『どうする家康』第28話 かつてない“本能寺の変”にボロ泣き 信長の家康に対する思いが奥深すぎる

7月23日に放送されたNHK大河ドラマ『どうする家康』第28話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『どうする家康』公式サイト)。

松本潤さん主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』。7月23日放送の第28話では、ついに「本能寺の変」で岡田准一さん演じる織田信長の最期が描かれました。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

第28話のあらすじ

信長(岡田准一)がわずかな手勢とともに本能寺へ入ったという知らせを受けた家康(松本潤)。信長を討ったあとの体制も整えるため、南蛮船が行き来する最大の貿易都市・堺へ出向き多くの有力者と親交を深めます。そんな家康の姿に本気の決意を見た家臣団は、力ずくでも止めるか否かそれぞれの思いを抱えます。
 

そんな中、信長の妹・お市(北川景子)が来訪。お市は家康に「兄を恨んでおいででしょう。私は恨んでおります」と切り出すと、それでも信長は決して家康には手を出さないと語ります。なぜなら、誰も信じるなと育てられた信長にとって、「あなたさまは兄のたった1人の友」だから。
 

信長にとって、家を飛び出し幼き家康と相撲をとっていたあの頃が唯一幸せな日々だっただろうとお市。信長はいずれ誰かに討たれるなら、家康に討たれたいと思っているのではと語ります。お市の話を聞き、決意が揺らぐ家康。考えあぐねた結果、家臣団に「情けないが決断できぬ」と告げます。用意はしてきたが、今の自分では到底成し遂げることはできないと未熟さに涙をこぼす家康に、家臣団は「今はその時でないばかり。いずれ必ず天下を取りましょう」と口々に言葉を返します。
 

そんな中、茶屋四郎次郎(中村勘九郎)が、信長討ち死にの知らせを持ってやってきます。やったのは明智光秀(酒向芳)だが、家康が下手人だと噂を流し、褒美金欲しさに家康の首を数多の者が狙っていると言います。逃げる道すがら、信長と幼き頃に交わした会話を反すうする家康。弱く臆病な自分が生き延びて来られたのは信長がいたから――。家臣団に「誰も死ぬな!生き延びるぞ」と声をかける家康。「さらば、狼。ありがとう、我が友」――信長への思いを胸に追っ手をなぎ倒すのでした。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

信長と家康のいびつながらも深い友情に涙

信長が家康に対して抱いていた「唯一の友」という絆。子どもの頃に捨てざるを得なかった弱さや優しさを持ち続けている家康を尊く思い、唯一心を許せるかけがえのない存在であるとともに、唯一「討たれてもいい」と思える相手だったことが明確に描写されました。
 

Twitterでは信長の抱えていた思いや生き方、その最期に対しコメントが殺到。「俺の白うさぎが討ちに来てくれるのを待ってたのに…(泣)」「(討ちに来た光秀の姿を見て)家康にしか興味無いわって炎の中に消えていく信長」「肩を落として炎の中を進んでいく信長様がなんだか小さく見えて、悲しかった…」「血で真っ赤に染まった着物は、うつけ者時代に家康と相撲を取っていた頃からの2人の関係性を表してるんだよね…。わかった瞬間、涙がボロボロ止まらん」「最後まで二人の男の激重感情のぶつけ合いだった...こんな本能寺見たことない...。何度もすれ違うこじれた関係だったけど最後は通じあえたのかな」などのコメントが寄せられています。
 

第29話は「伊賀を越えろ!」。光秀の命令で浪人から村人まであらゆる者から命を狙われる家康は、家臣団とともに逃亡。半蔵(山田孝之)は、服部党の故郷である伊賀を抜けるべきだと進言します。伊賀の難所を超えて故郷・岡崎を目指す家康は、道中で謎の伊賀者たちに捕らわれてしまい――。家康の「伊賀越え」として有名なエピソードが本作でどう描かれるのか必見です。

 

『どうする家康』あらすじバックナンバー

『どうする家康』第27話 “白兎”家康ד狼”信長、本音ぶつかる対峙シーンに鳥肌 次週いよいよ本能寺の変!
『どうする家康』第26話 家康ついに覚醒! 衝撃の“天下取る”宣言に「そう来たか」「鳥肌立った」の声
『どうする家康』第25話 瀬名&信康の自害で“築山事件”決着……全員涙まみれ渾身の演技にネット号泣
『どうする家康』第24話 次週、号泣必至! “瀬名”有村架純が抱く途方もない夢の結末とは?
『どうする家康』第23話 “瀬名”有村架純、覚醒! 悲劇の“築山事件”へ「ヒリヒリする」「しんどい」の声
『どうする家康』第22話 武田勝頼(眞栄田郷敦)の出陣演説に鳥肌! 「かっこええ」「そりゃ奮闘するわ」の声
『どうする家康』第21話 岡崎体育、ふんどし一丁で……衝撃&感動ラストに「泣いた」「凄かった」の声
『どうする家康』第20話 ラスト5分、“瀬名”有村架純に戦慄! 「面構えが違う」「恐ろしい」の声
『どうする家康』第19話 お万の方(松井玲奈)があざと賢すぎ! 女のしたたかさを見せつける
『どうする家康』第18話 忠臣・夏目広次の最期に感動の伏線回収 「馬鹿泣いた」「家臣は宝」の声
『どうする家康』第17話 家康まさかの討ち死に!? 衝撃ラストにネットざわつきトレンド入り
『どうする家康』第16話 阿部寛の武田軍がスパルタ過ぎて話題に 「ローマ」「剣闘士」もなぜかトレンド入り
『どうする家康』第15話 信長、家康の耳かじり「愛情表現分かりにくい」「家康にとって逆効果」コメント殺到
『どうする家康』第14話 信長に「あほ、たわけ」の一喝! 頼もしい家康に「よく言った」「しびれた」の声
『どうする家康』第13話 史上最高に陰湿で不遜な明智光秀に戦慄!「怖さMAX」「まじ底意地悪いぞ」の声
『どうする家康』第12話 「そなたはまだ降りるな。そこでまだ苦しめ」氏真の励ましと呪詛に家康絶句
『どうする家康』第11話 武田信玄(阿部寛)の迫力に言葉を失う殿に反響「格の違い」「あれは怖い」の声
『どうする家康』第10話 側室をめぐるエピソードに爆笑の声「寝所が暗殺現場w」「殿不憫すぎw」
『どうする家康』第9話 「殿」と「お前」が交錯する“本多正信”松ケンの長台詞に反響
『どうする家康』第8話 家臣の裏切りと殿の涙……ガチモードの“イカサマ師”松ケンに驚きの声
『どうする家康』第7話 一向一揆の幕開け! 「なぜ納税しない?」ド直球な家康に立ちはだかる住職
『どうする家康』第6話 “瀬名母・巴”真矢ミキの一喝に反響
『どうする家康』第5話 忍者・服部半蔵(山田孝之)登場
『どうする家康』第4話 織田兄妹の“元康好き”が過ぎる! 
『どうする家康』第3話 元康、苦渋の決断に涙……“母”松嶋菜々子の一喝に反響
『どうする家康』第2話 忠勝の涙で覚醒した元康に信長も安堵?
『どうする家康』第1話 「待ってろよ俺の白兎」“信長”岡田准一の衝撃ワードがトレンド入り

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」