【2023年11月の運勢】みずがめ座(水瓶座)の全体運、社交運、恋愛運【章月綾乃の12星座占い】

2023年11月のみずがめ座(水瓶座)の運勢は? 仕事や金運、人間関係、恋愛はどうなるのか、占術研究家・心理テストクリエーター章月綾乃による星占いをお届けします。

【2023年11月の運勢】みずがめ座(水瓶座)の全体運、社交運、恋愛運(イラスト:tokico)
【2023年11月の運勢】みずがめ座(水瓶座)の全体運、社交運、恋愛運(イラスト:tokico
2023年11月のみずがめ座(水瓶座)の運勢は? 占術研究家・心理テストクリエーター章月綾乃が、みずがめ座の全体運、社交運、恋愛運を占います。

>【2023年11月の運勢】他の星座の運勢が気になる人はこちら
 

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

明日のために

先取り主義でいく



・全体運
運気はクリア。この先どこかで踏むべきステップ、身に着けるべきスキル、達成すべき目標が明確になるでしょう。いずれどこかでやらなければならないなら、この機に取り組んでしまうのがよさそう。まだ、時間的、年齢的な余裕があるからこそ、ここでスタートさせることが強みになります。飛び級感覚で、上を目指しましょう。

同様に、プライベートでは、年末の準備を進めるのがおすすめ。少し早い気がしても、大掃除に取り組む、ギフトの手配をするなど、前倒しでどうぞ。オフは、ゴロゴロスタイルで。クッションやブランケットに身を任せて。シリーズものの小説やドラマは、現実逃避のよいお供になるはず。おしゃれは、ジャケットでキリッと。

・社交運
親しさがこじれやすいみたい。相手を思って言った言葉が余計なお世話だったり、逆鱗に触れてしまったり、思いがけない反撃にあって、双方、傷だらけになる恐れが。ある意味、あなたも疲れていて、善悪のジャッジが甘くなったり、歯止めが効かなくなったりしやすいのです。

今月は、無理に会わない、合わせないこと。多少、不義理をしても、リカバリーは可能です。当たり障りなく、気軽に付き合える人との交流を深めて。

・恋愛運
恋は、安定ゾーンへ。良くも悪くも互いに空気のようになって、一緒にいるのが当たり前になっていくでしょう。前半は、ゆるいつながりを楽しみ、後半は、少し刺激を入れていくといいみたい。遠出のデートを提案して。
 

ラッキーポイント……ブラック、ロングブーツ、フットマッサージ、城下町

 

他の星座の運勢も見る

【11月の運勢】おひつじ座(牡羊座)
【11月の運勢】おうし座(牡牛座)
【11月の運勢】ふたご座(双子座)
【11月の運勢】かに座(蟹座)
【11月の運勢】しし座(獅子座)
【11月の運勢】おとめ座(乙女座)
【11月の運勢】てんびん座(天秤座)
【11月の運勢】さそり座(蠍座)
【11月の運勢】いて座(射手座)
【11月の運勢】やぎ座(山羊座)
【11月の運勢】みずがめ座(水瓶座)※今見ている記事
【11月の運勢】うお座(魚座)

 

占い師&イラストレータープロフィール

占い師:章月 綾乃
占い、心理テストの執筆、監修。雑誌、Web、広告タイアップ記事などを多数手がけています。
 
イラストレーター:tokico
タウン情報誌の営業、住宅情報誌の編集を経てフリーのイラストレーターに。媒体制作の経験を生かして、「わかりやすく、ゆる可愛く」をモットーに媒体のコンテンツ理解を促進するようなイラストを制作しています。雑誌やWeb、結婚式やSNSの似顔絵など幅広い分野で活動中。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応