『ラストマン』第6話 福山雅治、十八番モノマネ披露? 「ラストのアドリブ」が爆笑でトレンド入り

5月28日に放送されたドラマ『ラストマンー全盲の捜査官ー』(TBS系)第6話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『ラストマンー全盲の捜査官ー』公式サイト)。

福山雅治さん、大泉洋さんが共演するドラマ『ラストマンー全盲の捜査官ー』(TBS系)。5月28日に放送された第6話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

ラストマン
画像出典:TBS系『ラストマンー全盲の捜査官ー』公式サイト

 

第6話のあらすじ

護道家の別荘で清二(寺尾聰)の誕生日パーティーが開かれ、皆実(福山雅治)も心太朗(大泉洋)とともに訪問。心太朗は護道家の輪に入ろうとせず、養子になったばかりの頃の苦い記憶を思い出していました。そのパーティーの最中、東京郊外の別荘で立てこもり事件が発生し、皆実と心太朗、泉(永瀬廉)は事件現場へ。
 

立てこもり犯は別荘の所有者で、警備会社社長の菊知(高嶋政宏)。妻と娘を人質にして現金10億円を要求し、秘書の工藤に会社に取りに行かせると言います。心太朗と円花(吉田羊)率いる佐久良班は会社に先回りして潜入。交渉役に名乗り出た皆実は、人質となった妻がけがをしていると知るや、単身で別荘に乗り込むと自分が妻の代わりに人質になると提案します。
 

菊知の警備会社の社外取締役は警察の天下り先となっており、さらに談合疑惑で捜査が進んでいることを理由に潜入捜査中止の命令が下ったものの、かつて社外取締役を務めていた清二と警察庁次長の京吾(上川隆也)が根回ししたことで捜査は続行。工藤から犯人の動機は談合から逃れ海外逃亡するためで、3時に発動する爆弾も仕掛けられていると聞き出します。
 

しかし、菊知の声色は怯えており、何者かに脅され指示を受けている様子。皆実は立てこもりではなく娘の誘拐事件だと見抜きます。心太朗と佐久良班、捜査本部にいる吾妻(今田美桜)、皆実らがそれぞれに動き情報を共有し合う中、真犯人は最初に通報してきた男・宇佐美(前原滉)だと判明し逮捕。娘の監禁場所も聞き出し救出します。
 

宇佐美は菊知と前妻の息子で人生に苦労しており、母親違いで何不自由なく暮らしている妹への嫉妬と恨みが動機。全てを「親ガチャ」や格差のせいにする宇佐美に対し、皆実は妹が養子であることを告げ、全ては本人がどう生きるか次第だと語ります。皆実の話は養子であることに引け目を感じていた心太朗にも響いた様子。後日、皆実とともに改めて清二を訪ねると、誕生日プレゼントを贈るのでした。

 

ラストマン
画像出典:TBS系『ラストマンー全盲の捜査官ー』公式サイト

 

事件解決とともに心太朗と護道家の溝が埋まる感動回

心太朗が護道家との心の距離を縮める兆しが見られた一方、心太朗の実父(津田健次郎)が皆実の両親を殺害した事件を泉が知り、心太朗に事実を知られないよう皆実ともども監視するよう京吾から命じられるシーンも。
 

Twitterでは「護道家本当にあったかいお家なんだな。でもまだ何かあるよね。心ちゃんに隠してる理由それだけかな?」「ただのしがない町中華の店主の子どもをあんな名家が養子にした=ツダケンは真犯人じゃないという考察になる」「京吾は『心太朗のため』じゃなくて『護道家のため』と言ってるんだよね…もちろん心太朗が傷つくのを避けるためでもあるけど。護道家全体が事件に関わってる可能性がある」「皆実がただ心太朗を利用しているだけじゃなくて、冤罪かもしれないと真相を探していると信じたい」などのコメントが寄せられています。
 

また、毎話お約束のラストシーンでは視覚障碍者用の将棋をさしているのに、自ら動かさず美声で「あ、よんろく…かく」と指図する皆実に、心太朗が「なにイイ声で言ってんですか」とツッコミ。「最後のアドリブ笑った~」「武田鉄矢のモノマネやってたけどなんなのw」「あれは福山さんの十八番の…」など話題が集まり、「ラストのアドリブ」がトレンド入りしました。
 

第7話では、皆実は心太朗を伴い両親の墓参りへ。2人をつなぐ過去の事件の真相解明へと進んでいくのでしょうか。一方、白骨化した老人の遺体が発見され、容疑者として40歳差の妻・葛西亜理紗が浮上。亜理紗はアメリカの大使館からスパイの可能性を疑われている人物だが、事情を聞きに行った皆実は好意を持ってしまい犯人ではないと断言し――。どんな事件でも解決する皆実ならではの真意があるのかないのか……事件解決への展開に期待です。

 

『ラストマンー全盲の捜査官ー』第7話 6月4日放送予告 

 

『ラストマンー全盲の捜査官ー』あらすじ&見どころバックナンバー

『ラストマン』第5話 皆実と心太朗をつなぐ過去の事件の真相とは? きな臭さ漂う“護道家”に裏の顔が?
『ラストマン』第4話 “皆実”福山雅治、「虹でてますよ!」への返し台詞にネット爆笑 「ヤバい」「ズル過ぎる」の声
『ラストマン』第3話 福山雅治×大泉洋の最強バディに吉田羊も参戦! 「古畑任三郎みたい」の声も
『ラストマン』第2話 ”護道“大泉洋、衝撃の秘密が判明! “皆実”福山雅治とのバディ感も大絶賛
『ラストマン』第1話 福山雅治×大泉洋の最強バディ爆誕でトレンド1位! 2人の掛け合いが面白すぎる

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」