「世界で活躍できそうだと思う」若手ジャニーズランキング! 3位 ジェシー、2位 ラウール、1位は?

All About編集部では、376人を対象に「若手ジャニーズ」に関するアンケートを実施。今回は「世界で活躍できそうだと思う若手ジャニーズ」について聞いた結果を発表します。(サムネイル画像出典:プレスリリース)

Snow Man ラウールさん(画像出典:プレスリリース
All About編集部は11月21日~12月15日の期間、376人を対象に「若手ジャニーズ」に関するアンケートを実施。※調査時点で、30歳未満であった人を「若手ジャニーズ」と定義

今回は、その中から「グローバルに/世界で活躍できそうだと思う若手ジャニーズ」について聞いた結果をランキング形式で紹介します。

>19位までのランキング結果
 

第3位:ジェシー(SixTONES)49票


3位に入ったのはSixTONESのジェシーさんでした。

アメリカ人の父を持ち、英語も堪能。現在はバラエティ番組『オオカミ少年』(TBS系)にレギュラー出演中で、グループとしては2023年1月4日にニューアルバム『声』もリリース予定です。回答理由には以下のような声が寄せられました。

「語学力堪能なので海外公演も引っ張ってくれる存在になりそう(30代男性)」

「存在感抜群で、日本でも今活躍されていますが、海外でも十分活躍できるオーラがある(50代女性)」

「銀幕スターの様な圧倒的な風貌と、ファニーで明るいキャラクター、美しい歌声とバイリンガルという能力で海外でも通用すると思うから(30代女性)」
 

第2位:ラウール(Snow Man) 97票


2位にランクインしたのは、Snow Manのラウールさん。

Snow Manとしての2020年CDデビュー以降、ラウールさん自身はモデルとして活動の幅を広げました。数々の雑誌の表紙を飾るだけでなく、ファッションブランド「Yohji Yamamoto」のモデルとしてパリコレクションのランウェイも歩きました。回答者からは以下のようなコメントが集まりました。

「ジャニーズ随一の高身長とスタイル(40代女性)」

「モデルとして出演した様子が美しく、成功すると思わせたから(20代女性)」

「パリコレなどにも出演するなどモデルをしている姿を見たときに世界観やパフォーマンスに圧倒されたから。スタイルも良いので言語がなくても世界共通で通ずるところがあると思った(30代女性)」
 

第1位:平野紫耀(King & Prince)101票


今回、最も多くの票を集めたのはKing & Princeの平野紫耀さんでした。

歌手としてはもちろん、ドラマやバラエティ番組など多岐にわたり活躍する平野さんは、顔立ちもイケメンそのもの。2023年5月22日を持ってグループを脱退することが発表されましたが、その後の活躍に期待するファンも多いようです。平野さんを選んだ回答者からは、以下のような理由が上がりました。

「歌、ダンス、ビジュアルがハイレベル(20代女性)」

「第二のタッキーになりそうだから(30代女性)」

「海外で活躍出来るレベルのダンススキル、歌唱力、演技力を持っているから(10代女性)」

「英語も勉強していて海外に行ってもアイドル力、ダンススキルも海外の人にも感動してもらえると思うから(20代女性)」

「ビジュアルも完璧で、何をやらせても器用にこなせて、テレビでも自然に笑いをとれる天才肌なので(30代女性)」

「愛嬌のある見た目と雰囲気が世界にも伝わって行くのではないかなと思いました(30代女性)」


※回答者コメントは原文ママです


>次ページ:19位までのランキング結果


【おすすめ記事】

「カリスマ性があると思う」若手ジャニーズランキング! 3位 中島健人、2位 山田涼介、1位は?
「将来ジャニーズの顔となりそうな」若手ランキング! 3位 目黒蓮、2位 中島健人、1位は?
「これから売れると思う」若手ジャニーズランキング! 3位 平野紫耀、2位 道枝駿佑を抑えた1位は?
「後輩力が高そうな」若手ジャニーズランキング! 3位「山田涼介」を抑えたTOP2は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化