世界を知れば日本が見える 第8回

イーロン・マスク氏の「香水」はなぜ売れた? スターリンクを巡る物議も計算通りか

イーロン・マスク氏が発売した香水「Burnt Hair(燃えた髪)」が約1週間で2万8700本も売れたという。Twitter買収劇やスターリンクを巡る物議を見ると、香水の発売はタイミングが良すぎるとの指摘もあるが……。

イーロン・マスク氏(画像はイメージ)

アメリカの電気自動車大手・テスラや、宇宙開発企業スペースXのCEOを務める世界一の大富豪イーロン・マスク氏が、最近「肩書を変えた」と話題になっている。
 

肩書と言っても、Twitterのプロフィールのこと。同氏のアカウントのプロフィール欄には「香水のセールスマン」と書かれていた(※10月21日現在は消えている)。その理由は、自分のブランドの香水を発売したからだ。
 

しかも1本100ドルの香水「Burnt Hair(燃えた髪)」が、1週間ほどで2万8700本も売れたという。つまり、287万ドルの売上高になる。
 

「Burnt Hair(燃えた髪)」(画像出典:公式サイト


もっとも、マスク氏が最近ニュースをにぎわせているのはこの香水発売だけが理由ではない。この香水発売のタイミングに合わせたのかどうかは分からないが、本業の方でもメディアに大きな話題を提供している。
 

Twitter買収劇に大きな動きが

まず2022年4月からずっと世界的に注目されているアメリカの大手SNS・Twitter社買収劇に大きな動きがあった。
 

2021年の年始からTwitter社の株を買い増して買収に向けて動いてきたマスク氏は2022年4月、同社に正式に買収提案を行った。しかし7月にはTwitter社の公表しているユーザー数にかなり多くの偽アカウントやbotアカウントが含まれているとして買収を撤回。これを受けてTwitter社は、7月にマスク氏との買収合意を履行するよう求めて、マスク氏を訴える事態になった。
 

参考記事:Twitter買収撤回のイーロン・マスク、次は「世界一有名な出禁ユーザー」トランプ氏と“喧嘩”

10月中に裁判が行われる予定になっていたが、その直前の10月4日、マスク氏はもともとの提示額でTwitter社の買収をあらためて進めると発表し、大きなニュースになった。突飛な言動も多いマスク氏だけに、何が彼をその決断に導いたのかは不明だが、この裁判に勝ち目がないと指摘されていることや、買収決裂でマスク氏が10億ドルを支払うことになっていたことも無関係ではないだろう。
 

いずれにせよ、この話で久々にマスク氏がかなり大きくニュースでも取り上げられることになった。


>次ページ:ウクライナへスターリンクを無償提供

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化