ヒナタカの雑食系映画論 第47回

これは「俺たち、私たち」の映画だ…! 自己肯定感が高まって元気になる、最新「お仕事映画」名作6選

おすすめの最新「お仕事映画」6作品を紹介します。いずれもちょっと落ち込んだ時にも見てほしい、しかも「エンタメ」としても面白い名作です。(サムネイル画像出典:(C) 2023 KOMA復活を願う会/DMM.com 配給:ギャガ)

駒田蒸留所へようこそ
『駒田蒸留所へようこそ』11月10日(金)より、全国ロードショー (C) 2023 KOMA復活を願う会/DMM.com 配給:ギャガ
映画を見る理由はさまざま。「現実にフィードバックできる学び」「明日への活力や勇気や希望」を得たいという人もいるでしょう。

大人であれば毎日関わる「仕事」についての映画は、自分の経験や今後に照らし合わせること、「自分のための映画」のように感じられることも多いと思うのです。

2023年10月20日より劇場公開中のアニメ映画『北極百貨店のコンシェルジュさん』も、新人のお姉さんが頑張る姿を応援できる王道のお仕事映画でした。さらに、ここでは2023年と2022年に公開作に絞って、大推薦したい「お仕事映画」の名作を6作品紹介しましょう。

1:『駒田蒸留所へようこそ』(11月10日より劇場公開)

テレビアニメ『花咲くいろは』『SHIROBAKO』(TOKYO MXほか)などの制作会社P.A.WORKSによる”お仕事シリーズ”の最新作かつ、原作のないオリジナルアニメ映画です。世界で注目されるジャパニーズウイスキーをつくる蒸留所を舞台にしており、その普段の仕事の過程やノウハウを面白く見られるでしょう。
駒田蒸留所へようこそ
(C) 2023 KOMA復活を願う会/DMM.com
実質的な主人公は2人。若くしてクラフトウイスキーをヒットさせた蒸留所の女性社長と、やりたいことが定まらないまま転職を繰り返してきたニュースサイトの男性記者。立場も性格も正反対に思える両者が、時にぶつかり合い、失敗し、そして仕事に向き合うという、万人が共感しやすいドラマが紡がれていました。
駒田蒸留所へようこそ
(C) 2023 KOMA復活を願う会/DMM.com
「仕事をしている誰かへの勝手な思い込み」についてもハッと思い知らされる内容にもなっています。自分の仕事がうまくいかず、その面白さや意義も分からず、表向きには華々しく輝かしい活躍をしている誰かに嫉妬したりする……というのは社会人であれば大小はあれど思うことはあるでしょう。その共感しやすい暗い感情を描いたその先で、2人の主人公がつかみ取ることに、大きな感動がありました。
駒田蒸留所へようこそ
(C) 2023 KOMA復活を願う会/DMM.com
さらに、小野賢章、内田真礼、細谷佳正、中村悠一、堀内賢雄、鈴村健一、辻新八などの超豪華な声優陣の演技も大きな魅力。特に早見沙織の声には儚さがあると同時に信念を感じさせますし、とある場面で恥ずかしがったりする時のかわいらしさといったら……! アニメファンはもちろん、これから仕事を始める若い人にも、ぜひ見てほしいです。

2:『人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした』(11月3日より劇場公開中)

元「SDN48」のメンバーである大木亜希子が自身の体験に基づいて執筆した同名小説の映画化作品で、つまりは「実話もの」。主人公は毎日が充実していると「自分に言い聞かせて」いたものの、駅で急に動けなくなり、会社を辞め、彼氏もおらず、手残り残高は10万円と散々な状態に。そんな時、友人から都内の一軒家で1人暮らしをする56歳のサラリーマンとの同居生活を提案されるのです。

この56歳のおじさんが、とにかく穏やかかつ干渉しすぎない、かと思えばちょっぴり前向きになれるアドバイスもしてくれるいい人で、誰もが「自分も一緒に暮らしてみたい!」と思うのではないでしょうか。行きすぎた言動には「今のは良くなかったよ」といさめてくれますし、もう「若くないですから」という自虐的な物言いに対しても「自分のことを必要以上に年寄りだと思わない方がいいよ」と言ってくれたりもするのです。

そして、フリーランスのライターの仕事を始める主人公の苦悩はコミカルに描かれるものの、同時に胸が痛くなる場面もあります。「ひと記事1000円」という価格破壊っぷりへの文句や、梱包のバイトを始めて複雑な心境になる様も共感してしまいますし、絶妙なタイミングで放たれる「少しだけ呪われろ」という言葉には笑ってしまうもいい意味で切ない気持ちになるでしょう。

そんな世知辛さが描かれつつも、主人公が人生や仕事に向き合い続ける姿勢を追えば「どこかでいいことはきっとあるかもしれない」と、やはりちょっとだけ元気がもらえる内容だとも思うのです。「般若の顔」を含む喜怒哀楽を豊かに表現した深川麻衣と、もはや聖人君子のようないい人かつクセの強さもそれなりに感じさせる井浦新の掛け合いをずっと見ていたくもなるはずです。

3:『映画 すみっコぐらし ツギハギ工場のふしぎなコ』(11月3日より劇場公開中)


人気キャラクター「すみっコぐらし」の劇場アニメの第3作にして、その最高傑作の声が多く届いている作品です。つぎはぎだらけの古い工場にやってきたすみっコたちがおもちゃ作りをスタートし、やがて工場のとある秘密が明かされていくのです。

すみっコたちが「それぞれの得意なこと」を生かして仕事をする様がいじらしくてほほ笑ましいのですが……そのうちに工場が行きすぎた「成果主義」を目指してしまい、楽しいはずの仕事場がブラックに突き進んでいるような、不穏な空気が漂い出すのも大きな特徴です。

そして、ネタバレ厳禁のさらなる展開を持ってして、資本主義の世の中で働いてきた大人こそが「仕事で1番うれしいこと、大切なことって何だったっけ」と、を改めて考えられるという構造も備えていました。

あっと驚くアクションや緊張感のあるサスペンスも展開するので、小さなお子さんでも飽きずに楽しめるでしょう。まるで映画『トイ・ストーリー』や『バービー』に通ずる「おもちゃ」や「ものづくり」の意義そのものも思い知らされるので、そちらが好きな人にも大推薦です。
次ページ
『映画 ゆるキャン△』は“ガチ”のお仕事映画!?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた