ヒナタカの雑食系映画論 第25回

是枝監督作品の子役演技はなぜ「自然」なのか。映画『怪物』だけではない、徹底された“演出の妙”に迫る

『怪物』をはじめとした是枝裕和監督作品の「子役の自然な演技」「現実そのままの子どもの姿」はどのように引き出されたのか。『怪物』に至るまでどのような試行錯誤をしてきていたのかを解説します。(C)2023「怪物」製作委員会

第76回カンヌ国際映画祭で脚本賞とクィア・パルム賞の2冠に輝いた『怪物』。公開から17日間で興行収入12億円を突破するヒットとなっており、美しい撮影、巧みな物語構造、故・坂本龍一による鮮烈な音楽、俳優陣の演技などに絶賛の声が多く届いています。
 

是枝作品の「演技をしているようには見えない」子役の演技

そして、『怪物』をはじめとした是枝裕和監督作品は、子役と言いたくないほどに、子どもの演技が自然で、演技をしているようには見えないこともまた称賛を集めています。どのように「現実そのままの子どもの姿」を引き出しつつも作品の完成度を高めていたのか、そして『怪物』に至るまでどのような試行錯誤をしてきていたのかを解説しましょう。
 
 

口頭でセリフを伝えてこそ、自然な言動を引き出す

是枝裕和監督は、これまでは基本的に子どもには台本を渡さずに口頭でセリフを伝える演出をしていました。このおかげで、覚えたセリフをそのまま言うような段取りくささのない、子どもの自然な言動を引き出しているのです。
 
(C)2023「怪物」製作委員会

そのため、子どもが想定どおりの言動をしないこともあるのですが、だからこその子どもの自然な反応を作品に生かしているのです。良いアドリブを引き出せたときは脚本にあったセリフや要素を削除または変更し、現場で“差し込み”と呼ばれる修正箇所のプリントが配られることも珍しくなかったそうです。

それでいて、是枝監督作には何気ない言動だと思っていたことが伏線として回収される脚本の巧みさもあります。映画の中の子どもはまるでドキュメンタリーを見ているかのように自然な姿であるのに、振り返ってみればフィクションの物語がロジカルに構築されていることが分かり、うならされるのです。これが是枝監督作品の醍醐味(だいごみ)の1つと言えるでしょう。


>次のページ:今までの是枝作品と、『怪物』の“決定的な違い”
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在