【SixTONES・京本大我】ハイレベルな歌唱力でミュージカル界でも実績を残す! 努力型の天才アイドル

ジャニーズ事務所所属の6人組男性アイドルグループ「SixTONES(ストーンズ)」の魅力を、元テレビ局スタッフの筆者が解説。今回は、ミュージカル界でも実績を残す京本大我さんの魅力に迫ります。(サムネイル画像出典:SixTONES公式Instagram)

ニューシングル『CREAK』を8月30日に発売することが決定している、6人組男性アイドルグループの「SixTONES(ストーンズ)」。レベルの高いパフォーマンスに定評があり、ファンを拡大し続けています。

この記事では、各方面で注目を集めるSixTONESメンバーの魅力を、元テレビ局スタッフの筆者が1人ずつ紹介。今回は、俳優・歌手として活躍する京本大我さんをピックアップします。

【他メンバーの記事はこちら】
【SixTONES森本慎太郎】『だが、情熱はある』の憑依型演技が話題! 俳優としてアイドルの枠を超え続ける逸材
【SixTONES田中樹】トーク力が急成長! 司会者としても大活躍が期待されるアイドル
【SixTONES・ジェシー】何でもできるスーパーアイドル! ジャニーズの歴史を変える若手イケメンの魅力に迫る
【SixTONES・松村北斗】朝ドラでは“稔さんロス”を生み、新海誠も太鼓判! 天才演技派アイドルの魅力
【SixTONES・高地優吾】グループに欠かせない抜群のバランサー! 癒やし系アイドルの魅力に迫る
 

「二世」ということを感じさせない、努力型の天才


まず、京本さんを語る上で外せないのが父親の存在です。本人も公表し、ときにはラジオなどでネタにしていることもありますが、俳優として長く活躍する京本政樹さんの息子として有名。

ジャニーズ事務所にスカウトされたきっかけは、家族旅行で訪れた飲食店で店主と撮った写真だと言われています。その写真をたまたま目にしたジャニー喜多川さんから政樹さんへ連絡が入り、トントン拍子で事務所に所属。その後、舞台『滝沢演舞城』や『徹子の部屋』(テレビ朝日系)でも親子共演し、仲の良さを見せています。

ただ、京本さんは二世という立場を利用するわけではなく、逆に偉大な父親の存在を感じながら、人一倍の努力を重ねていることをインタビューでも話しています。

その努力は実り、京本さんは個人でミュージカルを中心とした舞台で活躍中。2015年にはミュージカル『エリザベート』で華麗な歌声を披露し、演劇ファンからも高い評価を受けることになります。その後も活躍は続き、ジャニーズ関連の舞台以外にも『スーベニア〜騒音の歌姫〜』などに出演。2023年8月16日からは、東京国際フォーラムホールAで開催される『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ feat. アラン・メンケン supported by ディズニー★ JCB カード』に出演することが決定しています。
 

ハイトーンボイスが魅力、メンバーも認める美しい歌声

京本さんは、ミュージカルを中心とする舞台に多く出演する中で、自分の武器をしっかりと開拓しました。それが、美しく透き通る歌声です。グループではメインボーカルを務めることも多く、歌番組などでも京本さんの生歌に注目している人は多いのではないでしょうか?

高音もきれいに歌いこなせるハイトーンボイスは、激しいダンスナンバーからバラードまで、さまざまなジャンルの楽曲を発表しているSixTONESに無くてはならない存在。その魅力を十分に感じさせたのが、一発撮りでおなじみのソニー・ミュージックエンタテインメントが運営するYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で披露した、デビュー曲の『Imitation Rain』です。X JAPANのYOSHIKIさんが作り出した、ただでさえ難しい楽曲を一発撮りの緊張感の中で安定感あるピッチで丁寧に歌い上げています。
 


舞台で日々鍛えられている京本さんは、歌声が常に進化の途中。今後も、その努力がグループでの活動でも生かされ、ファンを拡大させるきっかけになっていくことでしょう。

 

>次ページ:イケメンなのに天然ボケで、ラジオは「カオス」?! トークも演技もできるマルチな活躍
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」