『ラストマン』第1話 福山雅治×大泉洋の最強バディ爆誕でトレンド1位! 2人の掛け合いが面白すぎる

4月23日より放送スタートしたドラマ『ラストマンー全盲の捜査官ー』(TBS系)第1話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『ラストマンー全盲の捜査官ー』公式サイト)。

福山雅治さん、大泉洋さんが共演する日曜劇場『ラストマンー全盲の捜査官ー』(TBS系)が、4月23日に放送スタートしました。第1話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

ラストマン
画像出典:TBS系『ラストマンー全盲の捜査官ー』公式サイト

 

第1話のあらすじ

日本の警察庁とFBIの連携強化を目的に期間限定でやって来た、全盲のFBI捜査官・皆実広見(福山雅治)。どんな難事件も必ず最後に解決させることから“ラストマン”と呼ばれる彼のアテンドを命じられたのは、警察庁人材交流企画室の室長・護道心太朗(大泉洋)。誰よりも悪を憎み、犯人検挙のためには手段を選ばず検挙率トップクラスの刑事です。
 

ひょうひょうとし捉えどころがない皆実は、式典で勝手に「世間をにぎわせている無差別連続爆破事件の犯人を逮捕してみせる」と宣言。心太朗は皆実の身勝手な捜査に巻き込まれていきます。その事件は、捜査一課の佐久良円花(吉田羊)率いる佐久良班も追っており、心太朗は佐久良班からも非難を浴びることに。
 

そんな中、新たな爆発事件が発生。犯人の性質から現場に戻るはず、逮捕するチャンスだという皆実。やる気を見せるも佐久良らから無下に扱われていた技術支援捜査官・吾妻ゆうき(今田美桜)にも協力を要請すると、心太朗と3人で現場へ向かい、犯人と思しき青年(宮沢氷魚)を嗅ぎ分けて見つけ出します。しかし、心太朗が佐久良班に足止めを食っている間に、青年は皆実を暴行し逃走。
 

その後、佐久良班は現場に爆弾を置いた犯人を防犯カメラ映像から発見。それは皆実が言っていた青年とは別の人物。一同が皆実が間違っていたと決めてかかる中、皆実は青年と揉みあった際にGPSを仕掛けており、心太朗とともに彼の自宅を探り当てます。自宅にいた青年・渋谷英輔の母から犯行動機を聞く皆実と心太朗。
 

いじめられて引きこもりになり、病気の母の介護に疲れた英輔。かつて自分をいじめ、現在は交番勤務している同級生を引き連れての爆破自殺を考えていました。拳銃を奪い起爆装置を手にする英輔の元に間に合った皆実と心太朗は爆破を未然に防ぎます。お手柄の皆実に一同が驚く中、皆実は「皆さんのおかげ」と笑顔で感謝を述べるのでした。

 

ラストマン
画像出典:TBS系『ラストマンー全盲の捜査官ー』公式サイト

 

福山雅治×大泉洋の最強無敵バディに絶賛の声

Twitterでは「期待通り面白すぎる!」「テンポ良くて、でも大事なメッセージはきちんと伝える、そんな気概が感じられるドラマ」「皆実の『この世に役に立たない人間なんかいない!』の台詞でやっぱり日本のドラマだったかーと思ったけど、最後に『こういうの日本人好きでしょ?』で良かった」「ただのヒーローにせず、腹黒さも織り交ぜて伝えるところも良き」「洋ちゃんと福山さんの掛け合い面白い。最高最強無敵バディ」などのコメントが殺到し、トレンド1位に。
 

また、ラストシーンでは心太朗の兄で警察庁次長・護道京吾(上川隆也)と父で元警察庁長官の護道清二(寺尾聰)の会話から、皆実と心太朗に過去の事件にまつわる関係が示唆され、
「皆実さんと護道家の関係も気になる」「ハラハラしつつ楽しめて、縦軸がめっちゃ気になる展開」などの声も。
 

佐久良班には京吾の息子で心太朗の甥(おい)にあたる護道泉(永瀬廉)も在籍しており、皆実と心太朗、護道家、佐久良班が、事件の捜査を通してどう関係性を深めていくのか期待です。
 

『ラストマンー全盲の捜査官ー』第2話 4月30日放送予告



【おすすめ記事】
「期待している春ドラマ」ランキング! 3位『ラストマン』、2位『風間公親 教場0』、1位は?
『ペンディングトレイン』第1話 「つくばエクスプレス」も全面協力&圧倒的スケールでトレンド1位 『漂流教室』懐かしむ声も
『教場0』第1話 トレンド1位で好発進! 鬼指導官キムタク&豪華キャストに「期待どおり」「風格やばい」の声
「主演俳優に期待している春ドラマ」ランキング! 3位『風間公親 教場0』、2位『らんまん』、1位は?
『合理的にあり得ない』第1話 “かっこいい”天海祐希דカワイイ”松下洸平、最強タッグ誕生に視聴者歓喜

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは