【SixTONES・ジェシー】何でもできるスーパーアイドル! ジャニーズの歴史を変える若手イケメンの魅力に迫る

ジャニーズ事務所所属の6人組男性アイドルグループ「SixTONES(ストーンズ)」の魅力を、元テレビ局スタッフの筆者が解説。今回はバラエティ番組から俳優など、幅広く人気を集めるジェシーさんの魅力に迫ります。(サムネイル画像出典:映画『リボルバー・リリー』公式Instagram)

SixTONESのジェシーさん※画像出典:映画『リボルバー・リリー』公式Instagram(@revolver_lily)より

6月14日に新曲『こっから』をリリースした、ジャニーズ事務所所属の6人組男性アイドルグループ「SixTONES(ストーンズ)」。グループの人気に加え、各メンバーは俳優業やバラエティ番組などで活躍しています。
 

そんな大人気のSixTONESについて、元テレビ局スタッフの筆者が各メンバーの魅力をご紹介。今回は、マルチタレントとして活動するジェシーさんの魅力を解き明かします。
 

【他メンバーの記事はこちら】
【SixTONES森本慎太郎】『だが、情熱はある』の憑依型演技が話題! 俳優としてアイドルの枠を超え続ける逸材
【SixTONES田中樹】トーク力が急成長! 司会者としても大活躍が期待されるアイドル
 

抜群のルックスとスタイルで、モデルとしても活躍

ジャニーズJr.時代には、さまざまなユニットに参加し、早くからその端正なルックスとスタイルの良さで注目を集めたジェシーさん。SixTONESを結成して2020年1月22日にCDデビューを達成すると、さらに人気は加速します。
 

アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれたジェシーさんは、ハリウッドスター顔負けのルックスと、180センチを超える身長を持つスタイルの良さでモデルとして活躍。
 

男性ファッション誌『FINEBOYS』(日之出出版)でレギュラーモデルを務めると、男性からの人気も獲得します。同誌で6年間活躍した後は、同社が発行している『Safari』に移籍してモデルを続けることに。カジュアルからドレッシーなスタイルまで、幅広いファッションを着こなしモデルとしての評価も抜群です。
 

圧倒的な歌唱力で、SixTONESを引っ張り続けるセンター

グループでは、ダイナミックなダンスと抜群の歌唱力で存在感を放つメンバーです。特に歌声は美しく、多くの楽曲でメインボーカルを務めセンターとして大活躍。安定感があり透き通る歌声で、どんなジャンルの楽曲も歌いこなす実力を持っています。また、英語力も高く、世界進出も視野に入れているグループには欠かせないメンバーの1人です。
 

そんなジェシーさんは実力が認められ、映画『SING/シング:ネクストステージ』にはアルフォンゾ役の吹き替えで出演。抜群の歌声で、ミーナ役で出演したMISIAさんとのデュエット曲『I SAY A LITTLE PRAYER(小さな願い)』もファンから大絶賛でした。

2023年8月にスタートするミュージカル『ビートルジュース』では、主演を担当。演出・上演台本は福田雄一さんが手掛ける話題作で、ジェシーさんの歌声に注目度が高まっています。
 

>次ページ:バラエティ番組で芸人並みの人気! コントもできるお笑いスキルの高さ
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」