『どうする家康』第3話 元康、苦渋の決断に涙……“母”松嶋菜々子の一喝に反響「予想以上に烈女」「これぞ戦国」

NHK大河ドラマ『どうする家康』第3話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『どうする家康』公式サイト)。

松本潤さん主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』。第3話では元康が妻子を残した今川方から離反し、織田勢に寝返るという苦渋の決断までが描かれました。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

第3話のあらすじ

故郷の岡崎へ戻った松平元康(松本潤)は、打倒・織田信長(岡田准一)を掲げ、まずは伯父・水野信元(寺島進)を相手に闘いを挑みます。しかし織田勢にも挟まれ大惨敗。今川の忠臣・吉良義昭(矢島健一)が応援に駆け付けるも、さらなる惨敗を喫します。
 

今川氏真(溝端淳平)は一向に援軍をよこさず、織田軍に対し全く歯が立たない松平軍。家老・酒井忠次(大森南朋)の助言で武田信玄(阿部寛)に面会を打診するも、格が違うと相手にされず。本多忠勝(山田裕貴)ら家臣たちからは、織田に寝返るべきだとの意見も出始めます。
 

そんな中、水野信元がある人物を連れて岡崎城を訪ねて来ました。それは16年前に生き別れた元康の母・於大(松嶋菜々子)。於大は実家の水野家が松平家と敵対関係になったために離縁され、久松長家(リリー・フランキー)と再婚していました。母子の再会を喜ぶのも束の間、元康に対し織田に寝返るよう告げる於大。妻子の身を案じる元康に、「それが何だと言うのです、つまらぬことです」「主君たるもの家臣や国の為なら己の妻子など平気で打ち捨てなされ!」と一喝します。
 

三河に残した妻・瀬名(有村架純)と子を思えば、今川を裏切るなどできない――。思い悩む元康を、忠次と石川数正(松重豊)は城下に連れ出します。元康が三河を取ってくれれば、今川への年貢に苦しみ貧困にあえぐこともなくなると期待する民たち。その姿を目にした元康に、忠次と数正は切り捨て覚悟で今川からの離反を提言。元康は断腸の思いで織田につく決心をするのでした。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

元康、苦渋の決断と母の一喝に反響

Twitterでは、乱世の激動をたくましく渡り歩いてきた於大ならではの、重みと凄みが詰まったシーンが話題に。「今日のハイライトは松嶋菜々子さん。迫力ある演技に圧倒された」「於大の方の存在感すごいねぇ。良き」「華も迫力もあってよかった」「予想以上に烈女でこれぞ戦国って感じ」など賞賛が殺到しています。
 

また、「まだ3話めぞ?(白目)こんな地獄でええんか?」「いくらカジュアルでも大河は大河。時代がほのぼのを許してくれない…」「『嫌じゃ!』…元康つらすぎる」「苦渋の決断が苦渋すぎ…」「氏真様、チラと言ったもんね、駿府にはお前の妻子がいること忘れるなと。人質として見ているぞという意味だよな」「この先、松平家を守るために瀬名の自害と信康の切腹が待ってるのに耐えられるんか?」など元康を心配する声も。
 

「兎を俺の目の前に」と水野に命じた信長。第4話で元康は、信長が待つ尾張・清須城へ向かいます。曲者・木下藤吉郎(ムロツヨシ)や信長の妹・市(北川景子)も登場。一方、駿府に残された元康の妻・瀬名は、今川氏真から側室になれと迫られ――。元康、清洲でどうする?
 

【おすすめ記事】
2000年以降の「大河ドラマ」で面白かった作品ランキング! 2位『真田丸』を抑えた1位は?
『どうする家康』第2話 忠勝の涙で覚醒した元康に信長も安堵?「忠勝がツンデレすぎる」「信長いいヤツ?」の声
『どうする家康』第1話 「待ってろよ俺の白兎」“信長”岡田准一の衝撃ワードがトレンド入り
期待度が高い2023年冬ドラマランキング 3位『100万回 言えばよかった』、2位『どうする家康』、1位は?
2023年冬ドラマ期待度ランキング! 3位『星降る夜に』、2位『ブラッシュアップライフ』、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化