『どうする家康』第7話 一向一揆の幕開け! 「なぜ納税しない?」ド直球な家康に立ちはだかる住職

2月19日に放送されたNHK大河ドラマ『どうする家康』第7話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト)。

松本潤さん主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』。2月19日放送の第7話では三河一向一揆への突入が描かれ不穏な展開に。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

第7話のあらすじ

国をまとめたいと願う松平元康(松本潤)は家康と名を改めるが、三河内では争いが絶えず統一までは遥か先の話。そんな中、民衆の中で一向宗が人気を集めていると瀬名(有村架純)から教えられた家康は、平八郎(山田裕貴)、小平太(杉野遥亮)を連れ、宗徒が集まる本證寺に潜入。そこには寺内町という巨大な町が作られていました。
 

「不入の権」を根拠に年貢を納めず蓄えを増やしている寺内町は、まるで市や祭りのような華やかさ。住職の空誓(市川右團次)は「民が苦しむのは戦のせい、政(まつりごと)をする連中が阿呆だから」と説いていました。空誓と直接話をする機会を得た家康。どうすれば戦をしないで済むのかと問うと、空誓は「知らん」と一言。「苦しみを与える側と救う側」で生きる世界が違うと両断します。
 

国を守るため嫌でも戦をせねばならず、そのための銭も不足し対策に迫られている家康は、一向宗だけ年貢を納めないのはおかしいと憤慨。寺内町への年貢を取り立てるよう命じます。家康と同じ日に本證寺へ潜入していた瀬名は、道理が通らないことはすべきではないと提言。しかし家康は聞く耳を持ちません。
 

突然の年貢の取り立てに一向宗も対抗。かくして三河一向一揆の火ぶたが切って落とされたのでした。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

「家康」VS「空誓」のディスカッションに反響

「なぜ納税をしない?」とド直球で憤慨する家康に対し、「政をしている連中が阿呆。阿呆に銭を貢いでも、阿呆は戦にしか使わん。死に金じゃ」と説く空誓。一方、戦をしたくてしているわけではなく、国を守り民に少しでも豊かな暮らしをさせたいと願い悩む家康。
 

Twitterでは「どっちの言い分もわかる。今回は風刺が効いた回だった」「いろいろ難しい回だったなぁ」「国を治める者vs一向宗をこんな風に描いた作品はかつてないのでは?」「無理やりお米持ってくのはあかん。しかし空誓は絶対巫女に手出してるし生臭坊主」「一揆ってこんな風に始まるのかー」など、一向一揆へ突入する流れの描かれ方に注目が集まっています。
 

また、「殿がんばってるのに…」「家康にとってかなりの試練だったんだ…平民が立ち上がったところで痛くもかゆくもないんだろうなって認識だった」「若さゆえの空回り、やらかしちゃったんだよね」「これからどう成長(変化)していくのか楽しみ」など、家康を応援する声も。
 

第8話は「三河一揆でどうする!」。年貢の取り立てに対抗した一向宗は三河各地で一揆を起こし、武力で抑え込もうとする家康。しかし相手方には有能な軍師がいるらしく、すべての作戦が裏目に。その軍師の正体とは――? 家康が三河一揆をどう鎮圧へと導くのか期待です。

 

『どうする家康』あらすじバックナンバー

『どうする家康』第6話 “瀬名母・巴”真矢ミキの一喝に反響
『どうする家康』第5話 忍者・服部半蔵(山田孝之)登場
『どうする家康』第4話 織田兄妹の“元康好き”が過ぎる! 
『どうする家康』第3話 元康、苦渋の決断に涙……“母”松嶋菜々子の一喝に反響
『どうする家康』第2話 忠勝の涙で覚醒した元康に信長も安堵?
『どうする家康』第1話 「待ってろよ俺の白兎」“信長”岡田准一の衝撃ワードがトレンド入り

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?