『どうする家康』第16話 阿部寛の武田軍がスパルタ過ぎて話題に 「ローマ」「剣闘士」もなぜかトレンド入り

4月30日に放送されたNHK大河ドラマ『どうする家康』第16話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト)。

松本潤さん主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』。4月30日放送の第16話では、阿部寛さん演じる武田信玄との戦へ向かって物語が進みました。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

第16話のあらすじ

遠江・浜松城下で井伊虎松(板垣李光人)と名乗る少年に襲われた家康(松本潤)。遠江の民は今川を裏切った家康を恨んでおり、武田信玄(阿部寛)のほうが領主にふさわしいという虎松の言葉に、家康はショックを受けます。さらには、家臣たちにも信玄に全てが及ばないと言われる始末。
 

一方、家康は信玄に対抗して上杉謙信との同盟を探る書状を送るが、その情報が武田方に漏れ、信玄は大激怒。武田との対立は避けられず、家康は服部半蔵(山田孝之)に命じ、人質として武田に送っている義弟・源三郎(長尾謙杜)を救出。源三郎を放った裏には、信玄の思惑がありました。
 

源三郎が傷だらけで戻った理由は、甲斐の若い侍と同じ扱いを受けていたため。彼らは厳しく激しい鍛錬を行っており、中でも信玄の嫡男・勝頼(眞栄田郷敦)は抜きんでて猛々しいと話す源三郎。さらに、信玄からの「弱き主君は害悪なり。滅ぶが民のためなり。生き延びたければ我が家臣となれ」という言伝も伝えます。
 

武田の家臣になるか否か、家康は家臣団の各々に判断を委ねます。思い思いの言葉を発する一同。勝てる見込みはなく信玄に何一つ及ばないと嘆く家康に対し、「10に1つは勝てる。それを信長は桶狭間でやったぞ」と平八郎(山田裕貴)。さらに夏目広次(甲本雅裕)は、「殿には我々家臣がいる。知恵を出し合えば信玄に及ぶ」と告げます。家臣らの言葉に家康は武田との戦を覚悟。信玄は織田信長(岡田准一)討伐の手始めとして家康との戦を宣言するのでした。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

武田軍のスパルタぶりがあらぬ方向の話題に

甲斐の若い侍が受ける厳しく激しい鍛錬に対し、Twitterではコメントが殺到。「今川の元で家臣として扱われた家康と対比するのかと思えば、武田が度外れた蛮族だった。スパルタ軍かよ…」「なんてことだ、武田はローマではなくスパルタだった」「甲斐に何故スパルタが誕生したかって、弱い人間が弱いまま生きていけるほど豊かな土地ではないからですよ」「大河ドラマで『ローマ』『スパルタ』『剣闘士』がトレンドになるの阿部寛のせい」などの声が飛び交っています。
 

第17話は「三方ヶ原合戦」。徳川の拠点を次々に制圧する信玄に対し打つ手のない家康は、信長の本文が加勢に来るまで浜松城での籠城を決めます。しかし武田軍は浜松城を素通りし、西へ。瀬名(有村架純)ら家族のいる岡崎城に危険が迫る中、籠城を続けるか打って出るかの選択を迫られた家康が、果たしてどんな決断を下すのか注目です。

 

『どうする家康』あらすじバックナンバー

『どうする家康』第15話 信長、家康の耳かじり「愛情表現分かりにくい」「家康にとって逆効果」コメント殺到
『どうする家康』第14話 信長に「あほ、たわけ」の一喝! 頼もしい家康に「よく言った」「しびれた」の声
『どうする家康』第13話 史上最高に陰湿で不遜な明智光秀に戦慄!「怖さMAX」「まじ底意地悪いぞ」の声
『どうする家康』第12話 「そなたはまだ降りるな。そこでまだ苦しめ」氏真の励ましと呪詛に家康絶句
『どうする家康』第11話 武田信玄(阿部寛)の迫力に言葉を失う殿に反響「格の違い」「あれは怖い」の声
『どうする家康』第10話 側室をめぐるエピソードに爆笑の声「寝所が暗殺現場w」「殿不憫すぎw」
『どうする家康』第9話 「殿」と「お前」が交錯する“本多正信”松ケンの長台詞に反響
『どうする家康』第8話 家臣の裏切りと殿の涙……ガチモードの“イカサマ師”松ケンに驚きの声
『どうする家康』第7話 一向一揆の幕開け! 「なぜ納税しない?」ド直球な家康に立ちはだかる住職
『どうする家康』第6話 “瀬名母・巴”真矢ミキの一喝に反響
『どうする家康』第5話 忍者・服部半蔵(山田孝之)登場
『どうする家康』第4話 織田兄妹の“元康好き”が過ぎる! 
『どうする家康』第3話 元康、苦渋の決断に涙……“母”松嶋菜々子の一喝に反響
『どうする家康』第2話 忠勝の涙で覚醒した元康に信長も安堵?
『どうする家康』第1話 「待ってろよ俺の白兎」“信長”岡田准一の衝撃ワードがトレンド入り

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」