『どうする家康』第6話 “瀬名母・巴”真矢ミキの一喝に反響「かっこよすぎる」「フラグなんだよな」の声

NHK大河ドラマ『どうする家康』第6話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト)。

松本潤さん主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』。2月12日に放送された第6話では、妻・瀬名(有村架純)と子どもたちの奪還作戦に成功。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

第6話のあらすじ

今川氏真(溝端淳平)は元康(松本潤)が降伏しなければ、瀬名(有村架純)とその子ら、父母の関口氏純(渡部篤郎)、巴(真矢ミキ)を皆殺しにすると宣言。元康は本多正信(松山ケンイチ)、服部半蔵(山田孝之)による新たな奇策を受け入れ、瀬名奪還作戦を続行します。
 

正信らの奇策とは、戦火に乗じて上ノ郷城に忍び込み、鵜殿長輝(野間口徹)とその息子たちを生け捕りにし人質交換をするというもの。正信の命を受けた半蔵が服部党の残党を集めて準備をする一方、正信は甲賀忍者にも依頼し保険をかけていました。
 

半蔵たちは難攻不落の上ノ郷城への忍び込みに成功。長輝には自害されてしまうものの、息子2人を生け捕りにします。元康は重臣・石川数正(松重豊)を氏真との交渉に向かわせます。しかし氏真の怒りは甚だしく、事態は良からぬ雰囲気へ。
 

そんな中、巴は氏真を説得。氏純もまた自分たち2人が残り罪を受け、瀬名と孫を解放するよう頭を下げます。嫌だと拒絶する瀬名に、「強くおなり」と巴。おなごとして命をかける時まで強く生きるよう諭され、瀬名は父母の選択を涙ながらに受け入れます。かくして人質交換が行われ、瀬名と子どもたちは無事、元康のもとへと戻って来るのでした。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

家族愛をまざまざと見せつけられる氏真に同情の声

Twitterでは「偉大すぎる父(今川義元)をもった氏真くん…ちょっと切ない」「裏切られた憎しみ、哀しみ…すべてが最後のシーンに出ていて辛かった」「義元がいなくなった中でバリバリに家族愛を見せつけられてしまうのも、ちょっと可哀想かな」「溝端淳平くん、本当に繊細に新しい今川氏真像を作り上げてる」「溝端淳平さん、大河ドラマの主役張れそう」など、溝端淳平さん演じる氏真へのコメントが続出。
 

また、巴が「おなごには命をかける時がいつか来る。その時が来るまで強く生きなさい」と瀬名を諭すシーンには、「巴かっこよすぎる。瀬名に言った言葉、フラグなんだなぁ。切なすぎるよ」「巴の最期の言葉…先の史実を知ってると、どう考えてもつらいことになるのでつらい」「信康事件の予兆か。瀬名のトラウマ。我が子を救うために犠牲を買って出る母の姿」など、今後の展開を思い憂う声も寄せられています。
 

第7話は「わしの家」。国をまとめたいと願い、家康と名を改める元康。そんな中、民衆の間で一向宗の人気が沸騰。宗徒が集まる本證寺(ほんしょうじ)では、住職の空誓(市川右團次)が「民が苦しむのは武士のせいだ」と説いており、家康は一向宗への対抗を命じ――。本多正信が民衆側についた一向一揆が、本作でどのように描かれるのか期待です。
 

『どうする家康』あらすじバックナンバー

『どうする家康』第5話 忍者・服部半蔵(山田孝之)登場
『どうする家康』第4話 織田兄妹の“元康好き”が過ぎる! 
『どうする家康』第3話 元康、苦渋の決断に涙……“母”松嶋菜々子の一喝に反響
『どうする家康』第2話 忠勝の涙で覚醒した元康に信長も安堵?
『どうする家康』第1話 「待ってろよ俺の白兎」“信長”岡田准一の衝撃ワードがトレンド入り

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」