『六本木クラス』第8話 “宿敵親子”香川&早乙女の鬼気迫る演技に大絶賛「役者の凄み」「ほんと天才的」の声

8月25日に放送されたドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系)第8話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『六本木クラス』公式サイト)。

大人気韓国ドラマ『梨泰院クラス』の日本版オリジナルリメイク『六本木クラス』(テレビ朝日系)。8月25日に放送された第8話では、いよいよ竹内涼真さん演じる主人公・宮部新の復讐が宿敵の目前に迫りました。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

六本木クラス
画像出典:テレビ朝日『六本木クラス』公式サイト

 

第8話のおさらい

長屋龍河(早乙女太一)が麻宮葵(平手友梨奈)を長屋ホールディングスへスカウトするために「二代目みやべ」へやって来ました。宮部新(竹内涼真)は「葵の人生は葵が決める」と冷静さを見せます。葵は龍河の気分を良くさせ、12年前の事件のことを話させスマホで録音。その内容を公にすると告げ逃げ出すも、追いかけてきた龍河に襲われ頬を殴られてしまいます。
 

2人がもみ合う中、葵を助けに入ったのは新。葵の頬をみて怒り龍河を殴ろうとしますが、葵が必死に止めます。「社長のためならこんなの全然痛くない」とほほ笑む葵を抱きしめ礼を言う新。駆け付けた警察に龍河は逮捕され、葵は録音した内容をネットに拡散。長屋ホールディングスには非難が集中し、株価は下がり客足は遠のきます。
 

この機に乗じて会長・茂(香川照之)の解任決議案を上げる画策を、専務・相川京子(稲森いずみ)と桐野雄大(矢本悠馬)に提案する新と葵。突破するためには、龍河を立件することと、茂が会社ではなく息子を守る選択をすることの2つの条件が必要です。12年前の事件の担当刑事・松下博嗣(緒形直人)が出頭したことで前者はクリア。さらに、茂が家族を切ることはしないと確信を得て、京子は解任決議案を提出します。
 

しかし、解任決議の直前に茂は急遽、記者会見を開き、12年前の事件をすべて龍河のやったことで自分は何も知らなかったと宣言して謝罪。新たちの計画はつぶされ、茂の解任決議は否認されてしまうのでした。

 

六本木クラス
画像出典:テレビ朝日『六本木クラス』公式サイト

 

龍河陥落! 香川照之&早乙女太一の鬼気迫る演技に脱帽

茂と龍河への復讐を止める気はないと、茂の次男でありながら「二代目みやべ」の仲間として働く龍二(鈴鹿央士)に告げた新。龍二は想いを寄せる葵の「私を手に入れたいなら長屋の跡継ぎになって」という言葉を胸に「二代目みやべ」を去りました。
 

Twitterでは「今日の六本木クラスは香川照之と早乙女太一が主役だった。顔芸ではなく表情、視線一つで全ての感情を語る。本当に役者の凄みを感じた」「お芝居の間や表情、立ち振る舞い。早乙女太一が龍河にしか見えないの冷静に考えて凄い。ほんと天才的だと思う」「自業自得だけど愛されない龍河が不憫」など長屋親子の演技力が絶賛される一方、「葵ちゃんを助けに入る新さんのタイミングが完璧過ぎて惚れる」「龍河に怒りを向ける葵の表情がド迫力」「次週、葵泣いてるけど…社長ー!?」など、新と葵の関係にも注目が集まっています。
 

拡大スペシャルの第9話で復讐はラストステージへ。「二代目みやべ」のもとへ、再び料理対決番組への出演オファーが来ます。料理対決の1回戦を迎え、緊張するりくを新たちがスタジオで見守っていると、そこへ楠木優香(新木優子)と龍二が現れて――。一方、新への気持ちが思わぬ形でバレた葵が起こす行動とは? 新の復讐、絡み合う恋模様から目が離せません。

 

【連載バックナンバー】
『六本木クラス』第7話 ソシオパス全開の“葵”平手友梨奈がまさかの裏切り…?「目力の迫力」「酷すぎる」の声
『六本木クラス』第6話 因縁の“土下座”対決フラグにツッコミ殺到「香川さんへの期待感w」「梨泰院もそうなの?」
『六本木クラス』第5話 竹内涼真×香川照之の直接対決で復讐劇が本格化「また土下座言ってる」「宮部新の倍返しが始まる!」
『六本木クラス』第4話 平手友梨奈の“平手打ち”ぶちのめし&ダンスレッスンシーンにネット熱狂「ゾクゾクした」
『六本木クラス』第3話 新木優子VS平手友梨奈に視聴者熱狂! 本家丸写しに「日本でやる意味って…」の声も
『六本木クラス』第2話 平手友梨奈&鈴鹿央士登場でネット絶賛「てちハマり役」「ドラゴン桜コンビ最高」
『六本木クラス』第1話 梨泰院ファン納得の好スタート「バカ息子忠実に再現」「清々しいほど原作通り」

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望