『ちむどんどん』第21週 風呂敷広げ過ぎて回収しきれず? 掘り下げ&描写不足に不満の声

NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』第21週のストーリーをおさらいしつつ、今後のみどころに迫ります(画像出典:『ちむどんどん』公式サイト)。

一流の料理人を目指し沖縄から上京したヒロイン・暢子(黒島結菜)が、いよいよ自身の沖縄料理店を開業。NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』第21週のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

ちむどんどん
画像出典:NHK『ちむどんどん』公式サイト

 

第21週のおさらい

暢子(黒島結菜)の店「ちむどんどん」の開店準備は、矢作(井之脇海)を料理人として迎えて着々と進行。矢作は腕は確かだが冷めた態度は相変わらずで、フリーランス記者として月刊誌での連載が始まったばかりの和彦(宮沢氷魚)たちは心配。智(前田公輝)とも衝突してしまいます。
 

そんな中、優子(仲間由紀恵)に背中を押され、歌子(上白石萌歌)が上京。暢子の店や家事を手伝うことに。歌子が東京に来たことで、智との関係にも徐々に進展。智との仲を「姉のお古、お下がり」と噂する心無い大人の会話を聞いてしまった歌子はショックを受け、智に対し拗ねた態度を見せるように。しかし智が入院したと聞いて駆けつけたところで仲直りします。
 

一方、沖縄やんばるでは、良子(川口春奈)が学校給食を改革しようと奮闘。地域の食材を使った「うまんちゅ給食」が始まるも、生徒たちからは敬遠され残飯率はむしろ増える結果に。博夫(山田裕貴)から食育の本を渡されて励ましを受けます。優子たちの協力も得て紙芝居を使用した食育を行うと大成功。子どもたちの「うまんちゅ給食」への興味を喚起できました。
 

いよいよ「ちむどんどん」が開店の日を迎えました。開店当日は身内が多いものの大盛況。当初は料理人の仕事以外はしないと豪語していた矢作も、自ら進んでホール業務を行い、妊娠中の暢子の体調を気遣うようになります。しかし客足は次第に減少し、開店から数日が経つと、来店客がゼロに。経営者として判断を迫られる暢子は「どうしようかね」と困った様子を見せ――。

 

ちむどんどん
画像出典:NHK『ちむどんどん』公式サイト

 

兄妹4人分の人生を描くには15分×5日間では足りない?

暢子は念願の店をオープンし、歌子はその手伝いに。良子は夫や母の協力も得ながら食育に奮闘。兄・賢秀(竜星涼)は地道に働く決意を固め、養豚場の娘・清恵(佐津川愛美)との将来も考えている素振りを見せる中、「アッラ・フォンターナ」を訪れると、何やら清恵に男関係で良からぬ過去がありそうな様子も見られたというのが第21週の沖縄4兄妹の状況。
 

4人それぞれの人生を1週間で描くには要素が分散しすぎてしまうのか、Twitterでは「暢子の店の周りとか、あまゆの周りとか、なんなら暢子の実家の周りとかも、全然描かれないよね」「雑誌に1本記事が載ったらフリージャーナリストとしてもう満足?のそっと階段から降りてきて客数確認するだけ。カムカムのジョーさんは仕事しなかった(できなかった)けど、家のことやご近所付き合いなどでルイを支えてたのに」「矢作のキャラ設定がワケわからん!少ない登場人物の中で、何もかも展開、解決しようとするからこんなことに」「歌子は来週に持ち越し。来週は賢秀と歌子で、歌子が落ち着いて賢秀が再来週に落ち着くのかな。同じ週に暢子に子供が産まれて、最終週はお店が繁盛して終わり?さみしいね」など、もう少し1人1人、1つ1つのエピソードを踏み込んで丁寧に描いてほしいというような感想が多く上がっています。
 

第22週は「豚とニガナは海を越えて」。減る一方の客足を伸ばそうと奮闘する暢子。一方で賢秀は寛大(中原丈雄)とともに、言い争いの末家を飛び出した清恵を探しに東京へ出てきます。賢秀が働く養豚場と暢子の店に接点が生まれるのでしょうか? ご都合主義ではない腑に落ちる結末に期待です。


【バックナンバー】
『ちむどんどん』第20週 “矢作“井之脇海の名演技に反響「思わずもらい泣き」「暢子のパートナー移りそう」の声
『ちむどんどん』第19週 これが“家族の絆”でいいのか? 視聴者からツッコミ殺到「お涙頂戴の薄っぺらな浅ドラ」の声
『ちむどんどん』第18週 暢子&和彦の披露宴にまさかの人物登場でツッコミ殺到「酷すぎる」「鬼だ」
『ちむどんどん』第17週 暢子&良子のおせっかい暴走に視聴者困惑「元カノと妻に参列強要?」「あの兄にして…」の声
『ちむどんどん』第16週 暢子の“大事な日”で案の定やらかす兄・賢秀に呆れ声「うんざり限界超え」「流星涼が気の毒」
『ちむどんどん』第15週 暢子&和彦まさかの交際0日婚!「舌の根も乾かぬうちに」「幸せは諦めちゃダメ」の声
『ちむどんどん』第14週 ヒロインW告白のモテ展開も不評&“愛”飯豊まりえに同情集まる「健気で泣けてくる」「本当にクズ彦」
『ちむどんどん』第13週 愛と青春の恋愛パート演出……なのか?「全く共感できない」「現実なら絶縁もの」の声
『ちむどんどん』第12週 恋愛パートに突入も非難の嵐「唐突すぎる」「ちっとも共感できない」
『ちむどんどん』第11週 ご都合主義な脚本に視聴者疑問? 暢子と良子にツッコミ殺到「モヤモヤする」「腹立つ」
『ちむどんどん』第10週 優子(仲間由紀恵)と房子(原田美枝子)に称賛の声「素敵な2人」「優しい影に深み」
『ちむどんどん』第9週 オーナー房子の正体判明で納得「厳しくも優しいええキャラ」「素敵すぎる」
『ちむどんどん』第8週 世間知らずの暢子へ名指導の田良島デスクに称賛殺到「良い上司」「また出てきてほしい」
『ちむどんどん』第7週 良子ねーねー遂にゴールイン! 花婿vs兄・賢秀の対峙シーンに視聴者感動
『ちむどんどん』第6週 「ありえん」「ある意味リアル」“ポンコツにーにー”賢秀に賛否両論が殺到
『ちむどんどん』第5週 ニーニー大逆転で暢子東京へ「朝から泣かせにきてる」家族の愛に感動の声
『ちむどんどん』第4週 投資詐欺に遭う長男・賢秀「あほすぎる」「見ててつらい」視聴者いら立ち
『ちむどんどん』第3週 「まるで聖母」「かっこよすぎる」母・優子(仲間由紀恵)の愛情に泣いた
『ちむどんどん』第2週 「東京行かんのかい」「借金どうなった」ツッコミ殺到&子役4兄妹に称賛の声
『ちむどんどん』第1週をおさらい! いきなり波乱のスタートに「カムカム」と比較して驚く声
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」