『六本木クラス』最終話 キスなし土下座なし…? 韓国版と異なる展開に反響も

9月29日に放送されたドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系)最終話のストーリーを、SNSで話題のコメントとともに振り返ります(画像出典:『六本木クラス』公式サイト)。

竹内涼真さん主演、人気韓国ドラマ『梨泰院クラス』の日本版オリジナルリメイク作品『六本木クラス』(テレビ朝日系)が堂々の最終回を迎えました。SNSで話題のコメントとともにストーリーを振り返ります。

 

六本木クラス
画像出典:テレビ朝日『六本木クラス』公式サイト

 

最終話あらすじ

長屋龍河(早乙女太一)の陰謀により拉致された麻宮葵(平手友梨奈)。銃弾に倒れながらも意識を回復した宮部新(竹内涼真)に、龍河から「居場所は父さんが知っている」とメールが。新は涙ながらに訴える楠木優香(新木優子)の制止を振り切って、体を引きずりながら内山亮太(中尾明慶)とともに長屋茂(香川照之)の元へ向かいます。
 

葵と長屋龍二(鈴鹿央士)の居場所を聞く新に、茂は「この私に土下座できるか?」と言い放ち、葵を助けたい一心の新は膝をつき頭を下げます。倉庫内に閉じ込められていた葵と龍二は自力で逃げ出すも、龍河に行く手を阻まれていました。駆け付けた新は「俺を信じろ」と葵を逃がし、龍河と一騎打ちでこれまでの決着をつけました。
 

一方、優香は長屋ホールディングスの横領や贈賄を告発。龍河が起こした数々の事件も影響し、長屋は上場廃止の危機に。取締役会が買収を検討する中、好条件で名乗りを上げたのは新が率いる株式会社RC。茂は「二代目みやべ」を訪れ、長屋を取り上げないでくれと頭を下げ、さらには土下座をしようとします。しかし新はそれを制し、「あなたの土下座に価値はない」と言い放つのでした。
 

長屋を買収したRCは業界トップに躍り出、亡き父・信二(光石研)の仇である茂に対する新の“復讐”は終結。優香は自分の店を出し、龍二はアメリカへ。葵と結ばれた新は、亮太や綾瀬りく(さとうほなみ)ら仲間と歩む日々の“幸せ”を噛み締めるのでした。

 

六本木クラス
画像出典:テレビ朝日『六本木クラス』公式サイト

 

シャイボーイ・新の「愛してる」攻撃にキュンが止まらない

新が葵と2人きりで夜景を眺めながら語るシーンでは、新からこれまで蓄積されていた想いが決壊したかのような怒涛の「愛してる」が放出。
 

Twitterでは「原作はラストにキスシーンがあったからドキドキしてたけど…」「キスだけが心残り…」「100日後にキスする新葵スピンオフください」など物足りなさを感じる声や、「心臓死ぬかと思った〜!」「葵ちゃんのことを好きだと自覚してからの『愛してる』攻撃でキュンキュンした」「身長差のあるバックハグやばい」「ピュアピュア過ぎてこっちまでデレちゃってドキドキだった」「たくさん遠回りしてやっと結ばれた2人が生きて愛を伝えあってるのが最高」など、多くの反響が寄せられています。
 

また、「これで香川照之さんの土下座芸、見納めなのだろうか」「大和田常務にしか見えない土下座が止められたw」「最後の土下座シーンそうきたか!って感じで胸にグッときた」「キスシーンがない土下座させない、とっても日本版の新らしいよなぁと思う」など、韓国版とは異なる日本版オリジナルの演出にもさまざまなコメントが飛び交っています。

 

【連載バックナンバー】
『六本木クラス』第12話 三途の川で父との別れ…熱い抱擁に「涙腺崩壊」「俳優竹内涼真にやられた」の声
『六本木クラス』第11話 恋愛対決で葵が下剋上⁉ 竹内涼真「馬鹿なこと言いなさんな」にも反響
『六本木クラス』第10話 闇堕ち“龍二”の非道なやり口にネット騒然「クソみたいな汚い手」「早く退場してほしい」
『六本木クラス』第9話 葵を失恋に追いこんだ龍二にネット騒然「してやられた感」「意地の悪さが長屋だね」の声
『六本木クラス』第8話 “宿敵親子”香川&早乙女の鬼気迫る演技に大絶賛「役者の凄み」「ほんと天才的」の声
『六本木クラス』第7話 ソシオパス全開の“葵”平手友梨奈がまさかの裏切り…?「目力の迫力」「酷すぎる」の声
『六本木クラス』第6話 因縁の“土下座”対決フラグにツッコミ殺到「香川さんへの期待感w」「梨泰院もそうなの?」
『六本木クラス』第5話 竹内涼真×香川照之の直接対決で復讐劇が本格化「また土下座言ってる」「宮部新の倍返しが始まる!」
『六本木クラス』第4話 平手友梨奈の“平手打ち”ぶちのめし&ダンスレッスンシーンにネット熱狂「ゾクゾクした」
『六本木クラス』第3話 新木優子VS平手友梨奈に視聴者熱狂! 本家丸写しに「日本でやる意味って…」の声も
『六本木クラス』第2話 平手友梨奈&鈴鹿央士登場でネット絶賛「てちハマり役」「ドラゴン桜コンビ最高」
『六本木クラス』第1話 梨泰院ファン納得の好スタート「バカ息子忠実に再現」「清々しいほど原作通り」

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊藤純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴