「将来ジャニーズの顔となりそうな」若手ランキング! 3位 目黒蓮、2位 中島健人、1位は?

All About編集部では、376人を対象に「若手ジャニーズ」に関するアンケートを実施。今回は「将来ジャニーズの顔となりそうだと思う若手ジャニーズ」について聞いた結果を発表します。(サムネイル画像出典:プレスリリース)

Snow Man 目黒蓮さん(画像出典:(C)講談社 ViVi2023年2月号 プレスリリース
これまでジャニーズの顔として活躍してきた先輩タレントの退所が目立つ中、将来のジャニーズ事務所を引っ張るのは誰だと思いますか?

All About編集部は11月21日~12月15日の期間、376人を対象に「現在30歳未満の若手ジャニーズ」に関するアンケートを実施。※調査時点で、30歳未満であった人を「若手ジャニーズ」と定義

今回はその中から、「将来ジャニーズの顔となりそうだと思う若手ジャニーズ」について聞いた結果を紹介します。

>16位までのランキング結果
 

第3位:目黒蓮(Snow Man)56票


3位には、Snow Man・目黒蓮さんがランクイン。俳優やモデルとしても活動の幅を広げ、現在はドラマ『silent』(フジテレビ系)、NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』に出演しています。回答者が目黒さんに期待を寄せる理由は以下です。

「芯があり有望そうだから(40代女性)」

「昔のキムタクに似てきたから(20代女性)」

「現在すでに役者として知名度を上げているし評価も受けているのでこれからもっと伸びそう(30代女性)」

「現在の人気がすごいから。これからもドラマや映画に沢山出演して幅広い世代から認知されそう(20代女性)」
 

第2位:中島健人(Sexy Zone)69票


2位には、中島健人さんが入りました。

Sexy Zoneのメンバーとして活動する中島さんは、ケンティーの愛称でファンに親しまれています。ドラマや映画にも数多く出演し、現在上映中の映画『ラーゲリより愛を込めて』では事務所の先輩である二宮和也さんとも共演。“セクシーキャラ”としても人気を集めており、ファンには王道アイドルの印象が強いようです。回答者コメントは以下です。

「生粋のジャニーズ顔だから(20代女性)」

「王子!これぞジャニーズって感じです(30代女性)」

「独特の存在感は、もっと注目されるだろうと思ったから(40代男性)」

「ザ・アイドルと言える立ち振る舞いや発言に、ジャニーズ=彼というイメージが出来上がるような感じがしたから(30代女性)」
 

第1位:山田涼介(Hey! Say! JUMP)148票


1位を獲得したのは、Hey! Say! JUMPの山田涼介さんでした。

2022年はグループとしてデビュー15周年を迎え、現在は『Hey! Say! JUMP 15th Anniversary LIVE TOUR 2022-2023』の真っ最中。俳優、タレントとしてテレビドラマや映画、バラエティ番組、CMにも数多く出演し、回答者からは「もはやこの人しかいない(30代女性)」との声も。その他には、以下のようなコメントが集まりました。

「コンスタントにドラマなどでも主演をしているし、オーラがある(40代女性)」

「堂本剛さんや滝沢秀明さんのような雰囲気があります。将来どんどん成長して、ジャニーズには無くてはならない存在になりそうです(40代女性)」

「カリスマ性があり歌やダンス含めスペックも良い。圧倒的なビジュアルの高さがあるので。山田涼介くんがジャニーズを照らしていくと思っています(20代女性)」

「顔がもう完成してる。ライブも着替えの度に髪型も変えたりアイドル力が高いからこそ今後が楽しみ(20代女性)」


※回答者コメントは原文ママです


>次ページ:16位までのランキング結果


【おすすめ記事】
「カリスマ性があると思う」若手ジャニーズランキング! 3位 中島健人、2位 山田涼介、1位は?
「これから売れると思う」若手ジャニーズランキング! 3位 平野紫耀、2位 道枝駿佑を抑えた1位は?
「後輩力が高そうな」若手ジャニーズランキング! 3位「山田涼介」を抑えたTOP2は?
「世界で活躍できそうだと思う」若手ジャニーズランキング! 3位 ジェシー、2位 ラウール、1位は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊藤純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴