『どうする家康』第20話 ラスト5分、“瀬名”有村架純に戦慄! 「面構えが違う」「恐ろしい」の声

5月28日に放送されたNHK大河ドラマ『どうする家康』第20話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『どうする家康』公式サイト)。

松本潤さん主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』。5月28日に放送された第20話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

第20話のあらすじ

信玄(阿部寛)亡き後も衰え知らずの武田軍に攻め込まれ、領地を次々と奪われていく家康(松本潤)。武田勝頼(眞栄田郷敦)が家康の嫡男・信康(細田佳央太)率いる岡崎城と、瀬名(有村架純)のいる築山に次の狙いを定める中、家康は熱を出し床に臥してしまいます。
 

信康は石川数正(松重豊)らと応戦するも苦戦。瀬名や亀(當真あみ)が負傷兵の手当てに走り回る中、信康に嫁いできた織田信長(岡田准一)の娘・五徳(久保史緒里)は動かず、苦言を呈した瀬名と険悪な雰囲気に。一方、岡崎城内では家臣・大岡弥四郎(毎熊克哉)を筆頭に、勝頼に寝返るクーデターが勃発しようとしていました。
 

弥四郎らは信康と瀬名に闇討ちをかけて岡崎城を乗っ取り、勝頼を迎えようとする作戦を決行。しかし、家康から送られていた本多忠勝/平八郎(山田裕貴)や榊原康政/小平太(杉野遥亮)、新たに家臣となった井伊虎松(板垣李光人)らが応戦しクーデターは失敗。実は事前に発覚していたものの「やらせて膿を出し切ろう」と数正が判断。寝返った家臣らの話から、信長に命じられるがまま戦ばかりの家康に対する不満が明らかに。
 

一大事に病に臥せっている自分を情けなく思う家康は、虎松になぜ武田ではなく民からもばかにされ笑われる自分に士官したのかと問います。「民を恐れさせる殿様より、民を笑顔にする殿様のほうがいい」と虎松。その言葉を聞いた家康は、「勝頼を叩きに行く。わしのそばに付け」と虎松に命じるのでした。一方、瀬名は武田方で諜報(ちょうほう)活動をする巫女・千代(古川琴音)を築山に呼び出し、家臣らに手を出されるくらいならと語ると、「お友達になりましょ」と近づき――。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

ラスト5分、面構えが変わった瀬名に戦慄

Twitterでは、負傷兵を「汚い者」とのたまった五徳に対し声を荒らげ、家臣らを献身的に介抱し気をかけたことでクーデターの情報を入手し、千代に近づき何やら企んでいる様子を見せた瀬名が話題に。
 

「実はこのドラマの中で一番頭がきれて、人を見る目があって、思いやりもある人物なのでは」「瀬名がいるから五徳が正室としての仕事が出来ずにいるっていうのもあるんだろうなぁ」「ラスト5分でもう完璧に『面構えが違う』の顔になった…武田と通じてしまう瀬名様だ…」「とりあえず岡崎は守れたけど瀬名が何考えてるかわからん怖い」「こんな恐ろしい『お友達になりましょう』は未だかつてあっただろうか」「かつて家康と共に望んだ“戦のない世”への思いをより強くしたのかな。望みは同じ、でもここで道を間違えてしまった」などのコメントが殺到しています。
 

第21話は「長篠を救え!」。武田に包囲された奥三河の長篠城を救うため、家康は織田に援軍を依頼。2万を超える軍勢を率いて岡崎へやって来た信長は、天下一統に突き進むため、参戦の条件として家康に驚くべき条件を提示し――。物語はいよいよ織田軍と武田軍の合戦として有名な「長篠の戦い」へ。民や家臣のために心を砕く家康が、次はどんな選択に迫られるのか注目です。

 

『どうする家康』あらすじバックナンバー

『どうする家康』第19話 お万の方(松井玲奈)があざと賢すぎ! 女のしたたかさを見せつける
『どうする家康』第18話 忠臣・夏目広次の最期に感動の伏線回収 「馬鹿泣いた」「家臣は宝」の声
『どうする家康』第17話 家康まさかの討ち死に!? 衝撃ラストにネットざわつきトレンド入り
『どうする家康』第16話 阿部寛の武田軍がスパルタ過ぎて話題に 「ローマ」「剣闘士」もなぜかトレンド入り
『どうする家康』第15話 信長、家康の耳かじり「愛情表現分かりにくい」「家康にとって逆効果」コメント殺到
『どうする家康』第14話 信長に「あほ、たわけ」の一喝! 頼もしい家康に「よく言った」「しびれた」の声
『どうする家康』第13話 史上最高に陰湿で不遜な明智光秀に戦慄!「怖さMAX」「まじ底意地悪いぞ」の声
『どうする家康』第12話 「そなたはまだ降りるな。そこでまだ苦しめ」氏真の励ましと呪詛に家康絶句
『どうする家康』第11話 武田信玄(阿部寛)の迫力に言葉を失う殿に反響「格の違い」「あれは怖い」の声
『どうする家康』第10話 側室をめぐるエピソードに爆笑の声「寝所が暗殺現場w」「殿不憫すぎw」
『どうする家康』第9話 「殿」と「お前」が交錯する“本多正信”松ケンの長台詞に反響
『どうする家康』第8話 家臣の裏切りと殿の涙……ガチモードの“イカサマ師”松ケンに驚きの声
『どうする家康』第7話 一向一揆の幕開け! 「なぜ納税しない?」ド直球な家康に立ちはだかる住職
『どうする家康』第6話 “瀬名母・巴”真矢ミキの一喝に反響
『どうする家康』第5話 忍者・服部半蔵(山田孝之)登場
『どうする家康』第4話 織田兄妹の“元康好き”が過ぎる! 
『どうする家康』第3話 元康、苦渋の決断に涙……“母”松嶋菜々子の一喝に反響
『どうする家康』第2話 忠勝の涙で覚醒した元康に信長も安堵?
『どうする家康』第1話 「待ってろよ俺の白兎」“信長”岡田准一の衝撃ワードがトレンド入り

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」