ヒナタカの雑食系映画論 第46回

Netflixアニメ『PLUTO』解説! 悲劇的な争いが絶えない現代こそ突き刺さる「ロボットの切実な感情」

Netflixで配信中の『PLUTO(プルートゥ)』。その原作の原作である『鉄腕アトム』の1エピソード「地上最大のロボット」も踏まえつつ、作品の魅力を解説しましょう。※画像出典:『PLUTO』公式Webサイト

PLUTO
『PLUTO』※画像出典:公式Webサイト
2023年10月26日より、Netflixにて全8話のアニメ『PLUTO(プルートゥ)』が全世界独占配信中です。

原作は2003年から2009年にかけて連載された浦沢直樹による同名漫画。さらに、その漫画は1964年から1965年に展開した手塚治虫の漫画『鉄腕アトム』(光文社)の1エピソード「地上最大のロボット」を原作としています。

アニメのクオリティと豪華声優陣の演技が絶品

今回の『PLUTO』は、まずアニメとしてのクオリティが絶品です。原作のハードでシリアスな雰囲気の再現、特に浦沢直樹の絵がそのまま動いている衝撃は大きく、デジタルの技術が注ぎ込まれながらも、どこか手描きのようなあたたかみを感じさせ、さらに「ここぞ」という時の躍動感のある激しいアクションにも圧倒されました。
 

さらなる魅力は超豪華な声優陣。藤真秀、日笠陽子、鈴木みのり、安元洋貴、山寺宏一、木内秀信、小山力也、宮野真守、関俊彦、古川登志夫、津田英三、朴ろ美、羽佐間道夫、山路和弘、田中秀幸、堀内賢雄と、若手人気声優からベテランまで勢ぞろい。それぞれの役へのハマりぶりも文句のつけようがありません。

そして、原作からは15年、さらにその原作からはなんと58年を経てのアニメ化になるわけですが、作品が持つメッセージ性はまったく古びていないどころか、むしろ今だからこそ「必要」なものだと思えました。まずは原作の原作である「地上最大のロボット」から、ネタバレにならない範囲で魅力と特徴を解説していきましょう。

複雑な感情を呼び起こす「地上最大のロボット」

「地上最大のロボット」のあらすじはシンプル。「世界で最も強いロボットになることを命じられたプルートゥが、世界に7人いる強いロボットを1人、また1人と襲っていく」というもの。個性豊かな強いロボットが、それぞれプルートゥを「迎え撃つ」戦いの数々に当時の子どもたちは熱狂し、『鉄腕アトム』の中でも屈指の人気エピソードとなったのです。
 

ただし、「強いロボット同士が戦う! カッコいい!」と単純に思えるだけの内容ではありません。プルートゥに壊される……いや殺されるロボットたちの中には子どもや周りに愛される善良な者もいて、人間に命じられるままに彼らを葬り去るプルートゥは、客観的には「悪」そのものなのですから。

そして、その悪のはずのプルートゥにも「思い入れができてしまう」というのも大きな特徴です。彼は表面上は粗暴なようでいて戦いそのものは「正々堂々」と挑んでいますし、言動はどこか「紳士的」にすら思えるほど。さらに、人間の命令そのままにロボットを殺してきてしまった彼が、「本当は友達を求めていた」ような悲しさまでもが浮かび上がってきます。「地上最大のロボット」は暴力や争いそのものの虚しさを示す、確かなメッセージ性があるのです。

また、そのプルートゥが次々にロボットを殺していき、世界最強のロボットを目指していく様は、はっきりと「間違っている」のですが……誤解を恐れずに言えば、その過程にほの暗い快感を読者に抱かせるところもあったと思います。それをもって、暴力や争いがどれだけ虚しく間違ったことであっても、それを「求めてしまう」人間の衝動にも気付かされる、読者にも一定の罪悪感を抱かせる構図もあるのです。
 
次ページ
連続殺人鬼ものサスペンスへと変貌を遂げた『PLUTO』
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは