『どうする家康』第32話 “徳川四天王”大活躍で秀吉に勝利!「最高」「カッコ良かった」称賛が殺到

8月20日に放送されたNHK大河ドラマ『どうする家康』第32話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト)

松本潤さん主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』。8月20日に放送された第32話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

第32話のあらすじ

一里半という近い距離に陣を構え、互いにどう動くか探り合いが続く徳川家康(松本潤)と羽柴秀吉(ムロツヨシ)。榊原康政(杉野遥亮)は秀吉の悪口を書き連ねた立て札をばらまいて秀吉を揺さぶる一方で、徳川軍が本陣を敷く小牧山城の堀を作り直していきます。それは、秀吉軍の動きを見越した家康らの策略でした。

井伊直政(板垣李光人)や本多正信(松山ケンイチ)は、一度は家康の命を狙いながら赦された身として恩を返すと決意を新たにし、本多忠勝(山田裕貴)と康政は互いを良きライバルと思いながらも家康を天下人にするまで死ねないと気合を入れ、堀の再建に精を出します。

そんな中、徳川軍が守りに入ったと考えた池田恒興(徳重聡)は、家康を引っ張り出すため岡崎城を攻撃するという策を秀吉に献上。秀吉は総大将に甥を据えて進軍を指図するも、まさにそれこそが家康の狙い。皆が力を合わせて作り上げた堀を使い、進軍してきた池田、森長可(城田優)軍に対し奇襲をかけ、後に徳川四天王と呼ばれる康政、直政、忠勝が大いに活躍。池田、森の両名は討ち死にし、秀吉は軍を引き上げます。

勝鬨を上げ、喜びに沸く徳川軍。徳川四天王の1人、酒井忠次(大森南朋)は「えびすくい」ならぬ「天下すくい」を舞い、場を盛り上げます。一方で、どこか浮かない表情の石川数正(松重豊)。家康が様子を伺うと、数正は「秀吉には勝てない。我々の弱みを見つけて突いて来る」とこぼします。この戦の総大将はあくまで織田信雄(浜野謙太)。事実、秀吉は「家康には勝てないが、この戦には勝てる」と不敵な笑みを浮かべ――。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

徳川四天王の活躍に称賛殺到「最高!」「カッコ良かった!」

かつて織田信長(岡田准一)が「どうする?家康。」と口に出したせりふが、第32話では秀吉により「どうする? 家康…。」と呟かれ、再びのタイトル回収となりました。

X(旧Twitter)では、家康が鬨の声を上げる際に「弱く臆病であった家康が…」と語り出し、今の自分があるのは「今川義元に学び、織田信長に鍛えられ、武田信玄から兵法を学び取った」ことに加え、何より「良き家臣に恵まれたから」と話したシーンに感動の声が続出。「立派なオーラのある美しい武将になられた」「家康が泣くことはもうないのかな」などのコメントが寄せられています。

また、徳川四天王の紹介には、「カッコ良かった!」「最高だった~」「徳川四天王の一番の見せ場」「(武田勢を率いる)井伊直政の赤備えが良いっ」「平八郎(忠勝)の『ここから先は一歩も通さん!』は、叔父上の最期の時の言葉。涙が出て止まらなかった。成長したんだね」「酒井忠次の大黒柱感」「平八郎と競い追いかけてきた榊原康政の堅実な努力の成果」など称賛の声が殺到しています。だからこそ目立って気になるのが、松重豊さん演じる石川数正の浮かない表情。

第33話は「裏切者」。秀吉が関白に叙せられたという知らせが浜松に届き、家康は名代として数正を大阪城へ送ります。そこで数正は改めて秀吉の恐ろしさを実感。家康に決死の進言をするも、秀吉に対する憎しみが深い家康には届かず――。いよいよ忠臣・石川数正が家康を裏切り秀吉の元へ出奔する展開へ。数正の裏切りがどのような描かれ方をするのか必見です。

 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

 

『どうする家康』あらすじバックナンバー

『どうする家康』第31話 ついに家康vs秀吉の戦が開始! 大森南朋“忠次”の死ぬ死ぬ詐欺にツッコミ続出
『どうする家康』第30話 “お市”北川景子の気高き最期 思いを継いだ娘・茶々の言動がしびれる!
『どうする家康』第29話 “イカサマ師・正信”松ケン再登場に歓喜の声「最高過ぎる」「また面白くなりそう」
『どうする家康』第28話 かつてない“本能寺の変”にボロ泣き 信長の家康に対する思いが奥深すぎる
『どうする家康』第27話 “白兎”家康ד狼”信長、本音ぶつかる対峙シーンに鳥肌 次週いよいよ本能寺の変!
『どうする家康』第26話 家康ついに覚醒! 衝撃の“天下取る”宣言に「そう来たか」「鳥肌立った」の声
『どうする家康』第25話 瀬名&信康の自害で“築山事件”決着……全員涙まみれ渾身の演技にネット号泣
『どうする家康』第24話 次週、号泣必至! “瀬名”有村架純が抱く途方もない夢の結末とは?
『どうする家康』第23話 “瀬名”有村架純、覚醒! 悲劇の“築山事件”へ「ヒリヒリする」「しんどい」の声
『どうする家康』第22話 武田勝頼(眞栄田郷敦)の出陣演説に鳥肌! 「かっこええ」「そりゃ奮闘するわ」の声
『どうする家康』第21話 岡崎体育、ふんどし一丁で……衝撃&感動ラストに「泣いた」「凄かった」の声
『どうする家康』第20話 ラスト5分、“瀬名”有村架純に戦慄! 「面構えが違う」「恐ろしい」の声
『どうする家康』第19話 お万の方(松井玲奈)があざと賢すぎ! 女のしたたかさを見せつける
『どうする家康』第18話 忠臣・夏目広次の最期に感動の伏線回収 「馬鹿泣いた」「家臣は宝」の声
『どうする家康』第17話 家康まさかの討ち死に!? 衝撃ラストにネットざわつきトレンド入り
『どうする家康』第16話 阿部寛の武田軍がスパルタ過ぎて話題に 「ローマ」「剣闘士」もなぜかトレンド入り
『どうする家康』第15話 信長、家康の耳かじり「愛情表現分かりにくい」「家康にとって逆効果」コメント殺到
『どうする家康』第14話 信長に「あほ、たわけ」の一喝! 頼もしい家康に「よく言った」「しびれた」の声
『どうする家康』第13話 史上最高に陰湿で不遜な明智光秀に戦慄!「怖さMAX」「まじ底意地悪いぞ」の声
『どうする家康』第12話 「そなたはまだ降りるな。そこでまだ苦しめ」氏真の励ましと呪詛に家康絶句
『どうする家康』第11話 武田信玄(阿部寛)の迫力に言葉を失う殿に反響「格の違い」「あれは怖い」の声
『どうする家康』第10話 側室をめぐるエピソードに爆笑の声「寝所が暗殺現場w」「殿不憫すぎw」
『どうする家康』第9話 「殿」と「お前」が交錯する“本多正信”松ケンの長台詞に反響
『どうする家康』第8話 家臣の裏切りと殿の涙……ガチモードの“イカサマ師”松ケンに驚きの声
『どうする家康』第7話 一向一揆の幕開け! 「なぜ納税しない?」ド直球な家康に立ちはだかる住職
『どうする家康』第6話 “瀬名母・巴”真矢ミキの一喝に反響
『どうする家康』第5話 忍者・服部半蔵(山田孝之)登場
『どうする家康』第4話 織田兄妹の“元康好き”が過ぎる! 
『どうする家康』第3話 元康、苦渋の決断に涙……“母”松嶋菜々子の一喝に反響
『どうする家康』第2話 忠勝の涙で覚醒した元康に信長も安堵?
『どうする家康』第1話 「待ってろよ俺の白兎」“信長”岡田准一の衝撃ワードがトレンド入り

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」