『六本木クラス』第2話 平手友梨奈&鈴鹿央士登場でネット絶賛「てちハマり役」「ドラゴン桜コンビ最高」

7月14日に放送されたドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系)第2話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『六本木クラス』公式サイト)。

竹内涼真さん主演で大ヒット韓国ドラマを日本版リメイクした『六本木クラス』(テレビ朝日系)が好スタートを切っています。7月14日に放送された第2話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

六本木クラス
画像出典:テレビ朝日『六本木クラス』公式サイト

 

第2話のおさらい

長屋龍河(早乙女太一)への殺人未遂で服役中の宮部新(竹内涼真)のもとへ、楠本優香(新木優子)が面会にやって来ました。新は長屋茂(香川照之)の自叙伝を読み、自分も飲食店をやりたくなったと伝えます。「復讐ってこと?」と聞かれた新は、その言葉に心が満たされ、復讐という人生の目標を見出します。
 

出所した新は優香がアルバイトをしているという六本木を訪れ、優香と再会を果たします。ちょうどその日に行われていた夏祭りを楽しむ2人。優香は長屋ホールディングスに就職が決まっていることを伝え、新は長屋を超えるために7年後、六本木に店を出すと宣言。7年後、新はその宣言どおり、六本木に自分の居酒屋「二代目みやべ」をオープンさせました。厨房担当の綾瀬りく(さとうほなみ)、ホール担当の内山亮太(中尾明慶)とともに初日を迎えるも、客は一向に入らず。
 

同じ頃、文武両道で多才な高校生にしてSNSのフォロワー数70万人のインフルエンサー・麻宮葵(平手友梨奈)は、クラスで起きたいじめの様子を生配信していました。いじめをしていた生徒の母親は激怒し、呼び出された葵がその母親から叩かれそうになっていたところを、たまたま通りかかった新が止めに入ります。すると葵は母親を相手に平手打ちをかまし、クラスメートの長屋龍二(鈴鹿央士)とともに逃げてしまいます。
 

新は着ぐるみを着て店の宣伝ビラを巻いているときに、ひょんなことから2人と再会。葵は新にSNSやWEB広告での宣伝方法もあると言います。「お店が良くなければ宣伝しても意味ないけどね」という葵の言葉を思い出しながら、他店の様子を観察して歩く新は、優香と遭遇します。「長屋」の六本木店を担当することになった優香は、茂から新の監視も暗に任されていました。
 

新が店に戻ると、葵が龍二とその先輩とともに店を訪れていました。店の外から彼らを見た優香は、つい先刻「長屋」でアルコールを提供できないと断った未成年客だと気づきます。「私は変わった」とスマホに手をのばす優香。
 

一方、店内では龍二の先輩が酒に酔って亮太に絡み、殴り合いが勃発。冷静ながら店とスタッフを守る対応を見せる新を、葵は興味深げに眺めます。するとそこへ警察がやって来て、未成年へのアルコール提供の通報を受けたといいます。それは優香の手によるもので――。

 

六本木クラス
画像出典:テレビ朝日『六本木クラス』公式サイト

 

葵役・平手友梨奈さんに絶賛の声集まる

今後、キーマンとなっていく葵を演じる平手友梨奈さんが登場し、その圧倒的な存在感にネットが湧いた第2話。
 

Twitterでは「やっぱチョイソ(麻宮葵)出てきてからが面白いのよ」「てち、まだ21歳なのか。全力で欅坂を駆け登って新世界に飛び出したね」「平手さんはハマり役だと思うし表情豊かな平手さんの演技観れるのたまらない」「葵ちゃんがバイクの後部座席から飛ばされて宙を舞うシーンのCGは2022年とは思えないクオリティで笑った」「葵&龍二コンビも最高」「平手友梨奈と鈴鹿央士ドラゴン桜コンビ嬉し」などの声が上がっています。
 

鈴鹿央士さん演じる長屋龍二は、新の父を車で轢き殺し、新の人生をどん底に追いやった張本人・長屋龍河の弟。第3話ではついに因縁の再会を果たします。一方、新の過去を悟った葵と優香には女の戦いも勃発。復讐、経営面、恋愛面でキーマンとなっていく葵の行動から目が離せません。


【おすすめ記事】
『六本木クラス』第1話 梨泰院ファン納得の好スタート「バカ息子忠実に再現」「清々しいほど原作通り」
梨泰院クラスの日本版リメイク『六本木クラス』はタイトルがダサい? 他にしっくりくる「日本の梨泰院」は
竹内涼真、『六本木クラス』出演の平手友梨奈と“最強”ツーショット! 「既にすごい気合が伝わってきてます」
新木優子、ボブヘアの制服ショットに大反響! 「可愛すぎてキュン死」「珍しいショート」
新木優子、ドラマ『六本木クラス』の役作りでぱっつん前髪&ボブヘアに! 「ボブかわいすぎ!!!!」

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応