ヒナタカの雑食系映画論 第48回

「ゼルダ実写化映画」リンクはシャラメ、ゼルダ姫はエマ・ワトソンが適任? キャストを大胆予想してみた

ゲーム『ゼルダの伝説』の実写映画化という驚きのニュースが飛び込んできました。まだ正式なキャスティングは発表されていませんが、リンク役、ゼルダ姫役、ガノンドロフ役の俳優をそれぞれ予想してみましょう。※画像出典:『ゼルダの伝説』公式Xより

ゼルダの伝説
※画像出典:『ゼルダの伝説』公式Xより
ゲーム『ゼルダの伝説』が実写映画化されるという驚きのニュースが報じられました。
 
制作を手掛けるのは任天堂および、『スパイダーマン』シリーズを手掛けたアラッド・プロダクション。さらに任天堂は制作費の50%以上を出資し、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが全世界配給と共同出資をします。

2023年は『マリオ』映画が大ヒット! ゲームの映画化はトレンドに?

何しろ、任天堂の世界的人気キャラクターおよびコンテンツの映画化といえば、この2023年の『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』の超大ヒットが記憶に新しいでしょう。それに続き、長きにわたって愛されるゲームの映画化作品が、またも世界中の人から支持を集めることが期待できるのです。
 

リンク、ゼルダ、ガノンドロフは誰が演じる? 大胆予想!

そして、今回はアニメではなく実写映画というアプローチ。『メイズ・ランナー』(2014年)や『猿の惑星/キングダム』(2024年)のウェス・ボールが監督を務めることは発表されていますが、多くの人が気になる「誰がキャラクターを演じるのか」は現時点では発表されていません。

ここでは、リンク、ゼルダ、ガノンドロフという主要キャラクターにキャスティングされる可能性が高い、はたまたSNS上でキャスティングを熱望されている俳優たちを一挙に紹介しましょう。
次ページ
リンク役は誰が演じる?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応