『六本木クラス』第11話 恋愛対決で葵が下剋上⁉ 竹内涼真「馬鹿なこと言いなさんな」にも反響

9月15日に放送されたドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系)第11話のストーリーをおさらいしつつ、最終章の見どころに迫ります(画像出典:『六本木クラス』公式サイト)。

大人気韓国ドラマ『梨泰院クラス』の日本版オリジナルリメイク『六本木クラス』(テレビ朝日系)。9月15日に放送された第11話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに最終章の見どころを紹介します。

 

六本木クラス
画像出典:テレビ朝日『六本木クラス』公式サイト

 

第11話のおさらい

麻宮葵(平手友梨奈)からの電話で背中を押された綾瀬りく(さとうほなみ)は逃げずに料理対決の決勝に臨み見事優勝。約束通り田辺弘子(倍賞美津子)から投資を受けた「二代目みやべ」の経営は安定し全国展開へ。宮部新(竹内涼真)は桐野雄大(矢本悠馬)に、さらなる計画を伝えます。
 

長屋茂(香川照之)は優勝を逃すという結果に不満ながら、龍二(鈴鹿央士)がりくを陥れようと動いたことを評価。また楠木優香(新木優子)から「会長によく似ています」と聞くと不敵な笑みを浮かべ、幹部会議で龍二を後継者として紹介しました。
 

それから4年後、新たちが創業した「RC」は長屋にも負けず劣らずの巨大企業に成長。龍二は海外勤務から帰国し、龍河(早乙女太一)は出所。茂はガンを患い余命半年を宣告されます。新は茂に「罰を下すのは俺だ」と宣言。会長の座から引きずりおろすため、葵を社外取締役へねじこむ計画を進めます。
 

一方、多忙を極める新と会う時間がなかなか取れなくなり、次第に不安を募らせていく優香。葵はその変化に気付き、自分は誰よりも新を愛しており彼のために自ら行動すると語り、「そのまま何もしないで」と強烈な皮肉を優香に投げつけます。葵の積極的なアピールと積み重ねた信頼感により、新も次第に葵のことを意識している素振りを見せます。
 

そんな中、株主総会を翌日に控えた夜、バーで新と優香が手を取り合い親密に語り合う姿を見かけ、ショックを隠せず立ち去る葵。追いかけようとする新を優香が引き留めるも、新は葵を追いかける選択をして――。

 

六本木クラス
画像出典:テレビ朝日『六本木クラス』公式サイト

 

優香を打ちのめす葵のド正論に拍手喝采

余命幾ばくも無い茂との最終決戦が始まる中、新と優香、葵、龍二の四角関係にも大きな変化が訪れた第11話。新への愛の示し方と行動力で優香を圧倒する葵に賞賛が集まっています。
 

Twitterでは放送直後トレンド1位に躍り出る中、「葵が正論過ぎる。お金持ちの男がいい、自ら勝手に入った長屋から助けてもらうのをずっと待ってる優香と、お金は私が稼ぐ、長屋が邪魔なら私が潰すって行動してる女の子。どっちが好きよ?」「お金?私が稼いであげます。長屋?私がぶっ潰してあげますって言える葵かっこいい」「やばい、平手友梨奈にやられた!」などのコメントが寄せられる一方、葵への気持ちを意識し戸惑う新の「馬鹿なこと言いなさんな」というセリフに、「めちゃくちゃ面白くて今日のハイライト」「ツボった」「新は新だなぁ」など注目が集まっています。
 

物語はいよいよ最終章に突入。長屋ホールディングスの臨時株主総会当日、働きづめだった葵はとうとう体調を崩し倒れてしまいます。葵不在の中、長屋へ向かった新は茂と再会。果たして開票の結果は――? 結果を受けて新がどんな行動をとるのか、気になる第12話は9月22日放送です。

 

【連載バックナンバー】
『六本木クラス』第10話 闇堕ち“龍二”の非道なやり口にネット騒然「クソみたいな汚い手」「早く退場してほしい」
『六本木クラス』第9話 葵を失恋に追いこんだ龍二にネット騒然「してやられた感」「意地の悪さが長屋だね」の声
『六本木クラス』第8話 “宿敵親子”香川&早乙女の鬼気迫る演技に大絶賛「役者の凄み」「ほんと天才的」の声
『六本木クラス』第7話 ソシオパス全開の“葵”平手友梨奈がまさかの裏切り…?「目力の迫力」「酷すぎる」の声
『六本木クラス』第6話 因縁の“土下座”対決フラグにツッコミ殺到「香川さんへの期待感w」「梨泰院もそうなの?」
『六本木クラス』第5話 竹内涼真×香川照之の直接対決で復讐劇が本格化「また土下座言ってる」「宮部新の倍返しが始まる!」
『六本木クラス』第4話 平手友梨奈の“平手打ち”ぶちのめし&ダンスレッスンシーンにネット熱狂「ゾクゾクした」
『六本木クラス』第3話 新木優子VS平手友梨奈に視聴者熱狂! 本家丸写しに「日本でやる意味って…」の声も
『六本木クラス』第2話 平手友梨奈&鈴鹿央士登場でネット絶賛「てちハマり役」「ドラゴン桜コンビ最高」
『六本木クラス』第1話 梨泰院ファン納得の好スタート「バカ息子忠実に再現」「清々しいほど原作通り」

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在