『ちむどんどん』第11週 ご都合主義な脚本に視聴者疑問? 暢子と良子にツッコミ殺到「モヤモヤする」「腹立つ」

NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』第11週のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころに迫ります(画像出典:『ちむどんどん』公式サイト)。

沖縄出身のヒロインが一人前の料理人を目指す物語を中心に、沖縄4兄妹の人生を描くNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』。第11週のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

ちむどんどん
画像出典:NHK『ちむどんどん』公式サイト

 

第11週「ポークとたまごと男と女」

銀座のリストランテ「アッラ・フォンターナ」で厨房の花形「ストーブ前」をこなせるまで成長した暢子(黒島結菜)。ある日、厨房の指令塔であるシェフの二ツ橋(高嶋政伸)が両足を骨折して入院するという大事件が起きます。二ツ橋のいない厨房は大混乱。退院までの1カ月間、オーナーの房子(原田美枝子)がシェフ代行に指名したのは暢子でした。
 

オーナーの親戚筋にあたる暢子には、厨房の仲間たちから心無い中傷が寄せられます。暢子は兄・賢秀(竜星涼)の助言を受け、誤りも感謝もしない方針で「シェフ代行をする時は男のつもりでいる」と宣言。シェフ代行の指示には従うようにと強く出ます。房子はそんな暢子に対し、「このままではシェフ代行は失格」と告げ、休み明けまでにその理由を考えるように伝えました。
 

暢子は和彦(宮沢氷魚)や愛(飯豊まりえ)、智(前田公輝)と沖縄料理「ポークとたまご」をつつきながら、房子から言われた問いの答えを探していきます。三郎(片岡鶴太郎)からは「ポークとたまごみたいなもんだ」と説かれ、二ツ橋からは「暢子さんらしく」と助言を得た暢子は、母・優子(仲間由紀恵)に電話をして自分の良いところを聞きます。「ごめんなさいとありがとうを大声で言えるところ」と優子。
 

答えを見つけた暢子は、フォンターナの仲間たちに「ごめんなさい」と「ありがとう」を伝え協力を仰ぎます。「言葉だけじゃなく行動で示しなさい」と房子。厨房内はコミュニケーションを取り戻しチームワークが生まれ、暢子は無事、シェフ代行の務めを果たせるようになるのでした。
 

暢子がシェフ代行に奮闘する中、沖縄やんばるの実家には、娘を連れて姉・良子(川口春奈)が戻ってきていました。教職に復帰したい良子は、それを反対する石川家の間に挟まれる博夫(山田裕貴)に離婚届を差し出し、石川家を説得するよう迫ります。やんばる小学校の教師に復帰した良子は、実家で暮らしながら博夫との結婚生活を模索していくのでした。
 

一方、賢秀は千葉の養豚場に戻り、経営者・猪野(中原丈雄)の娘・清恵(佐津川愛美)に喧嘩で言い過ぎたことを謝ります。清恵は見合い話を断った様子。誰か想い人がいるようだと猪野は言い、賢秀はなぜか動揺して――。

 

ちむどんどん
画像出典:NHK『ちむどんどん』公式サイト

 

ご都合主義な展開に視聴者疑問?良子と暢子にツッコミ殺到

シェフ代行がうまくいかない中、ズッキーニの仕入れができないというピンチにも陥っていた暢子。智は暢子と喧嘩していましたが、暢子のために奔走してズッキーニをかき集めてきました。智の気持ちにも気づかず恋愛とは無縁のように見える暢子ですが、良子の別居状態、賢秀の恋も合わせて次週は徐々に恋愛パートが展開を見せていく様子。
 

Twitterでは前週までと同様にさまざまなツッコミが寄せられ、「ありがとうごめんなさいを言う、スタッフとコミュニケーションを取りながら仕事する、お客様のためにできることを精一杯やる、が今日初めてわかったみたいな感じだったけどこれまでの6年間はいったいどんな様子で働いてきたん…?」「昨日ポークたまご取り分けてくれた愛ちゃんにありがとうもごめんなさいも言わず逆に文句言ってた暢子だけど…?」「教師になる夢を叶えて仕事をしながら恋をして結婚して子供にも恵まれた良子が、それら全ての皺寄せを、夢は叶わず仕事もできず恋も結婚もできない歌子にいつのまにか負わせてるの恐怖じゃない?」「良子に1番モヤモヤするわ…。育児も家事も歌子にやらせるつもりじゃないよね?まさかね……」「デリケートな要素をたくさん含む女性差別やレストラン運営等について、明らかにリサーチしてなくて無計画にネタとしてぶち込む。もう描きたいテーマさえ見えてこない絶望感」「シェフ代行の時は男のつもりです、に対する“そうじゃないぞ暢子”の描写が、男も女もないよねというふわっとした雰囲気だけで終わったのほんと腹立つ」などのコメントが上がっています。
 

第12週は「古酒(くーす)交差点」。和彦と愛の結婚が間近だと聞いた暢子は、なぜだかモヤモヤした気持ちに。一方、別居状態で夫婦の問題を抱えたまま和解できずに過ごす良子には変化が訪れるのでしょうか。世間知らずと片付けるには簡単すぎる4兄妹の斜め上をいく言動から引き続き目が離せません。



【バックナンバー】
『ちむどんどん』第10週 優子(仲間由紀恵)と房子(原田美枝子)に称賛の声「素敵な2人」「優しい影に深み」
『ちむどんどん』第9週 オーナー房子の正体判明で納得「厳しくも優しいええキャラ」「素敵すぎる」
『ちむどんどん』第8週 世間知らずの暢子へ名指導の田良島デスクに称賛殺到「良い上司」「また出てきてほしい」
『ちむどんどん』第7週 良子ねーねー遂にゴールイン! 花婿vs兄・賢秀の対峙シーンに視聴者感動
『ちむどんどん』第6週 「ありえん」「ある意味リアル」“ポンコツにーにー”賢秀に賛否両論が殺到
『ちむどんどん』第5週 ニーニー大逆転で暢子東京へ「朝から泣かせにきてる」家族の愛に感動の声
『ちむどんどん』第4週 投資詐欺に遭う長男・賢秀「あほすぎる」「見ててつらい」視聴者いら立ち
『ちむどんどん』第3週 「まるで聖母」「かっこよすぎる」母・優子(仲間由紀恵)の愛情に泣いた
『ちむどんどん』第2週 「東京行かんのかい」「借金どうなった」ツッコミ殺到&子役4兄妹に称賛の声
『ちむどんどん』第1週をおさらい! いきなり波乱のスタートに「カムカム」と比較して驚く声

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」