3回目の5区起用であれば、区間賞候補のひとりとなるでしょう。
 

國學院大学(2019年実績:箱根7位、出雲1位、全日本7位)

■卒業生:6区13位江島、7区12位蜂屋、9区12位長谷、10区13位小中
 

■見どころ
前回往路3位のメンバーが全員エントリーされるなど、今回も往路は隙の無い布陣となり、往路優勝候補筆頭との声も。今シーズンは各競技会で好成績が目立ち、夏頃にはダークホース・有力校として名前があがるほど。出雲駅伝で初優勝を果たすも全日本は7位。浦野雄平選手・土方英和選手(共に4年)のダブルエースは他校にとっても脅威。
 

■注目選手:青木祐人選手(4年)
今シーズンは出雲4区区間5位、全日本5区区間賞。箱根駅伝は前回3区区間6位の実績を持ち、上述エース2名に次ぐ存在であるといえます。前回往路3位の時のように、青木選手の起用区間での踏ん張りがポイントになりそうです。
 

順天堂大学(2019年実績:箱根8位、出雲8位、全日本9位)

■卒業生:2区2位塩尻、4区19位小林、5区4位山田、8区13位金原、9区11位吉岡
 

■見どころ
全日本大学駅伝では9位でしたが、6区終了時2位につけるなど、見せ場も作りました。今シーズンは主要区間を走った上述の卒業生の穴埋めが懸念されていたものの、両駅伝は悲観する順位ではなく、むしろ選手層は昨年より厚くなった印象。4年間2区を走った塩尻和也選手(現・富士通)のような大砲はいないため、ミスなく走ることがポイントになりそうです。
 

■注目選手:野口雄大選手(3年)
関東インカレ(1部)1500m4位入賞の実績を持ち、スピードはチーム内随一。出雲1区11位、全日本1区4位と駅伝でも好成績を残しており、箱根駅伝も1区での出走か。
 

拓殖大学(2019年実績:箱根9位、出雲9位、全日本16位)

■卒業生:2区6位デレセ、3区8位馬場、5区6位戸部、6区18位硴野、7区14位白髪
 

■見どころ
チーム史上最強と言われた布陣で挑んだ前回大会は総合9位。卒業生の穴埋めが危惧された今シーズンはトラック・駅伝ともに苦戦が続いています。箱根駅伝は3年生以下13名エントリーされるなど、下級生中心のエントリー。往路で勢いに乗り、まずは連続シードを守りたいところです。
 

■注目選手:赤崎暁選手(4年)
秋に10000m28分27秒90(日体大記録会)、ハーフマラソン1時間1分46秒(上尾シティマラソン)の好記録をマーク。出雲1区3位、全日本3区3位と他校の有力選手が集まる区間で結果を残しました。箱根駅伝は往路起用が濃厚であり、ラジニ・レメティキ選手(1年)との二枚看板で有力校を大いにかき乱すか。
 

中央学院大学(2019年実績:箱根10位、出雲11位、全日本10位)

■卒業生:6区12位樋口、9区15位釜谷
 

■見どころ
卒業生以外に数名の主力離脱もあったものの、各学年バランスよくエントリーが行われた印象です。台風19号の影響でグラウンドが冠水したため、約2カ月間使用できない事態に見舞われたものの、11月の10000m記録挑戦競技会、日体大記録会はコンディションが良かったという点を差し引いても、自己記録を更新した選手が続出。出雲、全日本は奮わなかったが、ここから巻き返せるか。
 

■注目選手:武川流以名選手(1年)
今年の各校1年生は高校時代の記録を急激に伸ばす選手が目立ちますが、武川選手は高校時代、野球部だったため入学当初は自己記録を持っていませんでした。しかし、秋口に10000m29分24秒13を記録。関係者・居合わせたファンに衝撃を与えました。今後も要注目の選手のひとりです。