『やんごとなき一族』最終話 爆笑&感動のラストでトレンド1位に「美保子さん最後まで面白い」「味方につくと話早いなw」

6月30日に放送されたドラマ『やんごとなき一族』(フジテレビ系)最終話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントを紹介します(画像出典:『やんごとなき一族』公式サイト)。

昼ドラばりのドロドロ展開やキャスト陣の怪演にネットが湧いたドラマ『やんごとなき一族』(フジテレビ系)が、6月30日の放送で最終回を迎えました。最終話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントを紹介します。

 

やんごとなき一族
画像出典:フジテレビ『やんごとなき一族』公式サイト

 

最終話のおさらい

佐都と出会ってからの記憶を失くし、別人のようになってしまった健太(松下洸平)。佐都は娘の凛を連れて深山家から出て行き、実家の「まんぷく屋」に戻ってきました。深山家当主・圭一(石橋凌)は思惑通りになったとほくそ笑むも、女性を見下す態度にとうとう堪忍袋の緒が切れた久美(木村多江)はストライキを起こします。
 

「まんぷく屋」にいる佐都の元には、立て続けに久美と美保子(松本若菜)が感謝と謝罪に訪れました。続いて健太も、佐都と凛に一緒にいてほしいと頭を下げに来ます。記憶が戻らないことを口惜しそうに何度も謝る健太に、自分が知っている健太の面影を見つけた佐都は、「健太が健太でいる限り支えていく」と応えます。
 

そんな中、深山グループに経営破綻の危機が訪れました。裏で手を引いているのは長男・明人(尾上松也)とザラスグループの万野社長(石黒賢)。明人は健太と心を通わせ、深山グループを守るために万野との取引をやめようとします。跡継ぎになることを望まない自分に価値はないと美保子に離縁を言い出すも、美保子は「私には“明人さんが”必要なの」と返し、2人もまた心を通わせます。
 

美保子から深山グループ危機の裏を聞いた佐都と健太は、深山グループを守るために立ち上がります。2人の元にはさらに、マダムキリコ(長谷川京子)や三男・大介(渡邊圭祐)の元妻・リツコ(松本紀代)、末妹の有沙(馬場ふみか)、久美が続々と協力しに集まってきました。
 

しかし、明人もまた万野に裏切られていたことが発覚。窮状を乗り越えるべく、圭一はドバイの富豪からの投資話を取り付けていました。客人をもてなすよう久美に厳命する圭一。それしか能がないという言いぶりに佐都は怒り、撤回を要求します。そして来客当日、撤回しない限り久美は給仕をしないが、代わりに自分がもてなすと佐都が申し出ます。「私も深山の女ですから!」――。
 

これまでに努力して身に付けた知識や作法で客人をもてなす佐都。一方、子会社の損失を隠したまま契約を取り付けようとする圭一に、健太は反発。客人に対し正直に話し、佐都もその意見に同意します。「女はでしゃばるな」と圭一が一喝すると、マダムキリコや美保子、久美、有沙、リツコが加勢し、これまで言えなかった本音をぶつけます。佐都は「この家と自分自身の幸せの両方を叶えたい。私たちはもっと自由に生きられる」と言い放ちました。
 

その様子を見ていた客人は、健太たちが深山の代表になるなら投資すると話します。「ビジネスの世界では誠実さがない人間は信用されない」と言われた圭一は黙って立ち去り、姿を消しました。その後、ホームレスに身をやつした圭一を久美が探し出し、深山家の先代として尊敬できる人であってほしいと語りかけます。圭一は「まんぷく屋」を訪れて佐都にこれまでのことを詫び、「健太と深山のことをよろしく頼みます」と頭を下げるのでした。
 

それからまた日が経ち、健太と佐都は祝言を上げます。その場には、それぞれの幸せの形を手に入れた深山家の家族たちが集いました。花嫁姿を見て「すごく綺麗だよ佐都」と感嘆する健太は、その瞬間に失っていた記憶を取り戻したことに気づきます。「おかえり、健太」「ただいま、佐都」――キスを交わす2人には、新たな物語に向かって歩き出すのでした。

 

やんごとなき一族
画像出典:フジテレビ『やんごとなき一族』公式サイト

 

美保子の不器用な「ありがとう」と「ごめんなさい」に爆笑&感動

紆余曲折を経て堂々のハッピーエンドに、ほっとせずにはいられなかった最終話。Twitterでは放送直後からトレンド1位を獲得し、「余韻すごい」「深山の女たち5人が登場してくるの、ほんとかっこいい演出!」「素敵なラストだった」「圭一を論破、打ち倒すラストじゃなくてありがとう」「佐都がきっかけを与えてそれぞれが自分の力で幸せを見つけていくのがよかった」など、絶賛の声が上がっています。
 

また、毎話“松本劇場”でネットが大賑わいした美保子にも称賛が殺到。「味方になるとただの感情(と表情)豊かな面白可愛い姉であったw」「散々頭使ってきてるから、美保子さんがつくと話が早いことw」「美保子さんおもしろすぎる」「美保子さんの不器用な『ありがとう』もお父さんの『ありがとう』もグッときた。この2人から聞けてよかったなぁ」「最後まで美保子さんは美保子さんらしくて憎めなくて愛らしくて素晴らしかった!」などのコメントが寄せられています。
 

さらにラストでは、先日最終回を迎えたドラマ『ナンバMG5』とのコラボシーンもあり、難波家の愛犬・松(声・津田健次郎)の登場と声優・花江夏樹さんよる本作のナレーションでの共演も話題を集めました。
 

主人公夫婦を演じた土屋太鳳さん、松下洸平さん、数々の怪演で楽しませてくれた松本若菜さんの次回出演作に期待です。

 

『やんごとなき一族』第11話(最終回)予告



【おすすめ記事】
土屋太鳳、『やんごとなき』健太&『ナンバMG5』剛とのまさかのコラボ? 豪華スリーショット公開!
土屋太鳳、『やんごとなき一族』の撮影裏を公開 ! 「まって、動画嬉しい」「ドアップ太鳳ちゃん最高」
松本若菜、“やんごとなき”別人級モデルショットに「沼りそう」「その視線にやられちゃいました」と大反響!


【バックナンバー】
『やんごとなき一族』第10話 健太(松下洸平)が記憶喪失に!? 演技力にネット大絶賛「この人天才?」「まるで別人」
『やんごとなき一族』第9話 『ザ・ノンフィクション』風の松本劇場にネット絶賛「もっとやって」「全編観たい」
『やんごとなき一族』第8話 絆を深めた佐都×健太のキスシーンに視聴者興奮「素敵」「ドキドキした」
『やんごとなき一族』第7話 “闇堕ち”佐々木希に松本劇場タジタジ「やばい女の共演」「もはやホラー」視聴者悲鳴
『やんごとなき一族』第6話 木村多江、松本劇場を撃退!「強すぎる」「母グッジョブ」視聴者歓喜
『やんごとなき一族』第5話 松下洸平の心震える演技に称賛殺到「泣いた…」「こんなお兄ちゃんほしかった」
『やんごとなき一族』第4話 ハセキョー×太鳳の唐突な百合キスに視聴者騒然「迫力…」「ファビュラス!」
『やんごとなき一族』第3話 土屋太鳳ピンチ! 昼ドラ感満載の展開に次週は長谷川京子が参戦
『やんごとなき一族』第2話 小沢真珠&松本若菜「昼ドラみすごい」「顔芸やばすぎ」新旧悪役共演が話題
『やんごとなき一族』第1話「花男みすごい」「昼ドラみたい」キャスト陣の怪演が話題

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」