【2023年12月の運勢】ふたご座(双子座)の全体運、社交運、恋愛運【章月綾乃の12星座占い】

2023年12月のふたご座(双子座)の運勢は? 仕事や金運、人間関係、恋愛はどうなるのか、占術研究家・心理テストクリエーター章月綾乃による星占いをお届けします。

【12月の運勢】ふたご座(双子座)の全体運、社交運、恋愛運(イラスト:tokico)
【12月の運勢】ふたご座(双子座)の全体運、社交運、恋愛運(イラスト:tokico
2023年12月のふたご座(双子座)の運勢は? 占術研究家・心理テストクリエーター章月綾乃が、ふたご座の全体運、社交運、恋愛運を占います。

>【2023年12月の運勢】他の星座の運勢が気になる人はこちら

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

 

あなた好みに

カスタマイズを


・全体運
守護星・水星が年またぎの迷走を始めて、運気は大きく揺らぎます。一度決まった話がひっくり返ったり、予期せぬ変更や修正を求められたりするでしょう。楽しみにしていた旅行が、同伴者の体調不良でキャンセル的なアクシデントにも見舞われやすいのです。一筋縄ではいかない、順調に進んだら奇跡と心の準備をしっかりしておいて。

少しでもアヤシイ気配があったら、早めに手を打ち、プランBに切り替えていくのがスムーズです。実際のところ、思うようにならないのは、運が悪いのではなく、よりよくパワーを活用できるように調整がかかっているということみたい。「人生いろいろ」「最終的にはうまくいく」とおおらかに、たくましく乗り切りましょう。

・社交運
やっと全貌が見えてきそう。ずっと連絡が取れなかった、反応が鈍かった人の近況が届いたり、不可解な人間関係の裏事情がわかったりするでしょう。事情をつかむだけでも、ずいぶん気持ちがラクになるはず。来年、さらによい変化が起こるので楽しみに。

年末のおつきあいは、つながりを意識して。知り合いや友達の同伴者にも心を開いていくと人脈が広がっていきます。誰かと会うなら、1対1で。リラックスしたよい時間が持てるはず。

・恋愛運
恋は、テンプレから抜け出しましょう。クリスマスだからチキンを食べる的なお約束から離れることで、楽しいアイデアをシェアできるはず。あえて「らしくないデート」を楽しんでみて。出会いは、夜のお出かけに。
 

ラッキーポイント……グリーン、チェーンネックレス、ショートコート、窓際の席

 

他の星座の運勢も見る

【12月の運勢】おひつじ座(牡羊座)
【12月の運勢】おうし座(牡牛座)
【12月の運勢】ふたご座(双子座)※今見ている記事
【12月の運勢】かに座(蟹座)
【12月の運勢】しし座(獅子座)
【12月の運勢】おとめ座(乙女座)
【12月の運勢】てんびん座(天秤座)
【12月の運勢】さそり座(蠍座)
【12月の運勢】いて座(射手座)
【12月の運勢】やぎ座(山羊座)
【12月の運勢】みずがめ座(水瓶座)
【12月の運勢】うお座(魚座)

占い師&イラストレータープロフィール

占い師:章月 綾乃
占い、心理テストの執筆、監修。雑誌、Web、広告タイアップ記事などを多数手がけています。
 
イラストレーター:tokico
タウン情報誌の営業、住宅情報誌の編集を経てフリーのイラストレーターに。媒体制作の経験を生かして、「わかりやすく、ゆる可愛く」をモットーに媒体のコンテンツ理解を促進するようなイラストを制作しています。雑誌やWeb、結婚式やSNSの似顔絵など幅広い分野で活動中。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性