竹内涼真さん主演、大人気韓国ドラマ『梨泰院クラス』の日本版オリジナルリメイク『六本木クラス』(テレビ朝日系)。8月4日に放送された第5話では、ついに宿敵・長屋茂(香川照之)との直接対決へ。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

六本木クラス
画像出典:テレビ朝日『六本木クラス』公式サイト

 

第5話のおさらい

酔っぱらった楠木優香(新木優子)は宮部新(竹内涼真)にキスしようとしたところ、麻宮葵(平手友梨奈)が阻止。優香は新が「二代目みやべ」の一同と飲み会をすると聞き、強引に参加します。
 

その席で新は、「二代目みやべ」をフランチャイズ化して全国展開するつもりだと宣言。スタッフ一同がやる気を出し盛り上がる姿を、優香はひとり冷めた目で眺めます。後日、長屋茂(香川照之)に「二代目みやべ」が繁盛している状況や要因、全国展開を目指していることを報告する優香。茂は「二代目みやべ」を注視するよう優香に命じます。優香は新に「もう私のことは諦めて」と伝え、長屋の人間として生きる道を進みます。
 

そんな中、葵の手腕により「二代目みやべ」が料理対決番組へ出演できることに。番組打合せの場に対戦相手としてやって来たのは、長屋龍河(早乙女太一)でした。龍河は新を挑発し、プロデューサーの前でわざと新に前科があることを口にします。さらに、優香と結婚するつもりだと言い、優香が中卒の前科者をもう相手にしたくないと言っていると伝えてきました。
 

番組への出演は白紙撤回され、葵たちスタッフに謝る新。一方で新は、以前から温めてきた打倒・長屋のプランを進めていきます。高校時代に龍河にいじめられていた桐野雄大(矢本悠馬)が投資の専門家になって新と組み、新の父が遺した保険金を投資により拡大。新がその8億円で長屋ホールディングスの株を買い株主に名を連ねると、茂は龍河、優香を連れて「二代目みやべ」を訪れます。
 

ぴりつく空気の中、「料理も接客も普段どおりでいこう」と新。茂は食事を済ませると、長屋の敵にもならないと評価します。しかし新は、信念と気合いで生きるのが自分の生き方だと宣戦布告。新はさらに、長屋ホールディングス専務・相川京子(稲森いずみ)とも組み、長屋父子を引きずりおろす計画が本格的に動き始めるのでした。

 

六本木クラス
画像出典:テレビ朝日『六本木クラス』公式サイト

 

新vs長屋、葵vs優香のバチバチの闘いがアツい

ついに長屋茂との直接対決が始まる一方、優香と葵の女の闘いからも目が離せない展開に。
 

Twitterでは「相川専務と同級生登場で話が面白くなってきた」「香川照之、また土下座言ってる。大和田常務への道開くのかw」「半沢直樹思い出したの私だけじゃないはず」「宮部新の倍返しが始まる!」「会長が味見するの、あのスンドゥブチゲみたいなやつだったらよかったのに。唐揚げかよ!w」「新・優香・葵の三角関係バチバチで面白い」「結局のところ優香は敵なの?味方なの?」などの声が上がっています。
 

長屋ホールディングスの株を買った新は、相川専務、桐野と協力して、株主総会での茂の会長解任を画策。相川専務派の持ち株比率を上げ、会長支持派を切り崩すために奔走します。一方で、茂の剛腕によって「二代目みやべ」は窮地に追い込まれて――。気になる第6話は8月11日放送です。
 

【おすすめ記事】
『六本木クラス』第4話 平手友梨奈の“平手打ち”ぶちのめし&ダンスレッスンシーンにネット熱狂「ゾクゾクした」
『六本木クラス』第3話 新木優子VS平手友梨奈に視聴者熱狂! 本家丸写しに「日本でやる意味って…」の声も
『六本木クラス』第2話 平手友梨奈&鈴鹿央士登場でネット絶賛「てちハマり役」「ドラゴン桜コンビ最高」
『六本木クラス』第1話 梨泰院ファン納得の好スタート「バカ息子忠実に再現」「清々しいほど原作通り」
『六本木クラス』、平手友梨奈が竹内涼真を膝枕! 「美しすぎる寝顔」「ここのシーンやばかったです」