【2023年11月の運勢】ふたご座(双子座)の全体運、社交運、恋愛運【章月綾乃の12星座占い】

2023年11月のふたご座(双子座)の運勢は? 仕事や金運、人間関係、恋愛はどうなるのか、占術研究家・心理テストクリエーター章月綾乃による星占いをお届けします。

【11月の運勢】ふたご座(双子座)の全体運、社交運、恋愛運(イラスト:tokico)
【11月の運勢】ふたご座(双子座)の全体運、社交運、恋愛運(イラスト:tokico
2023年11月のふたご座(双子座)の運勢は? 占術研究家・心理テストクリエーター章月綾乃が、ふたご座の全体運、社交運、恋愛運を占います。

>【2023年11月の運勢】他の星座の運勢が気になる人はこちら
 

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

 

プランを正確にトレース

クオリティで差をつけて



・全体運
あなたの優秀さが際立つ11月です。何がどう評価されるのかといえば、言われたことをプラスαで返す点です。おいしいお茶に一口サイズのおやつをマリアージュし、そっとおしぼりを添えるように目の前にいる人の潜在的なニーズをつかみ、一連の流れが読めているからこそ、できることといえます。

想像力を働かせて、「次はどうなる?」を考えながらレールを敷いていきましょう。後は、定刻通りに列車を走らせるだけ。もちろん「言うは易し行うは難し」で約束通りに遂行するための陰ながらの努力は必要です。ただ「どうせやるならパーフェクトに!」と考えると、不思議と楽しめるはず。マナーの勉強、お茶やお花などの習い事も、よい自分磨きに。

・社交運
素晴らしいコラボーレションが生まれそう。親しい友達や気の合う仲間とそれぞれの得意な部分を掛け合わせ、新しい何かを生み出しましょう。趣味や自己満足で終わらせずに、商品化など収益を狙っていくといいみたい。

ワンデーイベントに参加する、売り切りの限定商品を作ってみるなど知恵とアイデアを持ち寄ってみて。友情は、話題のすれ違いが起こりそう。聞き役に徹して、まずは相手のストレスを軽くしてあげると、次にお返しが!

・恋愛運
恋は、知らず知らずのうちに減点方式になっていそう。1回、評価をリセットして、加算式に相手を見直してみましょう。「いいところが見つからない」なら、見切り時です。新しい出会い、デートは、街歩きがおすすめ。
 

ラッキーポイント……ネイビー、チェック柄、ショートブーツ、新刊書

 

他の星座の運勢も見る

【11月の運勢】おひつじ座(牡羊座)
【11月の運勢】おうし座(牡牛座)
【11月の運勢】ふたご座(双子座)※今見ている記事
【11月の運勢】かに座(蟹座)
【11月の運勢】しし座(獅子座)
【11月の運勢】おとめ座(乙女座)
【11月の運勢】てんびん座(天秤座)
【11月の運勢】さそり座(蠍座)
【11月の運勢】いて座(射手座)
【11月の運勢】やぎ座(山羊座)
【11月の運勢】みずがめ座(水瓶座)
【11月の運勢】うお座(魚座)
 

占い師&イラストレータープロフィール

占い師:章月 綾乃
占い、心理テストの執筆、監修。雑誌、Web、広告タイアップ記事などを多数手がけています。
 
イラストレーター:tokico
タウン情報誌の営業、住宅情報誌の編集を経てフリーのイラストレーターに。媒体制作の経験を生かして、「わかりやすく、ゆる可愛く」をモットーに媒体のコンテンツ理解を促進するようなイラストを制作しています。雑誌やWeb、結婚式やSNSの似顔絵など幅広い分野で活動中。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない