世界を知れば日本が見える 第7回

ロシアによる「見せしめ」か、領事「拘束」で否定できない日本側の“落ち度”とは

9月26日、FSB(ロシア連邦保安庁)が日本総領事館の領事をスパイ活動の容疑で拘束したと発表した。ロシアが日本で行っている数々のスパイ活動を考えると「お前が言うな」という話ではあるが、同時に日本側にも落ち度があった可能性も否定できない。それは……。

出口が見えないロシアによるウクライナ侵攻(画像はイメージ)

ロシアがウクライナに侵攻してから、日本とロシアの関係は大きく変わった。
 

というのも、岸田政権がウクライナ侵攻を受けた西側諸国の対ロシア経済制裁に加わったことで、逆にロシアからは、ロシアにとっての「非友好国」として日本も名指しされたのだ。
 

日本が2022年4月、ウクライナ侵攻に絡んでロシア人外交官8人を国外退去処分にすると、ロシア側はその報復としてすぐ後に日本人外交官8人を国外追放処分にしている。5月になると、ロシアは日本人の「入国禁止リスト」を発表した。
 

ウクライナの侵攻も出口が見えない中で先日、日本人を巡る新たな動きがあった。9月26日、ロシアの情報機関であるFSB(ロシア連邦保安庁)が、ロシア東部のウラジオストクで日本総領事館の領事を、金銭を支払ってロシアの重要情報を得たスパイ活動の容疑で拘束したと発表したのである。
 

ただこの問題は、もちろんロシアが日本で行っている数々のスパイ活動を考えると「お前が言うな」という話になるのだが、それと同時に日本側にも落ち度があった可能性も否定できない。
 


>次ページ:日本側の問題点は

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化