『ラストマン』最終回 福山雅治×大泉洋、最強バディがまさかの兄弟!? 衝撃展開にネット騒然

6月25日に放送されたドラマ『ラストマン-全盲の捜査官-』(TBS系)最終回のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントを振り返ります(画像出典:『ラストマンー全盲の捜査官ー』公式サイト)。

福山雅治さん、大泉洋さんが共演するドラマ『ラストマン-全盲の捜査官-』(TBS系)が6月25日放送の第10話で最終回を迎えました。SNSで話題のコメントとともにストーリーを振り返ります。

 

ラストマン
画像出典:TBS系『ラストマン-全盲の捜査官-』公式サイト

 

最終回のあらすじ

泉(永瀬廉)が元捜査一課長・山藤(金田明夫)に刺され、予断を許さない状況に。真相を明らかにすべく動く佐久良班と皆実広見(福山雅治)、護道心太朗(大泉洋)は、警察上層部からストップがかかっても捜査を続行します。
 

大物政治家・弓塚(石橋蓮司)を黒幕と考えて捜査を続ける中、事件には暴力団の関与があったことが判明。弓塚が逮捕されると、護道清二(寺尾聰)は警察庁の理事官時代に弓塚の不正をもみ消していたと告白し、証拠となる資料を提出。41年前の事件についても、心太朗の実父・鎌田(津田健次郎)が皆実の両親を殺害したと説明をします。
 

しかし、皆実と心太朗は41年前の事件にはまだ隠されている秘密があるとにらみ調査を続行。次第に真の黒幕は清二であるという結論に至り、護道京吾(上川隆也)にも協力を仰ぎます。
一方、皆実は捜査に出ていない刑事たちの協力を得ながら、鎌田と皆実の父・誠(要潤)、母・勢津子(相武紗季)について徹底的に調査。すると、ある意外な事実にたどり着きます。
 

皆実と心太朗が病院に移送された鎌田に話を聞きに行こうとしていると知った清二は、病室に潜りこみ鎌田の点滴に薬品を注入しようと画策。しかし、その場に現れた皆実と心太朗が制止。手引きしたのは京吾でした。皆実は41年前の事件について突き止めた真相を語り出します。
 

皆実がたどり着いた秘密は、自身と心太朗は鎌田と勢津子の間に生まれた正真正銘の兄弟であるという事実。41年前、皆実が自分の子ではないと知った誠は勢津子と皆実を殺害し、その罪を鎌田になすりつけようと計画。弓塚の不正に関わっていることを公表すると言って清二を脅し、自身の罪をもみ消そうとしたのです。それを拒否した清二ははずみで誠を殺害してしまい、巡回していた山藤も抱き込んで全てを隠蔽(いんぺい)。息子である皆実と心太朗を守るためだとそそのかして鎌田に罪をかぶらせ、心太朗を養子に迎えたのでした。
 

真実を知り、今までどんな気持ちで自分を見てきたのだと憤りをあらわにする心太朗。そんな心太朗に清二は「立派な警察官になったな」と一言。心太朗は涙をあふれさせながら、清二に手錠をかけます。そんな中、意識を取り戻した鎌田。皆実と心太朗は鎌田に息子として接し、2人に見守られながら鎌田は息を引き取ります。
 

鎌田の葬儀が終わると、皆実はアメリカへと帰国。心太朗は空港へ見送りに駆け付け、兄弟として、バディとしての絆をハグで確かめ合います。涙で別れを惜しむ2人でしたが、皆実は「では来週」と一言。次は心太朗が人材交流企画でアメリカに行くことが決まっていると話し――。

 

ラストマン
画像出典:TBS系『ラストマン-全盲の捜査官-』公式サイト

 

最強バディが本物の兄弟という衝撃展開にネット騒然

隠されていた衝撃の真実が明らかになり、大団円を迎えた最終回。皆実と心太朗がまさか本当の兄弟だったという展開にネットは騒然。
 

Twitterでは「こんなに壮絶な怒涛の展開が待っていたとは」「皆実と心太朗が本当の父と最期に心を通わせるシーンは涙なしには見られなかった」「心太朗が家族として大事に育てられていなければ手錠をかけるシーンの涙に繋がらないし、京吾の行動にも繋がらない。護道家の家族としての善と警察一家としての悪のコントラストがすごい」「なかなか巡り合えない期待値を超える最終回」「感動の涙がしばらく止まらなかった」「めちゃめちゃ良い最終回。ボロボロ泣いてしまった」など感動コメントが殺到しトレンド1位に。
 

また、「本物の兄弟の絆!正真正銘の最強バディだった。続編期待しちゃっていいですよね⁉」「今田美桜ちゃん演じる吾妻と永瀬廉くん演じる泉の絡み好きだった。続編で関係が進展しますように」「次はアメリカ編か」「ワシントン編も見たいので続編希望!」など、続編に期待する声も多く寄せられています。
 

『ラストマンー全盲の捜査官ー』あらすじ&見どころバックナンバー

『ラストマン』第9話 最終回目前で急展開! 刺された“泉”永瀬廉に「絶対ヤダ!」「死なないで!」の声
『ラストマン』第8話 京本大我、バスジャック犯役で迫真の演技が絶賛「鳥肌たった」「心臓ぶち抜かれた」
『ラストマン』第7話 福山雅治×大泉洋、最強バディ決裂の危機!? “元ワイフ”木村多江も登場し話題に
『ラストマン』第6話 福山雅治、十八番モノマネ披露? 「ラストのアドリブ」が爆笑でトレンド入り
『ラストマン』第5話 皆実と心太朗をつなぐ過去の事件の真相とは? きな臭さ漂う“護道家”に裏の顔が?
『ラストマン』第4話 “皆実”福山雅治、「虹でてますよ!」への返し台詞にネット爆笑 「ヤバい」「ズル過ぎる」の声
『ラストマン』第3話 福山雅治×大泉洋の最強バディに吉田羊も参戦! 「古畑任三郎みたい」の声も
『ラストマン』第2話 ”護道“大泉洋、衝撃の秘密が判明! “皆実”福山雅治とのバディ感も大絶賛
『ラストマン』第1話 福山雅治×大泉洋の最強バディ爆誕でトレンド1位! 2人の掛け合いが面白すぎる

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望