『どうする家康』第5話 忍者・服部半蔵(山田孝之)登場に「色々ぶっ飛びすぎ」「エンタメ性高すぎw」の声

2月5日に放送されたNHK大河ドラマ『どうする家康』第5話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト)。

松本潤さん主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』。2月5日放送の第5話では、新たに松山ケンイチさん、山田孝之さんが登場して話題に。ストーリーをおさらいしつつ、SNSに寄せられたコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

第5話のあらすじ

駿府に捕らえられている瀬名(有村架純)と子たちを取り戻そうと決意した松平元康(松本潤)。家臣たちの反対を押し切り、イカサマ師と呼ばれ嫌われている本多正信(松山ケンイチ)の奇策に望みを託します。正信が立てた作戦は、伊賀忍者の服部一党を使って瀬名たちを“盗む”というもの。
 

頭領の服部半蔵(山田孝之)には服部家は武士であるとの誇りがあり、銭で仕事をする忍びを嫌っている節が。正信は言葉巧みに誘導し、服部一党を動かすことに成功。元康からの秘密の文で作戦を知った瀬名は、父・関口氏純(渡部篤郎)と母・巴(真矢ミキ)らも共に三河へ行こうと密かに話を進めます。
 

しかし奪還作戦当日、瀬名たちを連れ戻しに忍び込んだ服部一党を、鵜殿長照(野間口徹)とその手勢が待ち構えていました。巴が鵜殿の妹・田鶴(関水渚)に別れを言いたいがため、情報を漏らしてしまっていたのです。服部一党はことごとく倒され、作戦は失敗。今川氏真(溝端淳平)は瀬名たちへの死罪を言い渡し、鵜殿長照には松平軍との合戦に備えるよう命じます。
 

一方、半蔵は命からがら逃げだし、正信とともに三河へ帰還。2人は元康に対し新たな策を提案します。それは、戦のどさくさに紛れて上ノ郷城に忍び込み、鵜殿長照とその2人の子を生け捕りにするというもので――。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

服部半蔵の登場でエンタメ感がより豊かに

伊賀忍者・服部党による瀬名奪還作戦が成功するのか否か、固唾を呑んで見守る展開に。Twitterでは「伊賀の忍びのおかげでグッと家康の物語が身近になった」「色々ぶっ飛びすぎてて、大河ドラマというより歴史ファンタジーみたい」「作戦失敗どころか壊滅状態の服部党。泥臭いところが今作の雰囲気と随分違った感じで驚き」「半蔵どんな気持ちで殿の前に帰ってきたのか…山田孝之くんの表情に圧倒された」「今年の大河、エンタメ性高すぎてワロてしまう」などのコメントが寄せられています。
 

また、元康の「命がけで働いている者を笑うな!」という台詞や「自分の妻子のために集まってもらってすまない」と詫びる姿勢には、「地味に領主として成長してる」「あの一喝にはハッとさせられた」「瞬間的に印象に残る場面が作れる松潤さすが」「戦場は怖いし死ぬのも怖いし大切な人を失うことも全部怖い元康だからこその言葉だし、そうだよなぁってしみじみ思ってしまう」などの声も。
 

第6話は「続・瀬名奪還作戦」。正信と半蔵による実現困難ともいえる大胆な秘策に、再び望みを託す元康。果たして瀬名と子どもたちを無事に取り戻すことができるのでしょうか。同時に今川領を切り取っていく戦の開始でもある中、元康の逡巡と采配に期待です。
 

【おすすめ記事】
「リアルタイムで見ている2023年冬ドラマ」ランキング! 3位『舞いあがれ!』、2位『どうする家康』、1位は?
『どうする家康』第4話 織田兄妹の“元康好き”が過ぎる! シスコン信長と妹・市の切ない初恋に反響
『どうする家康』第3話 元康、苦渋の決断に涙……“母”松嶋菜々子の一喝に反響「予想以上に烈女」「これぞ戦国」
『どうする家康』第2話 忠勝の涙で覚醒した元康に信長も安堵?「忠勝がツンデレすぎる」「信長いいヤツ?」の声
『どうする家康』第1話 「待ってろよ俺の白兎」“信長”岡田准一の衝撃ワードがトレンド入り

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」