『どうする家康』第8話 家臣の裏切りと殿の涙……ガチモードの“イカサマ師”松ケンに驚きの声

NHK大河ドラマ『どうする家康』第8話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト)。

松本潤さん主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』。2月26日放送の第8話では、一向一揆を発端に三河は内乱に荒れ家康は大ピンチ。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

第8話のあらすじ

本證寺から年貢を取り立てようとする家康(松本潤)に対抗した一向宗徒により、三河各地で一揆が勃発。家康は武力で抑え込もうと寺々に家臣らを向かわせるが、一向宗側についた部下たちを斬ることにためらう家臣が続出。松平昌久(角田晃広)など周囲の領主も寝返り、三河は内紛状態に陥ります。
 

一向に鎮圧できる気配はなく、宗徒側に有能な軍師の存在を疑う石川和正(松重豊)。家康は服部半蔵(山田孝之)ら服部党を本證寺へもぐりこませ、宗徒を率いる僧・空誓(市川右團次)と軍師を亡き者にするよう命じます。
 

一方、本證寺への武力が不足したと聞き、家康は自らが出陣することに。「三河の主は儂じゃ!」と息巻いて突入。殿である自分に牙をむいてくる者はいないという考えは甘く、家康は兜に銃弾を食らい転倒。薄れる意識の中で、故・今川義元(野村萬斎)から受けた言葉が蘇ります。
 

「天下の主は民。我らは民に生かされている。民に見放された時こそ、我らは死ぬのじゃ」――。息をひきとっていく民たちを目にし、涙を流す家康。宗徒に囲まれ槍で刺されそうになった家康の身代わりになったのは、一度は家康を置き去りに逃走した長吉(田村健太郎)でした。
 

城で目を覚ました家康。長吉は絶命する寸前、自らが家康を罠にはめたことを告白し、近しい者にまだ裏切者がいると告げます。家康が疑心暗鬼に駆られる中、半蔵から空誓を補佐する軍師が本多正信(松山ケンイチ)であるとの情報が入り――。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

裏切者の軍師・本多正信(松山ケンイチ)に反響

Twitterでは苦難の家康に対するコメントが続出。「毎週どうするどうするって悩んでるけど、人生は選択の連続。国の主はたくさんの民を背負って選択を迫られるのだね」「殿の涙、この先の糧になることを願う」「家康疑心暗鬼になって、如何にして忠誠心の塊のような三河武士団が形成されていくのか…」「いつも一緒の家臣団を疑わなきゃいけないなんて…辛い」「家康の若さがゆえの精神的に未熟なところが目立つ回。これからどう変化するのかが楽しみ!」などの声が寄せられています。
 

また、家康を裏切り一向一揆を補佐する“イカサマ師”本多正信にも話題が殺到。「あんなに飄々といけしゃあしゃあとして食えない奴なのに、熱心な一向宗徒で軍師とか呼ばれて銃扱ってんの何!?」「足痛いって離脱したのに!」「イカサマ師モードとガチモードの顔が違いすぎる。こいつは敵にしちゃいけないやつ(確信)」「どうして徳川四天王になれたのこの人?」など、さまざまなコメントが飛び交っています。
 

第9話は「守るべきもの」。家臣の裏切りによって疑心暗鬼になり引きこもってしまった家康に、鳥居忠吉(イッセー尾形)は、信じ切るか切り捨てるかの二択を迫ります。家康はある決意を固め、ついに一向宗側の軍師・本多正信と対峙し――。選択に迫られた家康がまた1つ成長を遂げる姿に期待です。

 

『どうする家康』あらすじバックナンバー

『どうする家康』第7話 一向一揆の幕開け! 「なぜ納税しない?」ド直球な家康に立ちはだかる住職
『どうする家康』第6話 “瀬名母・巴”真矢ミキの一喝に反響
『どうする家康』第5話 忍者・服部半蔵(山田孝之)登場
『どうする家康』第4話 織田兄妹の“元康好き”が過ぎる! 
『どうする家康』第3話 元康、苦渋の決断に涙……“母”松嶋菜々子の一喝に反響
『どうする家康』第2話 忠勝の涙で覚醒した元康に信長も安堵?
『どうする家康』第1話 「待ってろよ俺の白兎」“信長”岡田准一の衝撃ワードがトレンド入り

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「自分には困らないけど、観光客には不便だと思う」在住歴25年のタイ人男性が語る、日本の利点と不便さ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『関心領域』が好きな人へ。併せて見てほしい「理由」がある映画『ONE LIFE』を解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密