『ラストマン』第3話 福山雅治×大泉洋の最強バディに吉田羊も参戦! 「古畑任三郎みたい」の声も

5月7日に放送されたドラマ『ラストマン』(TBS系)第3話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『ラストマン』公式サイト)。

福山雅治さん×大泉洋さんがバディとして活躍する日曜劇場『ラストマンー全盲の捜査官ー』(TBS系)。5月7日に放送された第3話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

ラストマン
画像出典:TBS系『ラストマンー全盲の捜査官ー』公式サイト

 

第3話のあらすじ

お騒がせ俳優の本条海斗が殺害される事件が発生。第一発見者は大物俳優の羽鳥潤(石黒賢)。実は、皆実広見(福山雅治)は羽鳥が出演する刑事ドラマ『名探偵マイホームズ』の大ファンで、早速、護道心太朗(大泉洋)とともに彼の仕事場を訪れます。
 

室内をくまなくチェックし、羽鳥から話を聞いて何かに気づいた様子の皆実。心太朗が共有するように頼むと、「私のバディにその必要はないでしょう」と何も教えず。試されているんだろう、望むところだと発奮した心太朗は捜査に本腰を入れます。
 

一方、佐久良円花(吉田洋)率いる佐久良班は羽鳥を容疑者候補として捜査を進め、皆実と心太朗は、被害者がよく電話をかけていた相手である、『名探偵マイホームズ』のプロデューサー・風間みどり(福田麻貴)、新人刑事を演じる女優の篠塚真菜(山下リオ)を当たることに。
 

そんな中、羽鳥が本条の殺害を自供。証拠品となる本条の血がついた台本も出てきます。しかし皆実は彼ではないと断言。羽鳥の妻で女優の羽鳥千晴(映美くらら)を庇っている可能性も考慮し調べを進めます。捜査を通して真犯人の目星がついたものの確証がないという心太朗に、皆実は確証を得る方法を持っていると返し、「では行きましょう。ラストをいただきに」と一言。心太朗はにやりと笑み、「アグリーです」と皆実の口調を真似て応えます。
 

撮影現場に関係者と佐久良班を集め、皆実と心太朗によるトリック解明が開始。実は羽鳥は不倫をしており、殺人の罪よりも不倫による人気低迷を恐れて、不倫相手である真犯人から自供するよう誘導されていました。犯人逮捕は皆実と心太朗の手柄に。
 

しかしその後、円花は、殺人が起きた大元の原因を作ったのは不倫を知っていた妻・千晴であることまで調べ尽くしました。円花もまた、初の女性捜査一課長へ向け皆実の存在を使う手はないと発言。皆実はその手腕に敬意を示すと、「あれほどしなやかで逞しい女性はいない」と心太朗に復縁を勧めるのでした。

 

ラストマン
画像出典:TBS系『ラストマンー全盲の捜査官ー』公式サイト

 

加速するバディ感が爽快

皆実と心太朗が、言葉にせずとも同じものを見て同じように考察していく捜査の末、真犯人逮捕に結びつける展開は爽快。すっかり無敵バディとなった2人に、Twitterでは「福山雅治と大泉洋のコンビ、息ピッタリでいいやん」「バディ感が強くなってお互い信頼してる感じが最高」「ドラマの雰囲気がどことなく古畑任三郎みたい。このままシリーズ化してほしい」などのコメントが殺到しています。
 

また、「家族が許したらもうそれで終わり。あなたがたには関係のない話ですって言いきる奥さんにゾクっとした」「不倫ネタはマスコミも面白がって報道するもんね。皮肉も感じるラストで面白かった!」「佐久良主任が女の勘ではなく地道な調べの積み重ねとしてあの結論に辿り着いたのも、千晴さんの返しも好き。しなやかで逞しいレディたち」などの声も。
 

第4話では、ひょんなことから皆実と心太朗が調べを進めた事件をきっかけに、毒物による死を遂げた遺体の手に謎の紋章が刻印されているという3件の事件が起きていることが判明。全員が国家規模の事件に絡む要人だと分かると、公安・捜査二課とも連携した大掛かりな捜査へ。事件の真相もさることながら、皆実と心太朗が公安とどう渡り合うのか期待です。
 

『ラストマンー全盲の捜査官ー』第4話 5月14日放送予告 



【おすすめ記事】
『ラストマン』第2話 ”護道“大泉洋、衝撃の秘密が判明! “皆実”福山雅治とのバディ感も大絶賛
『ラストマン』第1話 福山雅治×大泉洋の最強バディ爆誕でトレンド1位! 2人の掛け合いが面白すぎる
「期待している春ドラマ」ランキング! 3位『ラストマン』、2位『風間公親 教場0』、1位は?
「主演俳優に期待している春ドラマ」ランキング! 3位『風間公親 教場0』、2位『らんまん』、1位は?
King & Prince永瀬廉、話題作に続々出演! 進化し続ける「俳優」としての魅力

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」