『どうする家康』第4話 織田兄妹の“元康好き”が過ぎる! シスコン信長と妹・市の切ない初恋に反響

NHK大河ドラマ『どうする家康』第4話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト)。

松本潤さん主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』。1月29日放送の第4話では、織田信長(岡田准一)の妹・市(北川景子)の元康に対する切ない初恋エピソードも描かれTwitterで話題に。ストーリーをおさらいしつつ、寄せられたコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

第4話のあらすじ

松平元康(松本潤)は織田信長(岡田准一)と同盟を結ぶべく尾張・清須城へ。幼い頃、信長に捕らわれていた元康は挨拶がわりに信長から相撲の手合わせを命じられ、信長の妹・市(北川景子)や木下藤吉郎(ムロツヨシ)を紹介されます。
 

信長は盟約を結ぶ代わりに、市と祝言をあげ、今川を打ち滅ぼすよう条件を提示。駿府に残した妻・瀬名(有村架純)や子を思う元康にとっては承服しかねる話。一方、幼い頃に川で溺れたところを助けてもらって以来、元康に好意を寄せる市は、祝言の準備を楽しんでいる様子。
 

そんな中、瀬名は今川氏真(溝端淳平)から、元康という裏切者を出した関口家を打ち首にしない代わりに、妻でも側室でもなく夜伽相手になるよう命じられます。家を救うため身を差し出した瀬名ですが、元康からもらった木彫りの兎をお守りに握っており、氏真の怒りを買う結果に。
 

その状況を大久保忠世(小手伸也)からの便りで知った元康。便りには首を折られた木彫りの兎とともに、血で書かれた「たすけて」という瀬名の言葉が。今川に戻らねば瀬名たちの命が危ない。しかし信長との盟約を無いことにはしない。そんな元康に対し、市は自ら縁談を断ると宣言。元康は今川を滅ぼす決意を信長に告げるのでした。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

元康好きが過ぎる織田兄妹に視聴者熱狂

Twitterでは「お市に真っ正面から向き合った上で信長にも筋を通し、今川を滅ぼし瀬名と子を自分の手で取り戻す宣言した元康めちゃかっこよかった」「松潤家康と岡田信長のやりとりが迫力ありすぎ…」「元康の決心に拍手」など称賛する声が続出。
 

また、「そもそも元康の武術のポテンシャルが高いのを、信長が見抜いているあたり。天才は天才を見抜く」「お市の方の芯の強さと併せ持つ健気さ。元康が兄に責められぬ様に自ら破談を申し入れる心優しい配慮。初恋相手だったんだろうに」「あんな怖くてシスコン気味な信長じゃ、将来の長政が既に心配」「恐怖でしかない信長がまさかの妹には激甘…」「織田兄妹が松潤元康好きすぎ…」など、元康好きが溢れ出る織田兄妹へのコメントが飛び交っています。
 

第5話は「瀬名奪還作戦」。駿府に捕らわれている瀬名を取り戻すべく、元康は家臣たちの反対を押し切り、イカサマ師と呼ばれ嫌われている本多正信(松山ケンイチ)の妙案に望みを託します。伊賀忍者の服部一党を使う奪還作戦を立てるも、頭領の服部半蔵(山田孝之)は自信喪失中で――。元康は無事、瀬名を取り戻すことができるのでしょうか? 個性豊かな新キャスト登場にも期待です。
 

【おすすめ記事】
『どうする家康』第3話 元康、苦渋の決断に涙……“母”松嶋菜々子の一喝に反響「予想以上に烈女」「これぞ戦国」
『どうする家康』第2話 忠勝の涙で覚醒した元康に信長も安堵?「忠勝がツンデレすぎる」「信長いいヤツ?」の声
『どうする家康』第1話 「待ってろよ俺の白兎」“信長”岡田准一の衝撃ワードがトレンド入り
2000年以降の「大河ドラマ」で面白かった作品ランキング! 2位『真田丸』を抑えた1位は?
期待度が高い2023年冬ドラマランキング 3位『100万回 言えばよかった』、2位『どうする家康』、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは