『どうする家康』第21話 岡崎体育、ふんどし一丁で……衝撃&感動ラストに「泣いた」「凄かった」の声

6月4日に放送されたNHK大河ドラマ『どうする家康』第21話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『どうする家康』公式サイト)。

松本潤さん主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』。6月4日に放送された第21話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

第21話のあらすじ

武田に包囲された奥三河・長篠城の城主・奥平信昌(白洲迅)は、ピンチを伝えるため、鳥居強右衛門(岡崎体育)を岡崎へと送り出します。家康(松本潤)は信長(岡田准一)に援軍を寄越さないなら織田と手を切ると宣言。信長は3万にのぼる軍勢を引き連れて現れます。
 

娘婿の信康(細田佳央太)や瀬名(有村架純)、亀姫(當真あみ)に恭しく接し殊勝な態度をとる信長に、不穏な空気を感じとる徳川家臣団。信長は亀姫と奥平の縁談を決まったもののように話し、何も知らない亀姫や瀬名、信康は動揺。強右衛門のような毛むくじゃらばかりの山奥に嫁ぎたくない、嫁がせたくないと家康を糾弾します。
 

家中のことは家中で決めると信長に話す家康。しかし、秀吉(ムロツヨシ)は信長の意図を代弁し、天下一統のため徳川にも織田の家臣になれと告げます。臣下となれば家中のことも全て従わなければならないと石川数正(松重豊)。一方、臣下とならなければ徳川と手を切り、援軍も出さず徳川を敵と見なすという信長。
 

そのあまりにも身勝手な取り決めに家康は激怒。信長から「今ならわしの首を取れるかもしれんぞ。今じゃ。今決めよ。さあさあさあ、どうする家康!」と煽られると、「多くの犠牲を払ってこの手でこの国を守ってきた! いまさら何故おまえの家臣にならねばならんのじゃ!」と言い放ちます。
 

信康に嫁がせている娘・五徳(久保史緒里)を連れて引き上げようとする信長。すると強右衛門が飛び出し援軍を乞います。亀姫も信長の前に膝をつき頭を下げると、「わがままを言わず奥平の元へ喜んでまいります。どうか仲直りしてくださいませ」と懇願。さらに瀬名も並んで頭を下げ、まずは長篠を救ってから家臣になるか否か決めるということだと話し家康に助け舟を出します。
 

亀姫に寄り添い、「ほんの余興でござる。むろん長篠は助ける」と信長。強右衛門は急ぎ奥平へ伝えに戻ろうとしますが、その道中で武田の手中に落ちてしまいます。武田勝頼(眞栄田郷敦)に「助けは来ないと伝えろ」と脅され一度はうそを告げる強右衛門でしたが、亀姫に握られた手を思い出し改心。徳川と織田の援軍が来るまで持ちこたえろと叫ぶと、武田軍に磔にされ槍で刺されて果てるのでした。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

強右衛門(岡崎体育)と亀姫(當真あみ)のエピソードに感涙

強右衛門の衝撃ラストと亀姫の成長ぶりが印象に残った第21話。Twitterでは「長篠の戦いにさっと入るのかと思いきや、長篠城の奥平氏の鳥居強右衛門磔のエピソードと亀姫話を丁寧に描いていて、またもや涙ものでした」「あー泣いたー」「岡崎体育さん、良かった」「素晴らしかったよ体育くん!情けない感じも、純な野生動物のような視線も、躊躇い、惑う、その演技も、全部良かった」など称賛の声が殺到。
 

また、「亀姫が一気に大人に…」「瀬名の振る舞いを見て育った亀姫の成長に涙出てきた」「前回、瀬名の優しさが八蔵の気持ちを変えて、今回は亀姫の優しさが裏切りかけた強右衛門を変えたんやね」「両親に愛され、母と兄に守られてきた亀ちゃんが戦国の姫として覚悟するのを見れた」などのコメントが寄せられています。
 

第22話は「設楽原(したらがはら)の戦い」。徳川・織田連合軍は長篠城の西・設楽原で武田軍と対峙(たいじ)。なかなか動こうとしない信長にしびれを切らした家康は、わずかな手勢で武田の背後から奇襲をかけ――。織田軍3000丁の鉄砲が火を噴く大戦の回、大河ドラマならではのスペクタクルに期待です。

 

『どうする家康』あらすじバックナンバー

『どうする家康』第20話 ラスト5分、“瀬名”有村架純に戦慄! 「面構えが違う」「恐ろしい」の声
『どうする家康』第19話 お万の方(松井玲奈)があざと賢すぎ! 女のしたたかさを見せつける
『どうする家康』第18話 忠臣・夏目広次の最期に感動の伏線回収 「馬鹿泣いた」「家臣は宝」の声
『どうする家康』第17話 家康まさかの討ち死に!? 衝撃ラストにネットざわつきトレンド入り
『どうする家康』第16話 阿部寛の武田軍がスパルタ過ぎて話題に 「ローマ」「剣闘士」もなぜかトレンド入り
『どうする家康』第15話 信長、家康の耳かじり「愛情表現分かりにくい」「家康にとって逆効果」コメント殺到
『どうする家康』第14話 信長に「あほ、たわけ」の一喝! 頼もしい家康に「よく言った」「しびれた」の声
『どうする家康』第13話 史上最高に陰湿で不遜な明智光秀に戦慄!「怖さMAX」「まじ底意地悪いぞ」の声
『どうする家康』第12話 「そなたはまだ降りるな。そこでまだ苦しめ」氏真の励ましと呪詛に家康絶句
『どうする家康』第11話 武田信玄(阿部寛)の迫力に言葉を失う殿に反響「格の違い」「あれは怖い」の声
『どうする家康』第10話 側室をめぐるエピソードに爆笑の声「寝所が暗殺現場w」「殿不憫すぎw」
『どうする家康』第9話 「殿」と「お前」が交錯する“本多正信”松ケンの長台詞に反響
『どうする家康』第8話 家臣の裏切りと殿の涙……ガチモードの“イカサマ師”松ケンに驚きの声
『どうする家康』第7話 一向一揆の幕開け! 「なぜ納税しない?」ド直球な家康に立ちはだかる住職
『どうする家康』第6話 “瀬名母・巴”真矢ミキの一喝に反響
『どうする家康』第5話 忍者・服部半蔵(山田孝之)登場
『どうする家康』第4話 織田兄妹の“元康好き”が過ぎる! 
『どうする家康』第3話 元康、苦渋の決断に涙……“母”松嶋菜々子の一喝に反響
『どうする家康』第2話 忠勝の涙で覚醒した元康に信長も安堵?
『どうする家康』第1話 「待ってろよ俺の白兎」“信長”岡田准一の衝撃ワードがトレンド入り

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応