ヒナタカの雑食系映画論 第48回

「ゼルダ実写化映画」リンクはシャラメ、ゼルダ姫はエマ・ワトソンが適任? キャストを大胆予想してみた

ゲーム『ゼルダの伝説』の実写映画化という驚きのニュースが飛び込んできました。まだ正式なキャスティングは発表されていませんが、リンク役、ゼルダ姫役、ガノンドロフ役の俳優をそれぞれ予想してみましょう。※画像出典:『ゼルダの伝説』公式Xより

リンク役は誰?


リンクは言うまでもなく主人公かつ世界を救うヒーロー。ゲームでは基本的には「しゃべらない」キャラクターであるため、映画でどのような性格付けがなされるのかにも注目です。

リンク役候補その1:ティモシー・シャラメ

代表作は『君の名前で僕を呼んで』(2017年)や『DUNE/デューン 砂の惑星』(2021年)。2023年12月8日から主演作『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』も公開となる、実力も人気も飛び抜けた若手俳優です。どこか憂いを帯びた表情やたたずまいは、作品によってはダークさも存分にある『ゼルダの伝説』のファンタジー世界にマッチしそうです。

リンク役候補その2:トム・ホランド

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)から誰もが知るヒーロー・スパイダーマンとして活躍しており、『アンチャーテッド』(2022年)でもすでにゲームの実写化作品の主人公を演じていた経験があります。『スパイダーマン』シリーズではいい意味でちょっとオタクっぽいキュートな少年でしたが、年齢を重ねて役の幅が広がることにも期待できます。

リンク役候補その3:ディラン・オブライエン

ウェス・ボール監督の『メイズ・ランナー』3部作で主役を務めていた経験があり、今回の『ゼルダの伝説』も同じ監督・主演コンビとなる可能性は十分にあると思います。Netflix配信の映画『ラブ&モンスターズ』(2020年)での荒廃した世界での冒険物語の主人公にもハマっていたので、作品によってはやや退廃的な世界観にもなる『ゼルダの伝説』との相性もいいかもしれません。

リンク役候補その4:ノア・ジュープ

『クワイエット・プレイス』(2018年)の子役として注目を集め、2005年生まれで現在18歳。作品のシリーズ化をもくろむのであれば、少年っぽさを実年齢からも感じさせ、その成長も追える彼がキャスティングされる可能性も高いと思われます。

このほかにもリンク役として考えられるのは、例えば以下でしょうか。

ニコラス・ホルト……『アバウト・ア・ボーイ』(2002年)、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015年)
ジェイコブ・トレンブレイ……『ルーム』(2015年)、『ワンダー 君は太陽』(2017年)
ジュダ・ルイス……『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』(2015年)、『ザ・ベビーシッター』(2017年)
エイサ・バターフィールド……『ヒューゴの不思議な発明』(2012年)、『エンダーのゲーム』(2014年)
次ページ
ゼルダ姫役は誰が演じる?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】