【SixTONES・高地優吾】グループに欠かせない抜群のバランサー! 癒やし系アイドルの魅力に迫る

ジャニーズ事務所所属の6人組男性アイドルグループ「SixTONES(ストーンズ)」の魅力を、元テレビ局スタッフの筆者が解説。今回は、SixTONESの癒やし担当・高地優吾さんの魅力に迫ります。(サムネイル画像出典:SixTONES公式Instagram)

各メンバーの多方面での活躍で人気が高まっている、ジャニーズ事務所所属の6人組男性アイドルグループ「SixTONES(ストーンズ)」。個々でもドラマやバラエティ番組などで活躍し、グループとしては8月30日にニューシングル『CREAK』の発売を控えています。

そんなSixTONESメンバーの魅力を、元テレビ局スタッフの筆者が1人ずつ紹介。今回は、グループの癒やし系として人気を集める高地優吾さんをピックアップします。※高は、正式にははしごだか
 
【他メンバーの記事はこちら】
【SixTONES森本慎太郎】『だが、情熱はある』の憑依型演技が話題! 俳優としてアイドルの枠を超え続ける逸材
【SixTONES田中樹】トーク力が急成長! 司会者としても大活躍が期待されるアイドル
【SixTONES・ジェシー】何でもできるスーパーアイドル! ジャニーズの歴史を変える若手イケメンの魅力に迫る
【SixTONES・京本大我】ハイレベルな歌唱力でミュージカル界でも実績を残す! 努力型の天才アイドル
【SixTONES・松村北斗】朝ドラでは“稔さんロス”を生み、新海誠も太鼓判! 天才演技派アイドルの魅力
 

癒やし系キャラとしてグループをまとめ上げる存在


高地さんの魅力といえば、優しい性格と癒やし系のキャラクターが挙げられます。SixTONESはメンバー仲が良いグループとして有名ですが、その中でも高地さんは中心的な存在。グループのリーダーを決める際には、自分以外のメンバーから満場一致で指名、就任することになりました。

ただメンバーをまとめ上げるタイプではなく、愛されキャラ・マスコット的な存在として君臨。グループで参加しているラジオ番組『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』(ニッポン放送)では、最年長メンバーでありながらイジられキャラとして笑いを生み出し続けています。

そんな高地さんは、「笑顔」を大切にしているアイドルとして知られ、メディアではいつでも楽しそうに笑っているところを見ることができます。この高地さんの特性はSixTONESというグループには非常に重要で、個性的なメンバーがそろっている中で抜群の中和剤としてバランスをとっています。SixTONESに今の人気があるのは、間違いなく高地さんがしっかりと愛されキャラを請け負っているからこそです。
 

多趣味でアイドル業界の所ジョージになれる?

そんな高地さんのソロでの活動を紹介していきます。俳優業では、『ブラックペアン』(TBS系)、『家政夫のミタゾノ 第4シリーズ』(テレビ朝日系)、『特捜9 season5』(テレビ朝日系)などに出演。さまざまな役を演じて、バイプレーヤーとして活躍しています。

また、ここ最近ではバラエティ番組で存在感を示し始めています。高地さんの癒やし系で気負わない雰囲気は、嵐の大野智さんや相葉雅紀さんを彷彿とさせます。トーク力が高くリアクションも良い高地さんの実力は、『スクール革命!』(日本テレビ系)で特に生かされています。
 


そして、高地さんを語る上で欠かせないのが趣味の多さです。バイクやキャンプにはまり、資格としても「バーベキュー検定」、「キャンプインストラクター」などを取得。さらに、温泉好きが高じて「温泉ソムリエ」も取得して、テレビ番組や雑誌への出演で知識を披露しています。

努力家として知られる高地さんは、このように趣味に関しても徹底的に勉強して一流を目指します。ハンディクラフトやアメリカンカジュアルにも興味があり、こういった趣味をさらにバラエティ番組で発揮していくことができればアイドル業界の所ジョージさんになれる可能性もあります。

抜群のバランス感覚と笑顔で、グループを盛り上げ続けている高地さん。アイドルにこれまで興味を持ってこなかった人こそ、高地さんの活動をきっかけにSixTONESにはまってみるのが良いかもしれません。

 

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年に渡ってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」