『どうする家康』第29話 “イカサマ師・正信”松ケン再登場に歓喜の声「最高過ぎる」「また面白くなりそう」

7月30日に放送されたNHK大河ドラマ『どうする家康』第29話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『どうする家康』公式サイト)。

松本潤さん主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』。7月30日放送の第29話では、徳川家康が人生で3回あったというピンチの1つ「伊賀越え」が描かれました。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

第29話のあらすじ

織田信長(岡田准一)討ち死にの知らせが駆け巡る中、明智光秀(酒向芳)の命令で家康(松本潤)は、あらゆる者から命をつけ狙われることに。三河へ帰還すべく家臣団とともに逃亡する家康に、半蔵(山田孝之)は服部党の故郷である伊賀を抜けることを提案。追手を欺くため、数正(松重豊)、忠次(大森南朋)と別れ、家康らは伊賀越えをすることに。
 

当時の伊賀はまとめ上げる者がなく、600を超す砦(とりで)がひしめく修羅の国。そんな道中で一同は謎の伊賀者たちから襲撃され、捕らわれてしまいます。リーダー格の男は名を百地丹波(嶋田久作)と名乗り、家康の首を明智に渡して褒美を得ると宣言。捕らわれた家臣らが口々に自分が家康だと語り庇おうとすると、家康は自らがそうだと名乗り出て、自分の首をやるから他の者を見逃せと申し出ます。
 

そんな矢先、かつて一揆を起こし三河を追放された元家臣・本田正信(松山ケンイチ)が山伏姿で登場。家康への恨みつらみを吐きながらも、信長の首が見つかっておらず生き延びているという噂を口にします。もし信長が生きていれば明智につく者はいない。むしろ弟分である家康の首が届いたら、今度こそ伊賀を滅ぼすだろうと正信。
 

家康は丹波に対し、今ここで自分に力を貸せばそれが最も利となると告げます。その賢しい言葉を聞いた丹波は家康の口車に乗り手を貸すと決意。かくして無事、伊賀を走り抜けた家康らは伊勢・白子浜へとたどり着きます。海の向こうは三河。そこで数正、忠次とも再会を果たします。
 

三河から追放されている正信は、「今、殿は遠江に……?」と切り出すと、家康はその屁理屈に笑いながら、戻って来ることを許します。さらに、服部党に褒美をとらせると語る家康。半蔵に「今日からお主も立派な武士じゃ」と言ってねぎらうと、半蔵は「元々武士でござる」と返しつつも服部党の面々と喜びを分かち合うのでした。無事帰還した家康が明智を討とうと話しているその頃、羽柴秀吉(ムロツヨシ)により明智が討たれて――。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

イカサマ師・正信(松山ケンイチ)再登場に歓喜の声

X(旧Twitter)では、半蔵率いる服部党や大鼠(松本まりか)の活躍と、彼らを大事にし感謝を告げた家康に対し、「服部党の面々、大鼠まで自分が家康だって言ったところグッときたな。銭でしか働かないって言われてたのにね」「一口の食い物を家臣や服部党と分け合う家康」「『自分に徳があれば…』その言葉通り殿の徳が殿自身を助けた」「家康が半蔵と服部党のみんなに御礼を言うシーンにグッときてしまった」など感動の声が殺到。
 

また、イカサマ師・正信の久々の登場に歓喜の声が殺到。「松ケン正信、最高過ぎる!」「松ケンの登場の仕方が痺れるほどカッコよかった!」「一度捕まり正信に助けられるという意外な脚本だったけど、これで松ケンさんが徳川に戻る伏線を敷けた」「松ケン正信の復帰でまた面白くなりそう」「ほんと敵なのか味方なのかクセ者」「家康助けた上で徳川に戻ろうとするの憎めないw」などのコメントが寄せられています。
 

第30話は「新たなる覇者」。織田家の跡継ぎを決める清須会議で、信長の孫・三法師を立てつつ実権を握ろうとする秀吉。そんな動きを苦々しく見ていた市(北川景子)は、柴田勝家(吉原光夫)との結婚を決意。秀吉と勝家の対立が深まる中、家康は旧武田領に手を伸ばす北条氏政(駿河太郎)との戦に臨むことに――。ムロツヨシさん演じる強烈キャラの秀吉が力を持っていくさまに期待です。

 

『どうする家康』あらすじバックナンバー

『どうする家康』第28話 かつてない“本能寺の変”にボロ泣き 信長の家康に対する思いが奥深すぎる
『どうする家康』第27話 “白兎”家康ד狼”信長、本音ぶつかる対峙シーンに鳥肌 次週いよいよ本能寺の変!
『どうする家康』第26話 家康ついに覚醒! 衝撃の“天下取る”宣言に「そう来たか」「鳥肌立った」の声
『どうする家康』第25話 瀬名&信康の自害で“築山事件”決着……全員涙まみれ渾身の演技にネット号泣
『どうする家康』第24話 次週、号泣必至! “瀬名”有村架純が抱く途方もない夢の結末とは?
『どうする家康』第23話 “瀬名”有村架純、覚醒! 悲劇の“築山事件”へ「ヒリヒリする」「しんどい」の声
『どうする家康』第22話 武田勝頼(眞栄田郷敦)の出陣演説に鳥肌! 「かっこええ」「そりゃ奮闘するわ」の声
『どうする家康』第21話 岡崎体育、ふんどし一丁で……衝撃&感動ラストに「泣いた」「凄かった」の声
『どうする家康』第20話 ラスト5分、“瀬名”有村架純に戦慄! 「面構えが違う」「恐ろしい」の声
『どうする家康』第19話 お万の方(松井玲奈)があざと賢すぎ! 女のしたたかさを見せつける
『どうする家康』第18話 忠臣・夏目広次の最期に感動の伏線回収 「馬鹿泣いた」「家臣は宝」の声
『どうする家康』第17話 家康まさかの討ち死に!? 衝撃ラストにネットざわつきトレンド入り
『どうする家康』第16話 阿部寛の武田軍がスパルタ過ぎて話題に 「ローマ」「剣闘士」もなぜかトレンド入り
『どうする家康』第15話 信長、家康の耳かじり「愛情表現分かりにくい」「家康にとって逆効果」コメント殺到
『どうする家康』第14話 信長に「あほ、たわけ」の一喝! 頼もしい家康に「よく言った」「しびれた」の声
『どうする家康』第13話 史上最高に陰湿で不遜な明智光秀に戦慄!「怖さMAX」「まじ底意地悪いぞ」の声
『どうする家康』第12話 「そなたはまだ降りるな。そこでまだ苦しめ」氏真の励ましと呪詛に家康絶句
『どうする家康』第11話 武田信玄(阿部寛)の迫力に言葉を失う殿に反響「格の違い」「あれは怖い」の声
『どうする家康』第10話 側室をめぐるエピソードに爆笑の声「寝所が暗殺現場w」「殿不憫すぎw」
『どうする家康』第9話 「殿」と「お前」が交錯する“本多正信”松ケンの長台詞に反響
『どうする家康』第8話 家臣の裏切りと殿の涙……ガチモードの“イカサマ師”松ケンに驚きの声
『どうする家康』第7話 一向一揆の幕開け! 「なぜ納税しない?」ド直球な家康に立ちはだかる住職
『どうする家康』第6話 “瀬名母・巴”真矢ミキの一喝に反響
『どうする家康』第5話 忍者・服部半蔵(山田孝之)登場
『どうする家康』第4話 織田兄妹の“元康好き”が過ぎる! 
『どうする家康』第3話 元康、苦渋の決断に涙……“母”松嶋菜々子の一喝に反響
『どうする家康』第2話 忠勝の涙で覚醒した元康に信長も安堵?
『どうする家康』第1話 「待ってろよ俺の白兎」“信長”岡田准一の衝撃ワードがトレンド入り

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」