ヒナタカの雑食系映画論 第63回

新海誠監督が2023年に絶賛した「10作品」とは? アニメのほか、実写映画から漫画まで一覧にしてみた

新海誠監督が2023年にX(旧Twitter)で絶賛した10の作品を一挙に紹介しましょう。『すずめの戸締まり』の「タイトルの出方」に関わる作品や、『ゴジラ-1.0』について語ったこともありますよ。※サムネイル画像出典:『すずめの戸締まり』ポスターより

新海誠監督が絶賛した10作品とは
新海誠監督が絶賛した10作品とは? (画像出典:『すずめの戸締まり』ポスターより)
宮崎駿監督作『君たちはどう生きるか』が第81回ゴールデン・グローブ賞アニメーション映画賞を受賞しました。日本映画が同賞を受賞するのは初の快挙となります。

同賞にノミネートされていた新海誠監督作『すずめの戸締まり』は惜しくも受賞を逃しましたが、ハリソン・フォードが『すずめの戸締まり』の「草太の椅子」を持っている写真が話題に。こちらも世界に認められる作品になったと言っていいでしょう。
さて、ここでは新海誠監督がX(旧Twitter)に2023年に絶賛の感想を投稿した映画&漫画作品を紹介しましょう。推薦の言葉それぞれが秀逸ですし、中には『すずめの戸締まり』をはじめとした新海誠監督作品に通ずる要素もあるため、ファンこそチェックしてほしいのです。

1:映画『怪物』


是枝裕和監督作『怪物』は第76回カンヌ国際映画祭において脚本賞とクィア・パルム賞を受賞し、アメリカの元大統領であるバラク・オバマの「2023年お気に入り映画リスト」にも選ばれるなど、世界中で絶賛で迎えられています。2023年の実写日本映画の最重要作でしょう。
新海誠監督は「精緻な脚本」でありつつも「構造に束縛されることなく豊かな映画」になっていることを絶賛。まったくその通りで、特殊な物語構造は決して気をてらったものではなく、計算し尽くされた作劇でありつつも、「描かれていないことにも想像がおよぶ」映画ならではの魅力を突き詰めているともいえるでしょう。

筆者としては「子どもたちがこつ然と姿を消してしてしまう」ミステリーであること以外の予備知識を入れず、どこに連れて行かれるのか分からない、翻弄(ほんろう)される面白さを堪能してほしい1本です。Blu-ray&DVDは2024年2月21日に発売となります。

【関連記事】是枝監督作品の子役演技はなぜ「自然」なのか。映画『怪物』だけではない、徹底された“演出の妙”に迫る

2:映画『雄獅少年/ライオン少年』


中国製の王道のスポ根アニメ映画で、日本では2022年にごく小規模で上映された字幕版が熱烈な支持を受け、2023年に超豪華な吹き替え声優の日本語吹き替え版が公開となりました。
新海誠監督が褒めたたえるのは、怒濤(どとう)のクライマックスへとなだれ込む終盤の素晴らしさ。確かに、鳴り響く太鼓の音にシンクロする熱い展開、ラストシーンの「キレ」の素晴らしさ、エンドロール後すぐのおまけの映像の余韻、流れる歌の歌詞の力強さなど、それぞれが思い出すと涙が出てくるほどのものでした。

ちなみに、新海誠の言う「ビルドゥングスロマン」とはドイツ語であり「教養小説」とも訳され、「主人公がさまざまな体験を通して内面的に成長していく過程を描く」物語を指します。中国の深刻な貧困問題を背景に、安易な解決をすることなく、まさに内面の「強さ」を描いたことにも感動がありました。

【関連記事】『スラムダンク』で“スポ根好き”になった人へ。隠れた「名作スポ根アニメ映画7選」を知ってほしい
次ページ
新海誠が絶賛した作品、3作目は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」