ヒナタカの雑食系映画論 第21回

『スラムダンク』で“スポ根好き”になった人へ。隠れた「名作スポ根アニメ映画7選」を知ってほしい

日本のみならず中国や韓国でも超大ヒットを遂げた『THE FIRST SLAM DUNK』。それ以外でも優れた「スポ根」もののアニメ映画がたくさんあることをご存じでしょうか。7作品を一挙に紹介します。

映画『THE FIRST SLAM DUNK』
※写真は筆者撮影

『THE FIRST SLAM DUNK』は、2022年12月3日の公開日から半年近くがたった現在もロングラン上映中。日本だけで興行収入は142億円を突破しており、中国や韓国でも歴史的な超大ヒットを記録しました。
 

『スラムダンク』だけじゃない、優れたスポコンアニメを知ってほしい


原作の絵がそのまま動いているようなキャラクターの魅力、3DCGで表現された試合の迫力、喪失感を抱えたままスポーツを心のよりどころにした少年の切なく尊い物語など、高評価の理由は枚挙にいとまがありません。そして、その映画『スラムダンク』以外にも、スポーツの世界で根性と努力で突き進んでいく、優れた「スポ根」もののアニメ映画があることを知ってほしいのです。

ここでは2021年12月以降に公開された作品に限定して、一挙に7作紹介します。特に、7つ目は『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』に次ぐ、親子で見てほしい万人向けの作品として、劇場で見ることを強くおすすめします。
 

1:『フラ・フラダンス』(社会人フラダンス)


福島県いわき市に実在するレジャー施設「スパリゾートハワイアンズ」を舞台にしたオリジナル作品です。活躍するのは「社会人1年生」の個性豊かで魅力的な女性たち。初ステージでの大失敗から「今までで1番残念な新人たち」とまで言われてしまうも、そこから切磋琢磨(せっさたくま)していく、王道のスポ根もののドラマが描かれています。

実は『すずめの戸締まり』と同様に、物語の背景に震災の悲劇があるのも特徴。後述する『バクテン!!』と同じく、東日本大震災で被災した東北3県を舞台としたアニメ作品のプロジェクトの1つでもあるのです。それでも悲壮感はあまりなく、明るい作風になっています。

現役ダンサーの動きをモーションキャプチャーで撮って3Dで描いたダンスのクオリティは高く、「女性」と「仕事」を応援する現代らしいメッセージも誠実な内容でした。現在はAmazonプライム・ビデオで見放題です。
 

2:『ブルーサーマル』(航空部)


同名の漫画が原作。普通の大学生活に憧れていた主人公が、とある事故のせいで航空部の雑用係をすることに。やがて空の美しさに魅了され才能を発揮していく過程や、仲間や先輩たちと過ごすかけがえのない時間が描かれています。何より目を引くのは緻密な背景描写で、グライダーが飛び立つ爽快感は抜群。スカイスポーツを何も知らない人にも、きっとその魅力が伝わるでしょう。

タイトルのブルーサーマルとは青空の下で発生する上昇気流のこと。うまく乗ることができればグライダーをより高く押し上げてくれる「つかまえたら幸せになれる風」なのですが、それと相対するように主人公の野心や淡い恋心が「危うさ」にも転換していきます。大切な人の存在に気づいた時に、どうすればいいのか。恋やスポーツに止まらない、人生にまつわる寓話(ぐうわ)としても読み取れます。現在はU-NEXTで見放題です。


>次のページ:パルクールに新体操……マイノリティに属する若者たちに共感

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは