ヒナタカの雑食系映画論 第34回

宮崎駿、新海誠だけじゃない。作家性にあふれた「原作がないオリジナルアニメ映画」の傑作を見てほしい

宮崎駿、新海誠、細田守……原作のないオリジナル企画のアニメ映画の監督は、まだまだたくさんいます。「これだけは見てください!」と心からお願いできる、監督の作家性が強く表れたアニメ映画を4作品紹介しましょう。(C)新見伏製鐵保存会

日本の有名なアニメ映画の監督といえば、宮崎駿、新海誠、細田守を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、本当にすごいアニメ映画監督は、まだまだたくさんいます。

原作のないオリジナル企画かつ、テレビシリーズなども放送していないので予備知識がなくても楽しめる。監督の作家性が色濃く表れ、かつエンターテインメント性も高い、「これだけは見てください!」と心からお願いできるアニメ映画を4作品紹介しましょう。実際に鑑賞することはもちろん、監督の名前もぜひ覚えていただきたいのです。

1:『アリスとテレスのまぼろし工場』(岡田麿里監督)


2023年9月15日より劇場公開されている作品です。ジャンルをいうのであればダークファンタジー恋愛ミステリー。製鉄所の爆破事故により「時間が止まってしまった」町で、思春期をこじらせている少年少女の恋愛劇が展開するとともに、ちりばめられた謎を解き明かしていく独創的な内容となっています。 
アリスとテレス
(C)新見伏製鐵保存会
岡田麿里監督は『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』や『キズナイーバー』などのテレビアニメの脚本家としても知られています。その作家性である、登場人物が言葉によって傷つけ合ってしまう痛々しさ恋する衝動と同居している性的な生々しさなどが、今作ではもはや賛否両論を呼ぶこともいとわない勢いで打ち出されていました。
アリスとテレスのまぼろし工場
(C)新見伏製鐵保存会
特に、序盤の中学生の男子同士の下ネタを含む会話、ヒロインのエキセントリックを超えて異常な行動、幼児的な振る舞いをする謎の少女の危うさなどに、ギョッとする人は多いでしょう。
アリスとテレス
(C)新見伏製鐵保存会
さらに、岡田麿里作品では、違う場所に取り残されてしまう、誰かと同じ時間を歩めない苦しみが描かれることもよくあります。今作はそれが前述した痛々しさと生々しさ、さらに『チェンソーマン』『呪術廻戦』などで知られる制作会社MAPPAの超ハイクオリティのアニメの表現と組み合わさり、これまでのどんな創作物でも成し得なかった感情を呼び起こす、とんでもないクライマックスを作り出すことに成功していました。

作品のメッセージは主人公と同じ年代の中高生にこそ届いてほしいですし、「閉塞感」を抱えた経験のある人にこそ響く物語にもなっています。映画館で観てこそ、その濃密な作品の魅力を真に堪能できるのは間違いありません。

2:『東京ゴッドファーザーズ』(今敏監督)


元競輪選手、元ドラァグクイーン、家出をした女子高生という、なんともクセの強いキャラをした3人のホームレスが、ゴミ捨て場で見つけた赤ちゃんを親元へ返そうと奮戦するというコメディードラマ。1948年のアメリカ映画『三人の名付親』に着想を得た内容で、2010年に46歳の若さで亡くなった今敏監督の最高傑作と呼ばれることも多い作品です。

ほかの今敏監督作はグロテスクな描写、現実と妄想が交錯する演出があり、だからこそインパクトがありつつ、やや見る人を選ぶところもあったのですが、本作はおおむねでハートフルな内容で比較的万人向け

3人の主人公はコロコロと表情を変えて(難のある性格も含めて)愛らしく、意外なアクションシーンにハラハラもさせられます。それでいて、生々しい描写の数々は今敏らしさ全開。極めて現実に近い表現をあえてアニメでやるからこそ、むしろアニメの表現の豊かさを思い知らされます

さらに、今敏の監督デビュー作となる『PERFECT BLUE』が2023年9月15日より劇場で上映。こちらのジャンルはアニメ映画では珍しいサイコサスペンス(ホラー)で、性的なシーンや残酷描写がありR15+指定がされているのでご注意を。小説を原案としているものの内容はほぼオリジナルであり、その独創性が後のクリエイターに多大な影響を与えています。


>次のページ:『プロメア』『アイの歌声を聴かせて』を激推ししたい理由
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは