2017年も折り返し!上半期に話題となったニュースまとめ

2017年もいよいよ折り返しとなりました。上半期に話題になった10のニュースを取り上げてみました。この時期にこれまでの半年にあった出来事を振り返ってみては。

2017年上半期のニュース振り返り!

2017年もいよいよ折り返しとなりました。上半期に話題になった10のニュースを取り上げてみました。なお、6月30日は1年の折り返しにあたるということで「ハーフタイムデー」と呼ばれ、7月2日も「一年の折り返しの日」と言われています。この時期にこれまでの半年にあった出来事を振り返ってみてはいかがでしょうか。

 

1月のニュース

■箱根駅伝で青学大が3連覇

正月三が日の風物詩、箱根駅伝が開催され、青山学院大学が往路、復路とも制し大会3連覇を達成しました。毎年選手が入れ替わる大学チームの3連覇は、偉業と言えるかもしれません。

参照:青学・原晋監督 常勝チームを作った“伝説の営業マン流”マネジメント

 

■トランプ大統領が就任

トランプ
トランプ米新大統領就任の祝賀舞踏会(写真:AP/アフロ)

2016年11月のアメリカ大統領選を制した共和党のドナルド・トランプ氏(70)が1月20日(日本時間21日未明)、ワシントンの連邦議会議事堂で宣誓し、第45代大統領に就任しました。

参照:トランプ大統領就任!就任式でのメラニア夫人のファッションは何点?

 

2月のニュース

■金正男が暗殺される

北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男氏が2月13日にマレーシアのクアラルンプール国際空港で殺害されました。マレーシアは北朝鮮の友好国の一つでしたが、2月の殺害事件を機に関係が悪化しています。

参照:【現役薬剤師が解説】猛毒VXの症状と怖さ

 

■プレミアムフライデーが始まる

プレミアムフライデー
6月30日もプレミアムフライデーなのですが…(写真:ロイター/アフロ)

プレミアムフライデーが2月24日に始まりました。これは、経済産業省が旗振りして経団連などの民間経済団体が相乗りした全国一斉早帰り運動で、月の最終金曜日を午後3時で終業として買い物やレジャーに勤しもう、という企画です。先日、これに関する新聞広告が掲載され、自画自賛ではないかと話題になっています。実際に早帰りできているという人は少なく、課題がありそうです。

参照:プレミアムフライデー「何もしなかった」が43.9%…今後の展開は?
 

3月のニュース

■「ニンテンドースイッチ」が発売される

3月3日、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が発売されました。テレビとつないで遊ぶ据え置き型ながら、本体に液晶画面が付いており、外に持ち出して遊ぶこともできるゲーム機で、任天堂としては4年ぶりの新型機となっています。現在も品薄状態が続いているようです。

参照:3週間使って感じるニンテンドースイッチの素晴らしさ
 

■てるみくらぶが破産

中堅旅行代理店の「てるみくらぶ」が破産。負債総額は151億円、被害を受けた旅行申し込みは3万6千件にのぼるとみられ、被害人数に至っては7万人とも8万人ともいわれています。代金を払っていながら旅行に行けなかったり、旅先で宿が予約していないことが判明したりするなど、波紋が広がりました。

参照:てるみくらぶ破産に思う「格安ツアー会社のビジネスモデルの終焉」
 

4月のニュース

■浅田真央さんが引退

浅田真央
晴れやかな心境だと述べた浅田真央(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

フィギュアスケートの浅田真央さんが4月10日、現役を引退することを明かしました。12日に会見を開き、2016年12月の全日本選手権で「身体も気力も出し切った」とし、悔いはないと述べました。今後についてはフィギュアスケートに恩返しをしていく活動をしたいとしています。

参照:浅田真央、引退会見で最後まで「真央スマイル」見せる…今後の進路は
 

5月のニュース

■眞子さまが婚約へ

秋篠宮家の長女眞子さま(25)と、国際基督教大(ICU)の同級生で、法律事務所勤務の小室圭さん(25)が婚約されることが5月、わかりました。その後、7月8日に婚約内定を発表することが決まり、同日中に眞子さまと小室さんがそろって宮内庁で記者会見する予定となっています。

参照:今、注目の江の島だけじゃない!藤沢の観光スポット10

 

6月のニュース

■小林麻央さんが死去

歌舞伎俳優・市川海老蔵さんの妻で、乳がんで闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さんが死去したことが6月22日、分かりました。34歳でした。海老蔵さんが涙ながらに会見を開き、「愛してると言って、そのまま旅立ちました」と明かしました。

参照:小林麻央さんが死去…乳がんで闘病中、最期の言葉は「愛してる」

 

■エアバッグ問題のタカタが倒産

タカタ

欠陥エアバッグのリコール(無料の回収・修理)問題で経営が悪化していたタカタが6月26日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、受理されました。報道によると、負債総額は最終的に1兆円を超える見通しで、製造業としては戦後最大の破綻だといわれています。

参照:タカタの民事再生手続開始の申し立てで自動車業界に影響はあるか?

  

他にもこんなニュースがありました

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在