『ラストマン』第2話 ”護道“大泉洋、衝撃の秘密が判明! “皆実”福山雅治とのバディ感も大絶賛

4月30日に放送された日曜劇場『ラストマンー全盲の捜査官ー』(TBS系)第2話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『ラストマンー全盲の捜査官ー』公式サイト)。

福山雅治さん、大泉洋さんが共演する日曜劇場『ラストマンー全盲の捜査官ー』(TBS系)。4月30日放送の第2話では、大泉さん演じる護道心太朗の秘密が明らかに。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

ラストマン
画像出典:TBS系『ラストマンー全盲の捜査官ー』公式サイト

 

第2話のあらすじ

全盲のFBI捜査官・皆実広見(福山雅治)は吾妻(今田美桜)を人材交流企画室の新メンバーに指名。勝手気ままな皆実に振り回され面白くない室長の護道心太朗(大泉洋)でしたが、東京郊外の河川敷で女性の絞殺遺体が発見されると、捜査に関しては皆実と結託し犯人逮捕への執念を見せます。
 

ベルトで絞殺されローズの香水をかけられた遺体を見て、12年前に起きた女性絞殺事件と同じ犯人だと考える心太朗(大泉洋)。心太朗は当時、違法捜査ともいえる強引な手段を使いつつ、医師の青柳(浜田信也)を逮捕。皆実と心太朗が、出所後にジャーナリストの新城(アキラ100%)の家に身を寄せている青柳を訪ねると、彼は12年前の事件の冤罪を主張。
 

新城は心太朗が青柳に詰め寄る姿を動画配信で流し、さらには心太朗が護道家の養子であり、実父(津田健次郎)は強盗殺人事件を起こした犯罪者だと暴露。犯人逮捕に並々ならぬ執着を見せる心太朗のゆがんだ正義感を指摘した皆実は、12年前の事件が誤認逮捕で、心太朗が被疑者である可能性すら口にします。
 

上層部から自宅待機するよう命じられ、捜査から孤立する心太朗。事件現場の河川敷を訪れると、青柳に襲われ監禁されてしまいます。心太朗へ復讐するため、秘密を暴露してから殺したかったと青柳。新城も青柳の罪に加担していました。ガソリンをかけられ窮地の心太朗。そこに皆実が登場。匂いや音から得た情報により最初から青柳を疑っていた皆実は、心太朗を疑っているように見せかけるという罠を仕掛けていたのでした。

青柳と新城を逮捕し事件は解決。心太朗は皆実に料理人だった実父について語ると、自分も“そっち側”に行ってしまうのではないかと恐れている心情を吐露。皆実は冤罪かもしれないから話を聞きに行ってみましょうよと言いつつ、心太朗はまっとうな正義感を持ったごくありふれた人間だと声をかけるのでした。

 

ラストマン
画像出典:TBS系『ラストマンー全盲の捜査官ー』公式サイト

 

福山雅治×大泉洋のバディ感にが大絶賛

Twitterでは、皆実と心太朗のバディぶりを絶賛するコメントが殺到。「皆実さんの白杖の音がして助けに来るところゾクゾクするし、犯人を制圧する時の護道室長との連携がカッコ良い!」「早々に護道さんの掘り下げが来て、いよいよバディ物としてのワクワクが強まって来て楽しい」「ラスト泣けてくるし、バディ感が出てきて胸アツ」「皆実が護道を目として銃を撃つシーンしびれた!2話目にして既に2人の信頼関係が完璧に出来上がってる証拠」などの声が寄せられています。
 

また、心太朗の実父が殺人事件の犯人であることが明かされ、護道家がなぜ犯罪者の息子である心太朗を養子にしたのか気になるという声も。さらに、吉田羊さん演じる佐久良円花と心太朗が元恋人同士だったことも判明し、大人の恋模様にも注目が集まっています。
 

第3話では、お騒がせ俳優が殺害される事件が発生。第一発見者は大物俳優・羽鳥潤(石黒賢)。実は皆実は羽鳥が出演する刑事ドラマの大ファンで――。正式に捜査一課に配属となった皆実とバディの心太朗が、次はどう事件を解決へ導くのか期待です。
 

『ラストマンー全盲の捜査官ー』第3話 5月7日放送予告



【おすすめ記事】
『ラストマン』第1話 福山雅治×大泉洋の最強バディ爆誕でトレンド1位! 2人の掛け合いが面白すぎる
「期待している春ドラマ」ランキング! 3位『ラストマン』、2位『風間公親 教場0』、1位は?
「主演俳優に期待している春ドラマ」ランキング! 3位『風間公親 教場0』、2位『らんまん』、1位は?
King & Prince永瀬廉、話題作に続々出演! 進化し続ける「俳優」としての魅力
『風間公親 教場0』第3話 次週予告で新垣結衣「弱音を吐いてもいいですか」が話題に

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは