【SixTONES・ジェシー】何でもできるスーパーアイドル! ジャニーズの歴史を変える若手イケメンの魅力に迫る

ジャニーズ事務所所属の6人組男性アイドルグループ「SixTONES(ストーンズ)」の魅力を、元テレビ局スタッフの筆者が解説。今回はバラエティ番組から俳優など、幅広く人気を集めるジェシーさんの魅力に迫ります。(サムネイル画像出典:映画『リボルバー・リリー』公式Instagram)

バラエティ番組で芸人並みの人気! コントもできるお笑いスキルの高さ

ビジュアルも良くパフォーマンスも抜群なジェシーさんは、バラエティ番組でもおなじみの存在です。
 

『有吉ゼミ』(日本テレビ系)の「八王子リホーム」シリーズや、レギュラーとしておなじみの『オオカミ少年』(TBS系)では、トークだけでなく体を張った企画でも大人気。そんなジェシーさんのお笑いスキルが広まったのは、『ただ今、コント中。』(フジテレビ系)でした。

サンドウィッチマンを中心に、バイきんぐ、かまいたちなどが出演したコント番組で、ジェシーさんはゲストとして出演。トップを走る芸人たちを相手に、アドリブも入れながら笑いを生み出しました。この番組はテレビ関係者から注目度が高かったこともあり、ジェシーさんは一気にバラエティ番組で重宝される存在となります。
 

KinKi Kidsの堂本剛さんや福山雅治さん、桑田佳祐さんのモノマネも

さらにジェシーさんは、モノマネがうまいことでも知られています。抜群の歌唱力を生かし、歌手で俳優の福山雅治さんやサザンオールスターズの桑田佳祐さん、さらにKinKi Kidsの堂本剛さんなどレパートリーが豊富。そんな中で最も話題となったのがドナルドダックです。
 

多くの人がモノマネしがちなドナルドダックですが、ジェシーさんのモノマネは本物に聞き間違えるほどのクオリティ。過去に出演した『新春しゃべくり007』(日本テレビ系)では、ドナルドダックとビートたけしさんを掛け合わせた「ドナルドたけし」を即興で生み出し、そのアドリブ力が絶賛されました。同じくモノマネが得意な霜降り明星のせいやさんと親友ということもあり、今後もレパートリーが増えることが期待されます。
 

何でもできるスーパーアイドル、常に進化するジェシー

かっこよくて歌もダンスもうまくて面白い……完璧といえるジェシーさんですが、まだ特筆すべき仕事があります。それが、『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』です。田中樹さんを中心に放送するラジオ番組で、毎週メンバーが入れ替わりで2人をベースとして出演します。
 

ジェシーさんが出演する回は、自由気ままにフリートークが行われ、爆笑を生み出し続けます。トーク力が高く、どんな小さなことでも笑いに変える力を持っています。
 

また、俳優として主演を務めた『最初はパー』(テレビ朝日系)では、鮮烈な演技を披露。8月11日から公開予定の映画『リボルバー・リリー』では、主要な役での出演が決定しています。今後、ミュージカルの出演も含め、俳優としてさらに注目されることになりそうです。

ソロでも活躍するメンバーが多いSixTONESの中で、さまざまなジャンルで人気のジェシーさん。アイドルに興味がない人も、ジェシーさんをキッカケにSixTONESのファンになるのではないでしょうか。

 

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年に渡ってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】