意外と知らないグルメのひみつ 第35回

ブルダック炒め麺「辛すぎる」問題。食べやすくなる“ちょい足しアレンジ”を勝手にランキング化してみた

「辛すぎるけど後をひくおいしさ」とSNSを中心に人気を博す三養食品の「ブルダック炒め麺」。何とか食べやすくする方法はないものでしょうか? いろいろ試した中で「これはいいかも」と感じたちょい足しアレンジ術をランキング形式で紹介します。

『ブルダック炒め麺』は、韓国の食品メーカー・三養食品(サムヤンジャパン)が販売するインスタント麺。日本のインスタント麺にはあまりないような激辛の味で「辛すぎる」とSNSを中心に話題をさらっています。
オリジナル(黒)のパッケージには「口から火が燃え上がる辛さ!」と明記されています

作り方も簡単。鍋やフライパンで麺をゆでた後に湯切りし、添付されているソースやかやくと一緒にザッと炒め合わせるのですが……。このソースがとにかく辛い!
 

まずは、レシピ通りに「ブルダック炒め麺」を食べてみた

右上の赤い袋にソースが、下の白黒の袋にはかやく(いりごまと焼きのり)が入っています

濃い赤色のソースには唐辛子がしっかり効いていて、ひと口食べただけでも口や喉がヒリヒリしびれて痛くなるほど!
 

しかしただ辛いだけでなく、チキン風味のシーズニングやカレーシーズニングパウダー、ニンニクやタマネギなどの香味野菜も入っていて、コクやうま味も感じられるのがポイント。
 
 

ブルダック炒め麺、おいしいけど辛すぎて食べられない……どうする?

ブルダック炒め麺は、辛くても思わず「もうひと口……」と食べたくなってしまうような味付けになっています。それにしてもこの“激辛加減”、なんとか食べやすくコントロールできないものでしょうか……。

そこで、オリジナルのブルダック麺に身近な調味料を加え、実際に食べ比べてみました。「これなら比較的食べやすいかも」と思えたちょい足しアレンジをランキング形式で紹介します。


>次のページ:「ブルダック炒め麺」のちょい足しアレンジランキングTOP5
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」