『六本木クラス』第4話 平手友梨奈の“平手打ち”ぶちのめし&ダンスレッスンシーンにネット熱狂「ゾクゾクした」「鬼リピ確定」

7月28日に放送されたドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系)第4話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『六本木クラス』公式サイト)。

竹内涼真さん主演、大人気韓国ドラマ『梨泰院クラス』の日本版オリジナルリメイク作品『六本木クラス』(テレビ朝日系)。7月28日に放送された第4話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

六本木クラス
画像出典:テレビ朝日『六本木クラス』公式サイト

 

第4話のおさらい

宮部新(竹内涼真)に「私を雇ってください。あなたの夢は私が叶えてあげます、社長」と宣言した麻宮葵(平手友梨奈)。しかし新は、一足先に長屋龍二(鈴鹿央士)を雇うことが決まっていたため、これ以上雇う余裕はないと断ります。迷惑をかけた分の義理を返したいという龍二は、新と自身の兄・長屋龍河(早乙女太一)の深く暗い因縁を知りません。
 

新に断られても食い下がらない葵は、社長の隣で戦略を立てる自分のような人物が必要だとアピール。「この人になら人生賭けてもいいと思った」という真の理由を聞いた新は、葵をマネージャーとして採用します。早速、葵の指導のもと内装からメニューまで大幅なリニューアルに動き出し、迎えたリニューアル初日以降インフルエンサーとしての葵の宣伝効果もあり大盛況。しかし、葵は料理担当の綾瀬りく(さとうほなみ)の腕前に疑問を持っていました。
 

同じ頃、長屋ホールディングスでは相川京子専務(稲森いずみ)一派の会社の持ち株比率が上がっていることを知った長屋茂(香川照之)は、相川にも可愛がられている楠木優香(新木優子)に、自分への忠誠を行動で示せと命じ「二代目みやべ」のチラシを渡していました。茂と新への想いの板挟みになっている優香は複雑な思いに翻弄され、新からの連絡をスルーするように。
 

一方、葵、龍二とともに人生初のクラブに出かけたホール担当の内山亮太(中尾明慶)は、葵のアドバイスに従い1人で踊る女性にアプローチ。するとその相手は、りくでした。トランジェンダーで肩身の狭い思いをしてきたりくは工場勤務時代に新と出会い、自然でいさせてくれる新を心から信頼しています。しかし葵は店を大きくさせるために一番大切なのは料理のクオリティだと一刀両断。りくをクビにするよう新に提言します。
 

新はりくに2倍の給料を渡し「そのぶん努力するように」と告げ、さらに葵のことも信じ、りくのメニュー開発のジャッジを任せます。果たして究極の「唐揚げ」が新メニューに加わり、店はさらに盛況を呼ぶこととなりました。人への情に篤い新のやり方を「嫌いじゃない」と受け入れた葵はひょんなことから、未成年である自分と龍二への酒類提供を通報した人物が優香ではなく、自身に恨みを持つかつての同級生だったと知り激怒。新の苦労を同級生に平手打ちで報復すると同時に、優香が「私がわざと通報した」と新に対し嘘をついたことに気づきます。
 

そんな折、酔った優香と「二代目みやべ」のメンバーが六本木の街中で遭遇。新からの連絡をわざと無視している優香は、何でも許し受け入れてくれる新へのいら立ちをぶつけます。「優香が何をしても俺はぶれない」と真摯に告げる新。流れで新にキスしそうになる優香の口を、割って入った葵がふさぎ止めるのでした。

 

六本木クラス
画像出典:テレビ朝日『六本木クラス』公式サイト

 

平手友梨奈&名バイプレーヤー・光石研の演技幅が話題

チームワークを深め順調に店をパワーアップさせていく「二代目みやべ」の面々。一方で長屋ホールディングスに身を置く優香は、茂への忠誠と新への愛情の板挟みにもがいている様子が描かれた第4話。
 

Twitterでは「新木優子はなぜ通報したなんて嘘の自白してたのか。板挟みなのはわかるけどまだ謎だ」「優香が切なすぎて、葵おしにもかかわらず応援したくなってしまう。生きるためには飲み込まないといけない想いもたくさんあったよね」「いじめっ子に暴力してる時の平手さんがかなり良くて、なんか変なゾクゾク感を感じた」「葵ちゃんが平手打ちで通報した同級生をぶちのめしてるシーンが最高に好き」「平手友梨奈のダンスレッスンは個人的に鬼リピ確定シーン」などの声が上がっています。
 

また、新の亡き父を演じる光石研さんは、木曜22時放送の『純愛ディソナンス』(フジテレビ系)で主人公・新田正樹(中島裕翔)と対峙する悪役社長を演じており、「竹内涼真のお父上が中島裕翔の悪徳上司って…」「人のいい居酒屋のおっちゃんからイケイケ不動産のブラック社長って、1時間で局が変わって振れ幅ハンパない」「光石研さんのギャップ!」「さすが『バイプレーヤーズ』の1人!」など、幅広い演技力にドラマファンから驚きと称賛の声が殺到しています。
 

8月4日放送の第5話では、「二代目みやべ」が順調に動き出しフランチャイズ展開に乗り出す新たちの前に、龍河や優香を挟んで長屋ホールディングスの権力が立ちはだかります。新をめぐる葵と優香の女の闘い、新と龍河の直接対決から目が離せません。



【おすすめ記事】
『六本木クラス』第3話 新木優子VS平手友梨奈に視聴者熱狂! 本家丸写しに「日本でやる意味って…」の声も
『六本木クラス』第2話 平手友梨奈&鈴鹿央士登場でネット絶賛「てちハマり役」「ドラゴン桜コンビ最高」
『六本木クラス』第1話 梨泰院ファン納得の好スタート「バカ息子忠実に再現」「清々しいほど原作通り」
『六本木クラス』、平手友梨奈が竹内涼真を膝枕! 「美しすぎる寝顔」「ここのシーンやばかったです」
『六本木クラス』竹内涼真&新木優子のいちゃいちゃ動画に「本当の幼馴染みたいですね」「エアハグ可愛すぎる」

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」